住宅情報館 会長日記

住宅情報館の会長 二宮秀生です。

松山市 住宅情報館会長日記



 私は宗教家でも理想主義者でもありません。現実重視の実務家です。人類が見ることの出来る128億光年の彼方に広がる大宇宙、私達の銀河系(星雲)だけでも太陽のような恒星が2000億個ある。そんな星雲が大宇宙には更に2000億個もあると言う。途方もない広さの宇宙の中の一点の地球に私たちは生きています。宇宙の誕生から138億年、太陽・地球の誕生から46億年、人類の誕生から500万年、人間らしくなって20万年、途方もない時間、悠久の命の繋がりの中の今の一瞬に私たちは生きています私たちは生まれ変わる事のない一点・一瞬の奇跡の存在です。日々の出会いは奇跡の出会いです。どんな不動産の取引も、よっぽどのご縁による取引の関係になります。


 小枝を集めて大木を流すという言葉があります。一得一失という言葉もあります。利他(譲歩)の決断で安寧なしあわせを手に入れた人がいます。小利小欲(執着心)にこだわって不幸(問題)を残した人もいます。太陽(地球)に寿命があるように地球最期の日は必ずやってきます。地球に寿命があるように人生にも終わりがやってきます。人生は禍福終始。良い事も始まりがあったものには必ず終わりがあります。悪い事も始まりがあったものには必ず終わりがあります。二度と過去には戻れません。二度と生まれ変わることもできません。人間万事塞翁が馬。終わってみなければ何が正しくて、何が間違っていたか分りません。終わってみなければ、どちらが勝者(成功)で、どちらが敗者(失敗)か分りません。


 生きている今現在のあなたが全てです。過去も未来もありません。生きている今の自分の持ち時間が全てです。日々消滅して行く人生の中で、人とのご縁・仕事とのご縁・不動産とのご縁があります。時の流れの中で、誰の人生にも夢や希望に満ちた取得、進出や拡大の時期があります。また不本意な売却、縮小や撤退、後始末の時もあります。人生は大河ドラマです。時の流れは止まりません。全ては自分の持ち時間の中の出来事です。不動産を取得する事も手放す事も、ある意味では全て正しいのです。お客様の個別事情(人生観)に最適な選択が必要だと思っています。


 お客様の今にとって、又お客様の将来にとって何が大切か、お客様の人生観(立場)を重視して考えます。不動産の取扱いを通してお客様の本当のしあわせ利益)の為に、お役に立てればありがたいと思っています。本当のしあわせ(成功)とは何か。皆さんへのお役立ちが私の仕事観・人生観です。あなたの人生哲学に沿って一緒に考えさせて戴きたい。お気軽にお声をかけて戴きたいと思っています。

不動産コンサルティングマスター 二宮秀生

 

 歳をとると夜明けが速くなります。本投稿はAM3時からAM7時の間、ボケ防止と時間つぶしのために、思いつくまま気の向くまま一気に書きあげています。読み返しや推敲を重ねていたら書けません。感情の赴くままに書いています。支離滅裂矛盾した文章、誤字脱字、変換間違いが多々ある筈です。不遜な表現や不適切な表現が多々あります。不愉快な点は年寄りのたわごとと思ってご容赦願いたい。寛大な心でご笑覧戴きたいと思っています。



住宅情報館  お問い合わせ先 0120-898-938  又は 089-946-2555 

賃貸マンション探し 家探しについて ミニミニ松山 http://www.yadokarinet.co.jp
不動産の売却・購入について http://www.matsuyama-baibai.com/
テナント募集 テナント探しについて http://www.matsuyama-tenant.com/
高齢者住宅 ココファン松山大手町 http://agape-jutaku.net/

松山大学柔實会(柔道部OB会)ホームページ  http://matsuyama-u-judo.com/







NEW !
テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『鳩山邦夫氏と鳩山由紀夫元首相』


鳩山邦夫氏が逝去した。最近になって急激に痩せて行ったという。政治家の家に生まれ自らも政治家になり政治家のまま亡くなられた。時の政権において文部・労働・法務・総務の大臣を歴任されている。特質すべきは東大を卒業後、近代の太閤と言われた田中角栄の秘書になった点だと思う。邦夫氏は失われた20年の間に新自由クラブや自民党そして新進党・民主党を渡り歩き、最後は自民党で最期を迎えた。67歳だったそうな。その鳩山邦夫氏は鳩山由紀夫元首相の弟になる。弟鳩山邦夫氏も結構個性の強い人で行動力には強さのある人だった。邦夫氏はわれわれ国民に理解できる分かりやすい国益を考えての筋金入りだった。そういう意味で惜しい人を亡くした。


それに対して兄・鳩山由紀夫元首相は何を考えているのか今でも分からない。私の様な凡人には反国益・売国行為にすら見えてしまう。沖縄での基地移転問題も彼が問題を大きくした。私には犯罪行為にすら見える。由紀夫元首相にはわれわれには分からない深い意味の愛国心があると思うのだが、どう考えても私には理解できない。このたび中国主導のAIIB(アジアインフラ銀行)において、金総裁から国際諮問委員会の委員を打診され、就任に意欲を示していると言われている。アメリカ政府と日本政府はAIIBの経営の透明性などの統治権(ガバナンス)をめぐって参加を見送っている銀行である。


委員就任要請に当たり由紀夫氏は日本政府の同意が得られないことを伝えると、金総裁は『日本を選ぶのではなく、あなたを選びたい。』と持ち上げたと言う。私の日中友好の努力の姿を見て金総裁から声をかけて戴いたのだと言っている。由紀夫氏にとって大好きな中国だろうが、もういい檜舞台に立つのは加減に辞めてほしい。それは日本潰し以外の何ものでもないと思う。相手国の利は自国の害、外交とはそんなものだと思う。アメリカ大統領は引退後、党派を越えて現職大統領を支援すると言う。政府の足を引っ張るのだけは止めてほしい。国益に反することになる。アメリカを見習って戴きたいものだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『真田丸・利休切腹』




NHK大河ドラマ真田丸は小田原の北条氏が滅亡したことで秀吉の天下統一が確定した。真田信繁(のちの幸村)は北条氏政の降伏を説得するために北条家に潜行することになった時、信繁は千利休が北条に武器弾薬を売り込んでいたことを知ってしまった。それを知った秀吉は秀吉に対する裏切りとして千利休に切腹を申し付ける事となる。




一方、秀吉にとっては希望の星・秀吉の嫡男・鶴丸が2歳で病気となり遂に死んでしまう。安定しかけた日本だが、もうすでに豊臣家の後継問題が持ち上がり始める。徳川・真田にも動揺が走る。戦国大名たちは秀吉に忠誠を誓いながらも虎視眈々、秀吉死後を画策し始めた。




裏でコソコソする卑怯者・千利休は現代にもたくさんいる。政治の世界だけでなく、どんな組織であっても自分の味方の筈が、相手方に繋がっている場面をよく見かける。風見鶏と言われる輩です。全方位外交は大事だが、正々堂々とした全方位外交でなければならない。そういう意味で安倍総理の全方位外交には強い信念がある。そこには風見鶏ではなく自主独立した信念があるように思われる。。




安心できる陣営会議では与党となって饒舌となるが、敵対勢力との抗争において肝心な時に援護射撃が出来ず、固まってしまい無口となる輩がいる。自分への反撃をお恐れた結果、保身のための沈黙である。股の膏薬である彼らを大切にすると言う事は『ふところにマムシを入れておくことと同じ。』である。油断大敵、追い詰められたら何をするかわからない。寝首をかかれるかも知れない。安心して眠れない。仮面の味方は敵ともいえる。肝心な時に保身に走りフォロー(援護射撃)の出来ないものは本当の同志ではない。寝返った者は味方になっても心から信頼はされないものです。



信念のない者は誰からの信頼も得ることはできない。全方位外交と称し双方に魂を売った者は、双方を敵に回し、いつか双方から矢が飛んでくることになる。一度不信感を持たれたら、そのレッテルは一生消えないものです。戦国時代も現代も呉越同舟、虚々実々、虎視眈々、人間社会の下剋上は続いており歴史は繰り返されている。人間はある面では信頼でき、ある面では信頼できない厄介な動物である。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『全日本学生柔道連盟の新しい指導理念』




全日本学生柔道大会を振り返って、大会誌の巻頭挨拶で全日本学生柔道連盟・佐藤宣践会長の挨拶文が目に留まった。本誌によって佐藤宣践会長による学生柔道の指導方針が発表されている。全日本学生柔道連盟は3年前の不祥事によって、国民からの信頼を失ったことを教訓に学生柔道のあり方を根本的に改革したことが発表されていた。




大きく変わった点は大学での勉強すなわち習得単位数が基準に届かない場合、試合に出場させないと言う点です。私だけ知らなかったことですが、手内股やタックルなどズボンを持った下半身の攻撃が反則になっている。モンゴル相撲やレスリングとは一線を隔する為かもしれない。武道家として正々堂々とした試合をする。しかも積極的な試合をさせることを誘導するようなルールになってきている。





これらから何が言えるかと言うと、柔道バカはいらないと言う事。加納治五郎・講道館創設者の創設理念に戻ると言うものだった。強ければすべてが許されると言う風潮に歯止めが掛けられた点です。文武両道でなければ試合に出さないと言う事。試合を通して人格的な成長を目指すと言うもののようだ。そして社会に役立つ人物になる事を目指している。





確かに試合におけるルールが厳しくなっていると思う。攻撃を止めれば指導が入る。待ちの柔道は許されない。卑怯な手段と見られる少しの不正も見逃さないで指導が入る。審判員も少しの不正も見逃さない為に集中力が不可欠となる。再び日本柔道は文武両道に戻り始めた。学生柔道は人間教育であるとなった。私がいるうちに柔道で心身を鍛えた学生をタカラレーベングループにスカウトすることが出来たらありがたいと思っている。



今日の試合は同志社大学に5対2で完敗した。2回戦でも2勝したと言う事で今後に自信をつけてもらいたい。ちなみに今年の決勝戦は東海大学と日本大学だったが、東海大学が日本大学に3対1で勝ち2年ぶりの優勝を果たした。

 
 

















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『持ち場の使命を果たす』


平成28年度全日本学生柔道優勝大会が日本武道館で行われている。全国の地区予選を勝ち抜いたチームが集まった。中四国は4代表である。昨日は1回戦ベスト32を目指しての戦いだった。対戦相手は関東地区の大東文化大学だった。7人の対戦において3対3の内容勝で今日の2回戦にコマを進める事となった。対戦内容は手に汗握る良い試合だった。


先鋒のキャプテンの芳之内が一本勝ちをして先行した。その後、斎藤が1本負けをし、次の越智も判定負けとなって、3人目の段階で大東に1-2と先行されるが、市川が1本勝ちで取り返して再び2-2に持ち込んだ。次の西田が判定負けとなり再び大東が2-3で先行する。副将網谷が巻き返しをはかるが結局引き分けとなり2-3のまま大将戦に突入した。引き分けでは負ける試合だ。勝つしかない。大将はベテラン好永だが思うように決まらない。逃げ勝ちしようとする大東を好永が追い込み、何とか判定に持ち込み勝利を手にすることが出来た。結果は3-3であったが内容勝ちと言う僅差で二回戦に進む結果となった。


この試合の見どころは、先鋒に出たキャプテン芳之内が、キャプテンとしての自分の使命をきっちり果たしたことだ。押さえられて1本負けかと思った西田が諦めず押さえこみから逃げだし、判定負けにまで耐え抜き1本負けにならなかったこと。大将の好永は引き分けたら母校の負けである。勝つしかない。逃げ勝ちしようとする大東を最後の最後まで諦めず追い詰め勝利をものにしたこと。彼ら一人一人の仕事の総合力の結果だった。3-3の内容勝ちだったが伝統ある松山大学らしい試合運びだった。観戦に来ていた松山大学の先輩で往年の名選手だった鹿屋体育大学の浜田初幸氏も、まだまだ課題は残るが、松山大学の復活の兆しをたたえている。


そんなことで東京での支部集会、学生に対する慰労会も随分盛り上がった。今年も岡田英雄氏の銀座の店『羅豚』を貸し切りとさせて戴いた。岡田君には安い予算でいつも無理を言っている。全日空に勤務していた私と同期の白石誠君(元今治西高校の応援団)が今後の学生たちの活躍にエールを送った。折しも祝勝会の途中に、母校の陸上選手・高見沢安珠のリオ5輪3000m障害の出場が決まったとのニュースが飛び込んできた。暗いニュースの続く昨今、感動の共有において、スポーツの意義は大きい。





















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『心ない人』


心ない人と一緒に仕事をするのは空しいものがある。心ない人とは冷徹で感情が浅く思いやりの心が少ない人を言う。人は心ない態度をされると寂しいものを感じる。相手の思いや相手の心の中が見えないと信頼関係が出来ない。表面的で無機質な付き合いになってしまう。心が伴わない場合、無機質な指示命令の関係に終わってしまう。人間の組織なのだから指示命令という事で単純に割り切ることもできない。組織は感情が伴って始めて大きな力が発揮することができる。


 柔道の試合だってチームの熱気で実力以上の力を発揮することができる。仲間と仲間は心と心の響き合いであるべきです。仲間が何を考えているのか分からないのでは同志にはなれない。職場でも家庭でも大切なことは良い響き合いにすることだと思う。良い響き合いは受け身で待つことでなく本音で話し合い創るものだと思う。我慢だけでなく反撃もまた良い響き合いを創る引き金となる。組織が大きくなり立場が違ったり年齢が違うと心が通じなくなる。私の仕事は社員それぞれの心に色をつけることだと思っている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『思念は実現する』


思念とは心の中で思い考えること。20世紀最大の哲学に『思ったことは実現する』というのがある。全ては考えることから始まる。全ては思い(願い)から始まる。心の畑に薬草の種をまけば薬草が育ち、毒草の種をまけば毒草が育つと言う。どうせ蒔くのなら良い種をまかなければならない。どうせ思う(願う)なら良いことを思わなければならない。思いや願いを持ち続ければやがて発芽し大樹に育っていく。思いや願いを持ち続ければ何だって実現すると言うものです。


いつも考えていると考えの癖(思考の癖)になる。思考の癖は行動の癖になる。行動の癖は習慣になる。同じ癖を創るなら成功する行動週間にしたいものです。早起きは3文の得という言葉がある。私の早起きと早朝トレーニングは学生時代(柔道部時代)から47年続いている。現代における早起きは3億円の得になっている。会社には行動指針やルールがある。ルールだけを見ていると息が詰まる。そのルールの元になる考え方(思念・理念)を学んだ方が手っ取り早い。成功する考えの癖に正しい判断基準がある。積極性や陽転思考がある。思念・理念を具体化したものが行動指針やルールとなっている。そして、ついには仕事観・人生観になる。


 『きっと良くなる。何時か良くなる。必ず良くなる。』と毎朝唱和している会社がある。考え方が陽転思考でポジティブになり、どんな困難に遭遇しても切り替えが早くなったと言う。そして『思ったことは実現する』という哲学の通り良い会社立派な会社になっている。どんな組織であっても指導者となるべき人は、自らの考え方を、繰り返し・巻き返し喋り続けなければならない。良い考えの癖を持った集団になり、良いオーラに包まれた組織になるに違いない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館社長日記 『魚の取り方を教える政策』


政府は低所得の高齢者に3万円の支給を行っている。会社の健康診断に行ったクリニックで知った。このセーフティネットの制度を知らない人は多いと思う。かつて民主党の時代に子供手当をばらまき、子育てをしている若い母親たちを喜ばせた。しかし財源に乏しく長続きはせず時の政権の人気取りに終わってしまった。あれが自民党の教訓になっていない。


低所得の高齢者に3万円支給を行うことは良いことだが1回きりなら意味がない。1回だけなら気休めに過ぎない。どうせ支給するのならなら制度として毎月支給すべきだと思う。私に言わせたら間違った政策だと思う。消費を促す為に商品券を配っても1回ぽっきりの経済効果なんて、持続性がないのだから無駄な支給である。


日本はこれからますます高齢化社会に突入する。私は以前から元気な高齢者に生き甲斐を提供すべきだと考えている。結婚相談、人生相談、子供の通学の見守り、公園の巡回、道路のゴミ拾い、習字教室、介護施設での清掃、庭の草引きなど1日数時間で出来ることで良いと思う。ポイントはその人にできることで拘束されない仕事が良い。社会に役立つこと(ボランティア)をお金に交換する考え方です。対価として毎月3万円支給すればよい。彼らの募集はビジネスであってはならない。自由な時間で自主的が良い。あくまでも『おてつだい』の発想が良い。


いくら美味しい魚を1回だけ配っても食べてしまったらおしまいだ。明日から再びおなかが減る。餌を与えるより餌の取り方を教えなければならない。餌の取り方を学べば2度と飢えることはない。商品券を配ると言うのは、一度きり餌を与える政策で、魚の取り方を教える政策ではないと思う。教育だって魚の取り方を教える教育こそ真の教育だと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『2016年・夏至という潮目』


西日本で驚異的な大雨があった。昨朝は松山市でも驚異的な雷雨があったそうな。私は上京していて松山の嵐を知らない。昨日は夏至、夜昼逆転に抵抗しているようかの嵐であった。私は冬至が好きで夏至が嫌いです。どうしても夏至が好きになれない。陽気な季節を素直に受け入れることが出来ない。冬至と言う言葉は明るい兆しを感じます。夏至という言葉に暗い兆しを感じてしまうからです。私は良い季節を心から安心して受け入れることが出来ない蟻族なのかもしれない。


 夏至とは夜と昼の長さが逆転する潮目の日である。全てに潮目がある。明るい日が続くと夏至を境に暗い日々に向かって準備が始まる。気温だって熱くなったら寒くなる。人生はやじろべいで、良いことと悪いことの繰り返しで、振り返ってみれば『あの時が潮目か』という出来事がある。参議院の選挙戦が始まった。政治勢力だって熱くなったり寒くなったり潮目がある。政治家の人気だって上がったものは下がる。経済市況だって良くなったり悪くなったり潮目がある。全てに潮目があるが人生には潮時もある。人生の潮時は自分が判断するしかない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『真田丸・北条滅亡』


NHK大河ドラマ真田丸、今日は『北条滅亡』。真田信繁(のちの幸村)は沼田城の帰属問題で激論を戦わした北条の重臣・板部岡江雪斎からの要請で、豊臣陣営に降伏するよう北条氏政の説得に向かう。もうすでに北条の出城は殆どが落とされている。残るは小田原城本丸だけになっている。その北条は秀吉の20万の大軍に囲まれている。信繁の説得に対して『生き恥を曝そうとは思わん。』と、氏政は北条家のプライドを捨てようとしない。


仇敵である氏政を殺さない為に徳川家康・上杉景勝・真田昌幸が密かに氏政と接触し降伏を促す。『ワシは己の為の戦で死に花を咲かせたかった。貴殿たちは誰無為の戦をしているのか。』耳を貸さない4代目氏政は切腹となり5代目氏直は出家し高野山に幽閉された。北条早雲から続いた名門北条は4代目で幕を引くこととなった。


今日の見どころは北条攻めに遅参した伊達正宗の大芝居である。秀吉直参大名と秀吉の勢揃いの前で、餅つきを自ら披露して、ズンダ餅を秀吉に献上した場面である。最悪の事態を陽気にふるまって危機を回避する。ひょうきん好きの秀吉は自ら餅つきに参加して戦勝祝いの宴は終了した。正宗は信繁に『もし氏政がワシより先に降伏していたら自分が切腹の立場になっていた。ワシの人生綱渡りじゃ。』と言って安堵する。



家康・景勝・昌幸は正宗による一世一代を大芝居しかもピエロ喜劇役者の芝居を見て正宗の本心を見抜くことが出来なかった。『もっと気骨のある男と思っていた』と、彼ら3人の期待は裏切られ失望させることとなる。しかし正宗の本心は家康・景勝・昌幸と同じように秀吉の天下統一を悔しがっているのだった。『20年前に生まれていたら秀吉の席にワシが据わっていたはず。』と悔しがる。


 かつて秀吉も同じようなピンチを経験している。信長から柴田勝家とともに上杉謙信攻めを命じられたが陣中で勝家と口論となり戦線離脱した。秀吉は中国攻めの最中に勝家の手伝い戦で北陸に回されたのが不満だった。これに対して信長は秀吉を激怒して閉門申しつけた。切腹を申し付けられても不思議はない最大のピンチだった。


 だが秀吉は謹慎中の身にもかかわらず毎日宴会を開きどんちゃん騒ぎに明け暮れた。一か八かの大勝負だった。『俺は間違っていないし、殿(信長)に対して二心などない。』事を明るく振舞うことで自らの潔白を証明した。明智光秀は信長の仕打ちを深刻に捉え謀反を起こし自らの破滅の道に進んで行った。陽気に明るくふるまう事がいかに大切かが分かる歴史的事実である。


 松下幸之助は出世の秘訣は愛嬌だと言っている。愛嬌やひょうきんさ、ユーモアあふれる言動は敵を和ませ和解につながる。何時の時代も糞真面目は切腹の道に進んでいくことになる。要注意だ。危機突破の道は陽転思考しかない。ピエロの奥に潜む虎視眈々とした野望、野心と恭順の二心が同居する戦国大名たち、この時、天下分け目の関ヶ原の合戦の10年前の出来事であった。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

松山市住宅情報館会長日記 『礼儀と行儀』


最近、『人間としてどうなのか』と思う時がある。礼儀知らずという言葉がある。礼儀正しいという言葉がある。やくざの世界は『正しい挨拶・正しい礼儀・長幼の序・男の約束・けじめ』と言う躾から始まる。長幼の序とは年長者と年少者との間にある秩序を言う。子供は大人を敬い大人は子供を慈しむという考え方です。小分は親分に命を預け、親分は小分を命がけで守る。年齢と役職、会社でも家庭でも秩序が必要です。


礼儀とは人と人との関係において、相手に対する気配りや敬意を基本にした行動や判断の基準です。行儀とはマナーと言われるものです。礼儀にかなった立ち居振る舞い(行為)と言う事になります。よって礼儀という枠の中に、行儀が含まれていることになる。


私は職場の中で『礼儀と行儀』を『規律と責任感、協調性』だと言っている。それは『挨拶と報告』と言う形で表れる。挨拶とは積極的な気配りです。仕事の報告は対等ではありません。上司は指示命令ですから通知となります。部下からは報告となります。部下が上司に報告を行う事で職場の規律・主従の関係が維持されているのです。報告は組織の規律と責任において一番大切なことです。


かつて『今頃の若い奴は』という言葉を聞いたものだが、世代が変わればこうも変わるものかと感じることがある。われわれの時代の『礼儀と行儀』は体罰で教えられた。昨今、愛の鞭は許されない時代になってしまった。柔道部ならプチ回して教育する場面によく遭遇したものだった。今は体育会系スポーツでも許されない。『礼儀と行儀』は軍隊かやくざの世界しか教えられない教育になってしまった。


 学校・家庭・職場において平等という権利を振りかざし長幼の序がなくています。秩序がなくなれば職場はもとより学校だって家庭だって崩壊します。目上の人に対する礼儀、先輩に対する気配り、上司への報告を忘れない。報告という行為は上下関係をはっきりし『秩序や規律』を守ると言う行為です。職場に『秩序や規律』がなくなれば組織は崩壊します。私は礼儀正しい日本人を創るにはかつての教育勅語の復活しかないと思っている人間です。嫌われ役・汚れ役を覚悟しての規律の徹底が私の最後の仕事になると思っている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。