センターまで2ヶ月となりましたね。国立2次試験と兼ねながら、今後どのようにセンター対策していくか、長男と話し合いました。

目標は9割

理想的には、英語・日本史9割越えの総点の9割

<<英語:目標9割強>>

・Z会センター演習 英語(筆記) 
 家に帰った時、10分以上は短してかつ見直しなし。 
 点数的には165~177の間で、平均も170点前後です。 
 間違えるところは、すべて読解の部分。

・Z会センター演習 リスニング 
 すべて満点。

・2回ほどのどこかの予備校のセンター模試 
 上記とほぼ同じ。

基本的には、英語の前半部分とリスニングがほぼ満点が取れるので、大きく取りこぼしはなさそう読解対策と言っても、これまでの復習で十分

当然、二次試験対策を中心に置く予定。しかし目標はなんとしても達成したいところ。

僕、『国立二次の総合問題的なものに若干重点をおけばいいのでは?たとえば、東大の最後の総合長文とか?』

長男、ほとんど上の空で、『そうなの~?』

<<国語:目標8割強>>

・Z会センター演習 国語 
 
家に帰った時、10分以上は短してかつ見直しなし。
 点数的には165~177の間で、平均も170点前後。 
 英語とほとんど変わらない。 
 
古典・漢文はすべて満点。 

・2回ほどのどこかの予備校のセンター模試 
 上記とほぼ同じ。

古文・漢文が安定しているので、目標は達成すると考えていますが・・・高校一年の当初より、『古典・漢文は満点目指す』と指示した通りと言えばその通りなりそうかな

まあ~
現代文をもう少しなんとかしてほしいと思っていますが・・・。

これまでの復習に重点と古文・漢文に取りこぼしがないようにもう一度基礎から確認。

<<数学:目標満点>>

・2回ほどのどこかの予備校のセンター模試 186点と満点。

数学はある一定以上の大学を受験するならば、何が何でも満点を取ることが望まれる取りこぼしがあると、あっという間に20~30点は下がってしまう恐ろしい科目

時間配分としては通常の時間の半分で仕上げ、残りの時間はすべて念には念を入れての見直が理想的。僕もセンターでは通常の時間の半分以内で終わっていたので、まあ~可能なのかな?

追加の問題集

2015センター実戦問題集 数学1A(駿台)
2015センター実戦問題集 数学ⅡB(駿台)


英語・数学・国語ともに、防衛医大の短答式を10年分やって来たので、ついでにその復習もセンター対策とする

<<日本史:目標9割>>

・Z会センター演習 社会 
 点数的には平均84点前後。 

・2回ほどのどこかの予備校のセンター模試 
 上記とほぼ同じ。

安定しています。下限のベースは82点程度かな?。しかし、当然まぐれ当たりもいくつかあると思いますので、ここから数点を伸ばすのは意外に難しい・・・

ここ2~3ヶ月は防衛医大準備のためにブランクもある。そのことを考慮すると・・・。

詳説日本史(山川出版) 
高校1年のときより、教科書は何度も読むように薦めてきた。何回読んだかわからないが、本人曰く、『全部を50ページ程度ので6つに分けると、一回30分で読めるから、六日で終わる』と話していた。
月一回程度で、計二回程度』は読みなさいと話した

解決!センター日本史B(Z会) 
高校2年のときに渡したもの。問題をやりながら、全範囲に目を通しなさいとは伝えた。何回かやったので、あっという間に終わると話していたが・・・

センターで学ぶ 日本史(駿台)(時間がなければやめる) 
高校3年に入るときに渡したもので、正誤問題の決定版。
しかし分厚い・・・。
本人は利用すると話していたが、消化不良が怖い。
もし駄目なら、下記のもので代用をと話した。 

センター試験日本史B正誤チェック問題750 
高校1年のときに渡したもの。
ある程度やったと話している。
上記が駄目ならば、これくらいは完璧にやること。

Z会のセンター演習と模試の復習(これは当たり前。)

<<化学と物理:目標9割強>>

・2回ほどのどこかの予備校のセンター模試 
 9割強程度。

基本的には満点を目指すが、20点なら間違ってもかまわない程度で試験には望むことと話した。僕にも記憶にあるが意外にちょこちょこ間違える・・・。

これからの勉強も、基本的に国立2次主体でよい

マーク式総合問題集 化学 2015年 (河合塾シリーズ)
マーク式総合問題集 物理 2015年 (河合塾シリーズ)

模試の復習(これは当たり前。)

マーク式総合問題集は、アマゾンのコメントはよくない。まだやってなければ、駿台のセンター実戦問題集に変更するかも・・・。まあ~今週も帰って来ると話していたので、相談予定。



センター対策としてはこの程度。国語が安定しているので、無理な点数でもないと考えているが・・・。



にほんブログ村
 ↑
あなた
の知らないブログへ。
それは違うだろう、そうともいえるな、それは当然だ。。。
ひとがあつまれば、意見もそれぞれ。。。


AD
明日は長男が帰ってきます。添削の答え合わせや、もう一度防衛医大受験の状況の確認とセンターに向けた今後の方針を話し合いたいと考えています。

昨日暇つぶしに、防衛医大受験した人のブログや2chなどを確認しましたが・・・。

どうやら数学と化学は本当に難問だったようです。長男が伝えてきた内容等が本当であれば、一次試験は余裕で通過かもしれません。

しかし自信のない電話の感じでは無理だなと思っています・・・。

このブログの冒頭にあるように中学時代の内申書は20です。当然なんら問題がない優等生とは全く違います。普通の家庭であれば、長男のようなタイプは内申が内申なだけに担任の意向に従いどこか公立の工業高校か商業高校だったと思います。まあ~そうなると当然大学受験もなかったかもしれません。担任とも渡り合い苦労させられた(楽しませてくれたとも言うが・・・)高校受験のことを今も思い出します・・・。

そう考えると、こんなタイプが今後順調に進んでいくようには思えません。

長男と同じ程度の学力を持った通常の子ならばそつなく自分の出来ることを淡々とこなしていけるタイプであれば安心してみていられるかもしれません

しかしそこは我が家の長男です・・・。

相変わらず字はへたくそで、人をイライラさせる長男です

知っていることも平然と間違ってしまう長男です

再三にわたって、数学など減点がない答案を心がけるように言うのですが・・・僕が確認するZ会の添削以外には模試等で未だに守れていない長男です

早く楽になりたい・・・。

今日は明日に向けたボヤキでした・・・



にほんブログ村
 ↑
あなた
の知らないブログへ。
それは違うだろう、そうともいえるな、それは当然だ。。。
ひとがあつまれば、意見もそれぞれ。。。


AD
ということで、防衛医大の試験の不出来を何時迄も引きずっていくわけには行きません。また今週は長男も家に帰ってくると言っていましたので、ここ2ヶ月間の受験に対する対応を考えたいところです。

まだ国立大学の志望校も明確には決めていない状態です。現状過去問的な受験対策としては、Z会の添削だけです総合的な問題が多く、あらゆる大学対策も兼ねそうな東大系の添削(英語・数学・国語・物理・化学)をしています。添削では、特に英語・国語などは質のいい解答が出てきますむしろ数学や理科よりもずっと得意ではないかと感じられるくらいです。

8月に行われた河合塾と駿台の東大系の模試は理科三類でともにC判定でした。出来た実感のある完答した数学の問題の中には、点数的には20点中14~16点のものも数問見られたので、そこを改善したりすれば、本人も特に数学、また理科もまだ取れそうだなどと話しています。実際に伸びそうな感じも確かに見て取れます。

防衛医大が完勝ならば、本人はどう思うかわかりませんが、親としては受験させることも念頭にありましたが・・・

しかしまだほかにも難題があります。実はセンター系の模試で未だに9割を超えたこともありません。まあ~高校3年になって2度しか受けたことがありませんが・・・。

防衛医大の準備のため、特に僕も何も言いませんでしたが、おそらくここ2~3ヶ月間日本史の勉強は皆無であったと思います。

学校で10月頃に行われた駿台のマーク模試あるいは河合塾の全統マーク模試のいずれかだったと思いますが、結果はこんな感じでした。

英語(筆記):162
英語(リス):50
数学:200
国語:164
化学:92
物理:92
日本史:82

英語と日本史が・・・ですね

本人曰く、『学校でやったし、いまいち気が緩んで本気で出来なかった。』そうです

Z会の添削の一環であるセンター演習(家に帰って来た時10分以上短くして見直しなしでやらせています)は、3~10月までの8回分ではほぼ同じような点数で

英語(筆記):165~177(すべて読解の部分のみ間違える)
英語(リス):すべて50
国語:165~177(うち古典漢文はすべて満点)
日本史:78~86

といったところです。

まあ~実際にところある程度の演習はしているので、今後は
復習が主体となります。

実はこのブログを書きながら・・・、今気がついたのですが・・・、医学部の中には傾斜配点をするところがあります

特に関西系が多いのかな・・・?

京大や阪大は社会が倍に換算されます。しかも神戸大学に至っては・・・。まあ・・・、こんなことこの時期に・・・気がつくとは・・・。

さっそく家内に電話しました。家内からメールで長男に伝わったことでしょう・・・。

傾斜配点などを念頭に入れると
医学部受験では、国語は8割以上あれば良しと思ってますが、英語は最低でも9割、社会もなんとか9割近くを取った形で、さらにトータルで9割以上が理想的なのかなと思っています。

この程度点数があると、受験校選びは楽?

この程度の点数がないと、後期日程は困難?

受験する大学は未だ決まっていませんが、不器用な長男に医師は合ってはいないのではと考える僕としては基礎研究が出来る大学がいいと考えてもいます

文部省が今後定める方針のスーパーグローバル大学の中のトップ型

そうなると
旧帝国大学か東京医科歯科、慶応ということになります。

まあ~本人がどう考えるかわかりませんが・・・。



にほんブログ村
 ↑
あなた
の知らないブログへ。
それは違うだろう、そうともいえるな、それは当然だ。。。
ひとがあつまれば、意見もそれぞれ。。。

AD
僕は、長男や娘に対して、模試や受験などが終わったら、その時の状況と問題の内容を可能な限り思い出すように話してあります。でも~出来の悪いのほど忘れたがる傾向は世の常ですね・・・。

先日本人第一志望の防衛医大の受験が終わって、昨日長男から電話がかかってきました。

まあ~雰囲気的には厳しそうですかね・・・。・・・苦戦したようです

得意だと思っているが故の落とし穴まで・・・難問に引きずられて・・・、解けた問題が完璧かどうか・・・

<<択一テスト:英語・数学・国語>>

まずは防衛医大の入試の中で最も特徴のある択一テスト

試験時間は90分で、英語・数学・国語をすべてさせると言うもの。しかも結構な分量で、普段では慣れていないボールペンを使うらしい。

序盤の30分で英語・国語を終え、数学に60分かけるのが作戦だとか・・・。中でも数学は時間があまりに足りなくて、相当な苦戦が予想されるとのこと。

択一はある程度の得点が必要で、一定の点を下回ると、筆記の採点はされることもなく不合格になるらしい。願書にもそのようなことが書かれているもよう。どのくらいと取れればいいのかわかりませんが、おおよそ7割が択一通過ラインだと、本人は考えているようです。

長男は、防衛医大の過去問の中でも、この択一に時間を多くを割いたようで、過去10年分を通常の時間より少ない80分以内で解いていたようです。過去問では大体点数的には、40問中、25~36問程度が取れていたと話していました。平均的には30問前後で7割は超えていたとのことです。しかしばらつきがあるために、試験前は不安に思っていたようです。

まあ~当然、実際と練習は違うので・・・。最も時間を割いたとという択一は、本番では練習ほどうまくいかなかったようで・・・、特に数学ですね。長男の話では、これまでの過去問に比べて、英語・国語は同じようですが、数学は難しかったと話していました。特に数学は最近10年の中で最も難しいのではないかと言っていましたが・・・、一応すべて解いたと・・・、しかし自信のないところもちらほらと・・・。

実際のところは、どの程度取れればいいのかよくわかりません。しかし聞いた感じでは、まあ~択一は大丈夫かなという印象です。

<<筆記:英語・国語・数学・物理・化学>>

過去問としては一年分しかやれなかったようです。本人の第一希望なのですが・・・。

・英語・国語

英語・国語は無難にこなせたと話していました。特に英語はテーマ的にも知っているような内容で、危惧されたような、意味不明な専門分野的なものはなかったと話していました。

難易度も例年並みだとか?
最近の出来からして、英語・国語で合格点を下回ることは考えづらいかな?

・数学

大抵の場合、そこそこの大学ではそれなりの難問も用意され、いつものように気分よく解けることはないこともかなりの割合であります。特に受験では、不確定要素の強い数学は難問に打ち合ったときの対処方法が問われます。

要するに、重要になるのは、解けた問題を完璧にすることです解けたならば、減点のない答案を書くことを心がけると言うことです。模試などで解けていても、減点のために、点数的には7~8割程度のこともよくあるからです。

今年の防衛医大の数学は、長男の話では難問だったようです。特に大問2と大問4については、長男の友人の間でも難しかったと話をしていたようです。

長男の話では、大問1・3は完答、大問4は半分大問2は完答はしたが、自信はないとのことです。

実はここには大きな危険が潜んでいます。防衛医大のボーダーラインを考えると、もし全体的に問題が難しければ、4題中、2題完答1題半答程度で十分だと思われます。問題をやりながら試験中に、これを念頭に置くべきだったと思っています。

難問だった大問2については、かなり時間をかけて答案を作成したと容易に想像されますしかも時間を割いたわりには自信がない答案なのです数学で自信のない答案は大抵は駄目です。この部分には点数がないと考えられます。

僕は長男に、『大問1・3は完答、大問4半答か、この部分は何度もきちんと見直ししたか?』と聞きましたが・・・。

長男は、『時間がなくて・・・。』。

解けたところが完璧でないと・・・。案の定・・・数学は減点もあり得る科目なので・・・。このことは今後の入試に生かしていくしかありません

・化学

難問だったようです。有機はなんとか出来たが、その他の理論・無機の部分が計算も複雑で、かなり苦戦したようです。5割を下回ることはないけど、6割を大きく超えることもないような気もすると話しています。

・物理

やや難しめ。
解くには解いたが・・・とのこと。
出来としては化学と同程度かな。



僕が電話で聞いた印象では、

数学で2題完答1題半答が正確だったかどうか
理科で難問や計算の複雑さに引きずられず、得点出来るところを得点出来たかどうか

にかかっているということかな?

理科系の科目は得意だからといって、うまく得点に結びつかないことはよくあることです

特に難問に目を奪われ、大きく点を失うことは・・・

今回はそういう反省も必要な受験となったようです。

たとえ合格していなくても・・・。

こんなことで第一志望でも簡単に落としてしまう・・・可能性をはらむ・・・

いい経験です。



にほんブログ村
 ↑
あなた
の知らないブログへ。
それは違うだろう、そうともいえるな、それは当然だ。。。
ひとがあつまれば、意見もそれぞれ。。。

今週は長男が寮から帰ってきます

添削の答案の仕上げとその後の答え合わせももちろんですが、今後6ヶ月弱の受験日程の中で、防衛医大から始まって、センター試験及び国立大学二次試験まで、各教科とどのようにかかわり、どのように仕上げていくか聞いていく予定です

それにしても早いものですね。散々苦労させられた高校受験から、もう大学受験です。

高校1年の2学期から寮に入れてから、親としては勉強の管理という意味では本人任せとなり、相当楽になりました

しかし決して順調ということではなく、
中だるみというか、高校2年の1学期で、突如中途半端というものではなく信じがたいぐらいに大きく成績を落としています

高校1年の時は、高校受験で高校の勉強をかなりの先取りをさせていたので、あまり勉強しなくても、その貯金でそれなりにいい成績を残せました。しかしさすがに高校2年になると、かなり本気になりしっかりとした勉強をしないと、そんな貯金もなくなり、あっという間に成績が下がってしまいます

長男の高校2年の1学期の成績の下がり方は中途半端ではありませんでした。国語・英語・数学も期末テストで平均点程度、また高校2年の5月に行われた駿台模試も3科目で偏差値40台、数学でさえ50台で、学年順位はなんと・・・、下から3番目という成績でした・・・

ただ実際のところは、うっかりミスの連発で、基本的に残すべきものは残していたのはわかっていました。数学の駿台模試にしても大きな大問に偏差値が80台がつくものがあったので、本人の言うように計算ミスの連発が原因であったように思えます。

しかしそろそろこうしたミスから、卒業しなければなりません。荒治療になったかもしれませんが、そういった個別のミスなどの事情は一切考慮せず、結果のみの判断から、長男をしかりとばします

僕、『何これ、いったい寮で何をしてたの?遊んでたのか?高い金を出して私立高校に行かせてやったんだ。高校受験の時と何の進歩もないではないか、勉強しないのなら、もう高校やめるか?

長男はいろいろ弁明しますが、数字のみが結果です。しかも中だるみで勉強がいい加減になったことは本人も自覚していました。

僕、『結果的にはその成績である以上、何の進歩もなかったということで、高校は辞めなさい。

僕としては脅しではありません。実際に、話し合いでここで高校をやめるという結論が出たなら、退学となったと思います。

『勉強は逃げてはいきません。仮に辞めて、一時的に勉強からはなれても、また本気になって勉強をやりたくなったら、その時やればいい。』という考えは僕の中にあります。

長男も家内もこれが脅しでないことを悟っています。それ故、本人だけではなく、家内もかなりビビっていたようです・・・

長男としても高校を辞めさせられたら、それこそ第一希望どころか大学受験も関係なくなります。

長男は泣きながら、『もう一ヶ月時間をくれ、もし夏休み明けのテストの英語・数学・国語ですべて満点取れなければ、高校は辞めるから、それまで待ってほしい。

少し話し合いながら、僕がこれを受け入れることになります。僕も鬼ではありませんので・・・しかし中途半端に許しても、また同じようになる可能性もあったので、渋々受け入れたと形になっています

ただこの泣きながらの『
夏休み明けのテストの英語・数学・国語ですべて満点という話は、3者面談の際にこのままでは第一希望は難しいと言われて、担任の先生と約束した話だと後で聞かされました・・・。

夏休み明けのテストで、当然満点とはなりませんでしたが、範囲があるテストなので、9割5分程度の成績となり、学年順位もこのテストに関しては相当な上位となります

ただ満点ではなかったということで、家内は、実際に学校で担任や寮の先生と会って、学習状況など聞いて確認して僕に『もう少し様子を見てもいいのでは』と話しています

このことがきっかけとなり、また現実問題、このままでは本人の第一希望の防衛医大も一年ちょっとであり厳しいこともあり本気に勉強をするようになっています事前に勉強の計画をしながら、高校2年の2学期は常々その報告もしてきました

あれほど悩まされた数学の計算ミスもこれ以降嘘のようになくなり、これ以降の学校での数学のテストはすべて9割以上となります。学校のテストも着実の成績を上げ、高校2年の2学期に行われた駿台模試で3科目の偏差値は60程度までになり、その後も順調な経緯をたどっています。

暇な時間は夏休み以降ほぼ勉強時間となっています。

どういう形であれ、高校2年の1学期の成績の落ち込みが、成績上昇のきっかけとなり、長男にとって大きな転換期となります


あとは最終的に大学受験が成功して笑い話になるかどうかかな?


にほんブログ村
 ↑
あなた
の知らないブログへ。
それは違うだろう、そうともいえるな、それは当然だ。。。
ひとがあつまれば、意見もそれぞれ。。。