不完全な毛布

テーマ:

毎日書くと決めたのに、定期的に日記をつけるのがボケ防止に良いときいたから、なのになかなか忙しいもんで2日すっ飛ばしてしまった。

とりあえずには一昨日から、幼馴染、といっても幼稚園高校大学違うのでぜんぜん馴染んでないけど、

親友というのは互いに違和感があると思う、それでも毎回帰郷の度にあってるんだから仲はいい、と家の周りで酒を飲んだ。小、中学校と遊びまわった此処辺は、俺らの独壇場。

たくさん面白い酒を買って、町?村?を見渡せる高台の公園で飲もうと思ったら木が邪魔でまんまと見渡せなかったし、買った酒がことごとく不細工な味やけれど、それでも強い酒なので体は暖まってきて語った。

すると懐中電灯と足音、まづい警察だと気づいてとっさに脳内で逃げようぜとつぶやいたが隣の彼には伝わらない。誰だ僕らは以心伝心とか言ったの。

で、案の定寄ってくるポリス公、「お前らなんしよっとやー?」

「いやー、青春の語らいです。」

「おい、酒あるやん、隠せ隠せー、あっちにうるさい人おるけん。」

「あっ大丈夫よ。俺ら未成年やないもん。」

「そっかそっかー。ちょっと免許証とかもっとらんや」

「あー今金しかもっとらんわー」

「生年月日いってみー」

「1985、あ、6年9月2日!」

「俺の2こ下やん。」

「え、まだ22?!若っ。あ、しかもこいつんおじちゃん警視総監よ。」

「おーお前父ちゃんに迷惑かけんなよー。ここら辺ホームレスとか来てもちょっかいかけんようになー。後寒いやろ、ちゃんと店で飲めって。」

「かけんかけん。てかここら辺そんな店ないやん!まー場所はかえるけ。パトロールお疲れさん。」

とかいってぴっちぴち18歳の俺らは華麗な演技でやり過ごした。1986年に言い直したのは盛りすぎたと思ったからで、不自然さがにじみ出危なかった、幼馴染の父ちゃんはほんとに警視総監だ。

とりあえず場所は変えることにするが、その際目が悪い友人のせいで一番マシな酒だったウィスキー瓶の蓋を閉め忘れたまま袋に入れるという失態。中身全部ぶちまけられ、お釈迦。



AD

8mmの虫がきっと命を救う

テーマ:

ということで一昨日実家に帰る。福岡。

今回は特別目的も何も無い。ていうかあったのだけど、

高校時代からのバンドでライヴに出るという列記とした目的あったのだけど、

いろいろ悲しいことや考えたくも無いような煩わしいことがあり、その話は無くなった。

おそらくバンドすら無くなるようです。あの頃あんなに恐れていた解散。

今ではもうしょうがないかって。自分が単身東京に出てしまったのがすべてもの始まりですし。

だってこの先も故郷で燻り続ける自分なんて考えるだけで腹部から血が出そうやったんですもん。

今まさにこの地で頑張ってるみなさんにはこの上なく失礼なことやけれど。


で、やっぱりこっちに帰ると生活リズムがとんでもなくだらしなく、なる。

二時くらいに起床し、昨日の残り物シチュウと三色のパン、を温めぺろりと召し上がり、

朝飯が終わったかと思いきや

まだまだ腹がすいていたためオムレツを作り冷蔵庫のハーゲンダッツも食べる。

机の上の大好きな煎餅も食べる。

最近太ってきたくせに朝から(昼から)食べすぎだこの豚!て思いながらも

運動しさえすれば痩せる体だもんねー。とよくわかんないが誰かを嘲る。


帰省前に見た、リリイシュシュのすべて、の中で、ドビュッシーのアラベスクがfeatureされてた

家にあるかなーてピアノ室の戸棚探したが、シューベルト、ショパン、モートァルト、バッハ、

ドビュッシーだけ見当たらない。何事かー、、

在り処を知ってるはずの母親は不在。

なぜなら最近になっていきなり、中学校の音楽教師をやることになったとか言うし、もうわけわからない

まぁいいや、適当に何か弾こう。どうせ下手すぎてすぐに弾く気が失せるだろうし。

と思っていたらピアノの上に出してあった楽譜が目に留まる。ドビュッシー。

これは奇跡かなと思いつつもそんなこと誰にも伝わらないし、母親に話して盛り上がったところでなんかやだし、

とりあえずアラベスク弾いてみる。というか自分にしてはめずらしく30分くらい真面目に練習した。

今回の帰省中にアラベスクを流麗に弾けるようになってみせる、とゆう目標を掲げたからです。


夜は、一浪していて今年早稲田大学進学が決まった友達と、もう一人九大の友達と、大名で呑む。

呑み放題食べ放題2500円。東京では考えられない、居酒屋の料理が食べ放題なんて、神です。

破裂しそうなほど食べて、酒呑んで、サークルの飲みで身に付けた嘔吐をまさかここで…と思ったが一回吐いて、また食べた。

これから俺と同じ東京の私大生になる友達に、帰省前日の飲み会の話をしてあげた。

ビールコップ五杯、ビール瓶FULL一本一気、すぐに瓶半分一気→*→ビール瓶半分、カシオレピッチャー、日本酒デカンタ3分の2一気→*→梅酒デカンタ一本一気、日本酒デカンタ一気、ビールコップ3杯一気→*→ビールたくさん一気、日本酒、ここへんからもう覚えてない

驚愕しないで。大学なんてどこもきっとこんなもんです。

ちなみに*はお察しの通り。物理的に胃の容量越えちゃうもんなぁ。

それから3時間1200円とかのアミューズメントではしゃぎ遊んで、

帰ったら駅の自転車置き場がしまってて40分歩いて帰った。

AD

いつかの恋人は地面の下

テーマ:

人の為ではなく、自分のためだけの文章を連ねる場所として此処から。


思えば今までだって結局は人を楽しませることのできるエンターテイナーとしての自分、

を確立するため、または自分の近況を知ってもらい次会うときに余計な重複説明を避けるため、

に文章を日記にしろ何にしろ書いていたのだから、

元々御自分のためだったのではないのでしょうか。自問


なにしろ、独特の文体を使い個性的でアーティスティクな雰囲気を漂わせることで、

僕は他人とは一味違うんだ!という主張を滑稽なまでに露にする、

自分に酔ったナルシスト野郎、になるくらいならこのパーソナルコンピュータ破壊したほうがまだマシ

それなら一人で暗い部屋で風の谷のナウシカ見ていたほうがまだマシ。


むしろこんな所にまるで落書きのように自分の思いをただただ書き連ねるのは、

誰にも見られたくないものそしてだからこそ面倒くさくブログを新設したのであって。

まぁいいや。別にここに何かを書くのにいちいち理由なんて要らないさ

理由も無く面白くも無い文章を書く人々など億千といるので、

改めてそんなことを気にし時間を割くのが無駄なのでしょう。なーむ。


AD

もしもしクマよ

テーマ:
昨日東京につきました
ついたその日から、慶應ウェルカムパーティがあって
なんか想像してたのと全然違って、
みなとみらいのでっかいホールで、多分500人以上の人が参加してるパーティでした。
初めて友達できたけどけっこう下らなかったぜ

んで昨日引っ越しが終わって今日はめためた暇だったんで、
ピカチュウの格好して家の周辺を探索してきました。

家は学生会館で、けっこう部屋広くて、
しかもジム?音楽室つき
さらに大学まで徒歩二分!!これは買いですよ!!で、
規約には「12時が門限なので玄関はロックされます。」てあったのに、
今日の説明会ではそのロックの解除ナンバー教えてもらえたしね。
「実質門限なんてないようなもんですよ」んなら書くな

で、周辺には駅デパート?ダイエーみたいなショッピングセンタ?商店街?マツキヨがあるんで
とても便利で、貧乏学生にも優しい。。
ただ人通りは激しく、
少し歩いただけで、紫色の頭したお婆さんや緑色の頭したお婆さんなど、
いろいろな種類の人をみることができた
子連れママとかも通るので、裸では外に出れない感じ。

まぁ明日も暇なんですが、ファッキン田舎イモ太郎な俺は
華やかな街などを積極的に怖がる性質なので、
また周辺ウロウロしたり大学を見学したりしてみます。裸で

跳べ!

テーマ:
今日は決別。明日は旅立ち。

やっとこの日がやって来た。

とうとうこの日がやって来た。

生まれ育ったこの街を出る日。嘘、生まれて無い



東京で、何ができるんだろ

東京で何が聴ける?何が観れる?

多分今までとは世界が変わる

楽しみであると同時に、

知らなくていいものまで知ってしまうことは少し怖くて

でもやっぱり楽しみが大きい。胸が躍る。

新しい風を吹き込んで。

劇的な影響を与えて。

時には強烈なパンチも喰らわせて

そして日々進化したい。

行き着く先が良いものでも、悪いものでも

そんなんどっちだっていい

あらゆる方向に変わっていくから。

それでいい。自由でいい。


福岡を出るにあたって

なんか特別な哀惜とかそういうのはなくて、

でも恐らくそれはまだ実感が沸いてないだけで、

すぐ寂しくなるんだと思う。

でもこのIT時代。気軽にメールも鳩も飛ばせるし

TV電話だって(使ったことまだ無いけど)あるし

何も辟易することはないよ

ただ繋がりが切れない様に守っていくだけ。

明日は友達が空港に見送りに来てくれるって。

めっちゃ有難い話で、嬉しさ全開ですが

泣いてしまわないようにしないと。

まぁ泣いたら泣いたで、別にいいよね。



さよーなら、福岡。

さよーなら、高校での思い出。

さよーなら、みなさん。







そしてまたこれからよろしく。