無料で遊べるおすすめのRPGが紹介されています。厳選されたRPGをプレイしてみませんか? ⇒ おすすめ無料RPG



個人ブログ最新記事


2008-09-27 01:47:59

9/27(土) 男のための自分探し

テーマ:エンタメ・映画・芸能ネタ

「自分探しってやつですか?」

「いいえ、むしろ逆です。探さなくたって、自分はここにいますから」

……というような感じのやりとりがあった「百万円と苦虫女」


もはや「自分探し」という言葉が許されるのは、

某元サッカー選手と某人形の太郎くらいなのでは?

最近でもこんなニュースがありましたし。

「このままでいいのか」 自分探しの放浪職員を停職 奈良市


マイナスのイメージのそんな風潮の今日、

あえて「自分探し」を堂々とタイトルにつける本を読みました。

男のための自分探し

「男」です。

気になります。


哲学者の方が書いた本で、

古今東西の哲学者の言葉を多数引用して構成しているのですが、

ワタクシが関心を引いたのは、恋愛や性欲に関するネタでした。


目次からいくつかピックアップしますと、

●誤解を恐れずに言えば、「結婚」は人生の唯一にして最大の幸福です

●なぜ、結婚すると幸せになれるのか

●恋愛のさなかでは、相手のすべてが長所に見え、欠点は無視してしまう

●愛は4年で終わる

●男が「気持ちいい」と感じるのは、自分の遺伝子を残すのに役立つものばかり

●恋人がいないのは、「自分に魅力がないから」と思うのは、500%間違っている

●「彼女がほしい!」この悩みに感謝しよう。これぞ、男の全活動のエネルギー源!

●いい男と結婚すると損?

●命よりも女が欲しい、これが男の本能でしょう


そして、ワタクシが最も注目したのは、

●男は結婚すると、明らかに成果も才能も減ってしまう。ライバルに完全勝利したければ独身を貫くのが最善!?


……とてもとても参考になります。

カノジョがいないことをいつも大勢の人に指摘され続けて、トラウマになっていましたが、

少し前向きになれました。


 * * *


本書は恋愛・性欲のエピソードでつかみ、

やがて「自分探し」のテーマへと向かいます。

哲学に関してはちんぷんかんぷんなのですが、

つまるところ、自分は本当に何をしたいのかということに行き着きます。

それは

あと1週間、あるいは1ヶ月の命しかなかったら、

どう生きるかということだそうです。

1週間の命で、したいことが、自分の本当に望んでいること。

他のことはすべて無意味。

その思いで残りの人生を真剣に歩めと。


残り1ヶ月の命なら、働くのをやめますけど、

あと何年生きるのか分からなかったら、

生活費は稼がなきゃいけないんですけどね……。


とりあえず真剣に恋でもしようかなと思ったり。

AD

高橋祐太(脚本家)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。