環境省は10日、新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで野生復帰に向けて訓練中の国の特別天然記念物トキ8羽が死んでいるのが見つかったと発表した。監視カメラに、野生動物が施設内に侵入した様子が撮影されており、詳細を調べている。

 環境省によると、10日朝、飛行や餌を採る訓練をするための施設「順化ケージ」(広さ約4000平方メートル、高さ約15メートル)内で、今秋の放鳥に向けて訓練中の11羽のうち8羽が死に、2羽が負傷しているのが発見された。負傷した2羽は瀕死(ひんし)の状態という。

 ケージ内は棚田を模した池や樹木が整備され、野生に近い環境で訓練している。【足立旬子】

【関連ニュース】
上野動物園:パンダが復活 中国から1組、11年来日へ
パンダ:東京・上野動物園に戻る 来年中にペアで
自然・野生生物映像祭:昆虫やナイルワニ、驚異の映像21作 一部映像を紹介
信州・野生の横顔:オオワシ 羽が抜けても健在示す /長野
野鳥愛護校:日田市・中津江小に指定証 /大分

仏像展示中止、新潟市長が文化庁に再考求める(読売新聞)
子ども手当て法案修正、与党3党と公明合意(読売新聞)
国内移設なら期限設定を=社民・阿部氏(時事通信)
コンクリ塊下敷き 男性死亡(産経新聞)
官僚答弁禁止は次期国会から 与党3党の国対委員長が一致(産経新聞)
AD