18日に投開票された東広島市議補選(改選数1)で、投票率が8.82%と、1けたを記録した。当日有権者数は13万8341人で、投票者数は1万2204人。同市では全選挙通じて過去最低で、市選管は「1けたの投票率は聞いたことがない」と驚いている。補選には無所属新人2人が立候補。同日選で実施予定の市長選(11日告示)が無投票になり、有権者の関心が薄れたのが理由とみられる。無効票は1260票で、投票者の1割を超えた。総務省は市町村議選の投票率統計をとっておらず、選挙史上最低かどうかは不明確。

【関連ニュース】
衆院選:小選挙区の投票率69.28% 現行制度で最高
衆院選:投票率最終発表、前回より4時間遅れ 大阪府選管
衆院選:松山市選管の開票開始、15分遅れる
衆院選:午後4時現在 投票率は41.83%
衆院選:投票率35.19% 前回上回る 午後2時現在

<ハノイ貿易大>日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
ホームオブハート訴訟で和解=セミナー参加者に支払い-東京地裁(時事通信)
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」(産経新聞)
重要文化財指定(時事通信)
AD