日本列島は、日本海西部にある低気圧が急速に発達する影響で、21日夕にかけ全国で非常に強い風が吹くと予想される。

 海や山は大荒れの天気になると見られ、暴風や高波が警戒される。

 気象庁は20日午後8時現在、宮城県東部、福島県浜通り、新潟県佐渡、富山県東部と西部の一部、静岡県伊豆地方の一部に暴風警報を発令している。

 21日にかけて予想される最大風速は北日本と東日本の海上で25メートル、陸上で23メートル。西日本では海上で23メートル、陸上で18メートル。また、予想される波の高さは北日本と東日本で6メートル、西日本で5メートルの見込み。

 低気圧や寒冷前線は21日に本州付近を通過する見込みで、通過後は日本付近に一時的に強い寒気が流れ込むと予想される。

 気象庁は激しい雨や落雷、竜巻などにも注意を呼び掛けている。

インスリン事件「3日続けて計3回」と供述(読売新聞)
<訃報>吉田玉松さん76歳=元文楽人形遣い(毎日新聞)
<職業訓練>実施率が最低に 不況で資金不足(毎日新聞)
30年地震確率、高い水準に=新潟・十日町断層帯西部-政府調査委(時事通信)
<全国農政連>自主投票に 参院選比例代表で方針転換(毎日新聞)
AD