相模原の事件で

テーマ:

相模原の殺傷事件のニュースを見るたびに、内臓が締め付けられ

吐き気がする感覚を、どう落ち着かせていいのかがわからない。

「障害者は死んだ方がいい」といった恐ろしい言葉のテロップが

テレビで何度も何度も流れているのを、

耳の聞えない人たち、障害を持っている人たちも目にしていることだろう。

容疑者の言葉であっても、その言葉自体が凶器となって傷つけていないだろうか。

 

危険信号は、いくつも出ていた。やりかねない、本気だ、というのは

周りが気づいていたからこその措置入院。

彼を加害者にさせない方法は、なかったのだろうか。

 

今後も気になる。

触法精神障碍者の処遇については、私が厚労省担当記者だった時から

細々と話し合われてきたことだが、

その後、法改正されたという話はない。

殺人、放火など重大な事件をおこしても、心神喪失の状態であれば

責任能力なしと判断されて罪に問われない。

そして、何年か医療刑務所で手厚い看護をうけ、そのうち、社会復帰へ。

そんなことが許されていたから、

精神障碍者への偏見、恐怖心が社会からなくならないのだ。

全ての人は平等なのだから、やってしまったことに対して、責任を負うのは

当然なのではないかと思うのだ。

 

デリケートな問題だけれど、いい加減、もやっとした今の法律、

見直すべき時が来たのではないかと思う。

 

AD