講話などを収録した市販のDVDソフトを無断複製し、インターネットのオークションで販売したとして福井県警生活環境課などは22日、同県越前市文室町、福井新聞社記者堀一尋(かずひろ)容疑者(36)を著作権法違反容疑で逮捕した。

 県警は同日、関係先として、福井市内の福井新聞社の本社などを捜索した。

 発表によると、堀容疑者は昨年2月から同10月にかけて自宅や勤務先のパソコンを使って、東京都内の会社2社が制作したDVDの複製をインターネットのオークションサイトに出品し、販売した疑い。

 捜査関係者によると、堀容疑者は5人に販売し、計約6万円を得ていたという。ネット上での販売に気付いた2社が昨年8月、同県警に告訴していた。

 読売新聞の取材に対し、福井新聞社総務局は「事実関係を確認中で、現時点ではコメントできない」としている。

<事業仕分け>第2弾後半2日目 浄化槽設備士、試験講習丸投げ(毎日新聞)
漁船転覆、母親の遺体発見=大分(時事通信)
普天間、辺野古移設で大筋合意=工法などは継続協議―日米(時事通信)
<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
<遊具>危ない、劣化やすき間 後を絶たない事故(毎日新聞)
AD