「あせび野」①<NEWお風呂>

テーマ:

「あせび野」に例によって2泊してきました・
なんだかんだでもう10回目(たぶん)なので、もう





第二の実家





みたいです・・・。(* ̄ー ̄*)



またここが、従業員の顔ぶれが変わらないのでよけいにそう感じるんですが。



あせび野については、もうここで書き尽くしているので、



いまさらブログで書くこともないか・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~



と思ったのですが、やっぱり好きな宿は何度行っても発見があるもの。



結局今回もなんだかんだで170枚くらい写真撮ってました・・・[E:coldsweats01]



なので、今回は
●前回と変わったところ
を報告するとともに、
●この二日間どう過ごしたか
とか
●好きな椅子シリーズ
とか、
好き勝手に



書かせていただこうと思ってます。



(あ、いつもか・・・[E:bleah]



そしてご飯のほうは、いつものご飯ブログに書きますので、そちらをご参照ください。



まず今回、3階のテラスが貸切風呂になってましたのでその報告を。



●新貸切風呂「かざはや」



あせび野の大浴場は、



今まで数多く行った宿の中でも、ナンバーワン!



だと思ってます。



部屋のお風呂もベスト3に入るくらいいいのですが、
唯一貸切風呂が、行きにくかったり、そんなに魅力なかったりで
もうひとつだったんですが、
新しく出来た「かざはや」はよかった!
[E:lovely]



場所もエレベーターホールのすぐ横だし、
きれいだし広いし、居心地いいし。



ダンナが超気に入って、2日で2回行ったほど。



大浴場も、(向かいの土地を購入したので)男女入れ替え制になったため
両方に入りしたいし、
もちろん部屋のお風呂もいいし
で、入りたいお風呂が多くて
大忙し。



Dsc05129

エレベーター降りてすぐのところがこんな感じのスペースになっていて





Dsc05131

左手(テラスだったところ)が「かざはや」という貸切風呂に。
チェックイン時に予約するシステムです(無料)。





さすがおおらか! 偉い!
・・・でも現実問題、ここはほかのお風呂がよすぎて
有料のところに行く必要性ないから、誰も行かない気が。



Dsc05141

フロントで鍵とタオルをもらうシステム。



Dsc05132

脱衣所もひろびろ。
どっしりした、すわり心地のいい椅子があります。





格子の向うは川。



Dsc05134

格子柄デザインで統一されていて、和モダンな感じ。





Dsc05135

格子戸を開けると・・・





Dsc05139



川のせせらぎの音とともに、冷たい空気と温泉の湯気が!



川に面したガラス戸は、寒かったら閉めることもできますし
開けると露天気分満開です。



ごらんのとおり、親子4人入っても余裕の広さ。



しかも段差&枕があって、
寝湯にもなるし、半身浴もできる。



初日、「本を持ってきてここで読むんだった」と後悔。
翌日は本を持ち込んで、寝ながら読んだり
半身浴で読んだり、



Dsc05136

目が疲れると、檜の浴槽に頬杖ついて川を眺めたり・・・



ここ、最高の読書スペースです!!





●入れ替え後の大浴場



続いて、男女入れ替え制になった大浴場。
(前回の宿泊時から男女入れ替え制になってたけど、人がいて写真が撮れなかった)



Dsc05194





今までは、女性は向かって右側のお風呂にしか入れなかったのですが、左側のお風呂にも入れるようになったわけです。



Dsc05184



洗面所はおんなじ。





Dsc05187



中の雰囲気もほぼ同じながら、右のお風呂にくらべるとやや狭い感じ。



でもここのお風呂の魅力は・・・



Dsc05191



目の前が川なんです!



右のお風呂は広いけど、目の前が傾斜地で、やや「おこもり」な感じ。



それも落ち着く感じでまたいいんですが、



ここは狭め(※あくまでも右のお風呂比較。普通の大浴場の露天としてはめちゃめちゃ広いですが)ながら開放感があるんです。



Dsc05185



また右のお風呂は広くて見通しがよく



その意味では開放感があるのですが、



ここは形が変化に富んでいてくねくね曲がっている分



入っている人が見えにくい。



Dsc05189




3人くらいなら、みんな死角に入るので、全然他人が気にならないんです。





Dsc05186


打たせ湯もあるし



Dsc05190



奥に、洞窟風のお風呂があってジャグジーになっている。



好き好きでしょうが、私はこっちもかなり好き。

AD