国土交通省は9日、国内98空港のうち資料が存在する75空港の需要予測と実績(08年度)を発表した。需要予測を上回ったのは羽田、名古屋、那覇など8空港にとどまり、9割にあたる67空港で実績が需要予測を下回った。甘い需要見通しで不採算の地方空港が乱立された実態が浮き彫りになった。

 実績が需要予測を上回ったのは、那覇(達成率118%)、名古屋(同109%)、羽田(同103%)のほか、旭川、庄内、岡山、長崎、熊本の計8空港。一方、国管理空港としては、稚内(同28%)、宮崎(同34%)などが大きく需要予測を下回った。

 国交省航空局は「空港によっていろんな事情があり、一概に需要予測が甘かったとは言えない」としている。【大場伸也】

【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
絶縁体で電気信号伝達=パソコン8割省電力化も-電子の「スピン」使う・東北大など(時事通信)
空自官製談合、悪意ない=「事務量増加が原因」と釈明-空幕長(時事通信)
愛子さまが今週初めから学校欠席、不安訴え(読売新聞)
<訃報>山本敏郎さん93歳=元昭和アルミニウム社長(毎日新聞)
AD