感謝とコストカット意識を―。会社更生手続き中の日本航空の社員約50人が25日、羽田空港の旅客ターミナル内で乗客らが利用する車いすとベビーカーを磨いて清掃した。
 昨年9月以降、社員らが毎月25日を「日航の日」と名付け、利用者に手作りの感謝カードを配るなどしてきた活動の一環。「以前は何かが故障すればすぐ業者に出す傾向があった。自分たちの手でやることでコスト意識と思い入れを持ち、全社員のサービス意識が高まれば」(丸川潔お客さま本部企画推進部長)という。
 勤務時間外のボランティア作業で、制服姿の客室乗務員や整備士がぞうきんを片手に汗を流した。出勤前の空き時間に参加した客室乗務員の渡辺佳子さんは「今までは言われたことをやる気持ちがあったが、新しいJALにしたい。言うだけでなくまず手足を動かしたい」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
株主優待券配布取りやめ=日航、公的支援下「困難」と判断
日航、7~9月のサーチャージ据え置き

<裁判員裁判>求刑上回る判決 さいたま地裁(毎日新聞)
種牛処分「法律に沿ってやる」=ワクチン接種きょう終了―農水相(時事通信)
330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)
内田裕也さん、蓮舫氏に花束 仕分けを傍聴(産経新聞)
未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件(医療介護CBニュース)
AD