愛媛県大洲市の私立帝京第五高校(井上聖二校長)は3日、今年2月の一般入試で合格ラインに達していない受験生に対し、合格発表前に中学校を通じて、併願校の受験断念と帝京第五高入学を条件に合格を持ちかけていたことを明らかにした。

 同校は2月上旬に一般入試を実施。関係者によると、合格発表前に同校から不合格通知を受けた中学教諭が受験生の保護者に対し、「帝京第五高は不合格だが、(3月の)県立高の受験を辞退すれば合格になる」などと伝えたという。同校によると今年は約20人が同様の条件で合格しており、約30年前から県内約50の中学校に対し持ちかけていた。

 同校の谷本勝幸教頭は「1月の推薦入試の合格ラインをクリアした生徒を合格の対象にしており、教育の機会を幅広く与えるための措置だった」などと話している。

【関連記事】
「エキナカ」で大学進学相談会 JR東日本が秋葉原駅で
大学、短大受験生の選択肢を拡大 入学者数など開示義務化へ
受験者名記録のUSB紛失 長野の県立高校
顔写真合成で…替え玉受験 チェックすり抜け一度は「合格」 中央大
「子ども手当て」がカギに? 進学塾“経営力”ランキング
「はやぶさ」帰還へ

<強盗傷害>男性殴られ重傷 愛知・豊明(毎日新聞)
[能古島切断遺体]尻に複数のあざ 他の部位を捜索
【アートカレンダー】「今津景フラッシュ」東京・白金・山本現代(産経新聞)
ファッション業界、環境配慮の事業本格化(産経新聞)
口蹄疫問題 ブレ続けた「政治指導」にため息(産経新聞)
AD