自民党の谷垣禎一総裁は29日午前、夏の参院選比例代表の公認を求めていた山崎拓元副総裁(73)と保岡興治元法相(70)を党本部に個別に呼び、それぞれに「参院比例代表の公認は70歳未満の原則を厳格に適用していきたい」と、公認しないことを正式に伝えた。また片山虎之助元総務相(74)についても、大島理森幹事長が同日午前、都内で会談し、公認を見送ることを伝えた。

 山崎氏は、党本部で記者団に対し「執行部の権限なので、容認する」と述べたが、政界引退は「全く考えていない」と強調。今後の対応は離党を含め「現時点では白紙。私に残された政治家としての使命は何かを重点に置いて考えたい」と明言を避けた。保岡氏は「支持者とよく相談して今後の方向をしっかり判断したい」と述べ、他党からの参院選出馬の可能性を示唆した。

 一方の片山氏は都内で記者団に「全部に納得したわけではないが、党として決めたことは理解する」と述べた。

大阪市の消防士、起こされ立腹し地下鉄職員を殴る(産経新聞)
恐喝容疑 出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)
新聞検閲 占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
国交省、官製談合で元職員にも損害賠償請求(読売新聞)
<水俣病訴訟>熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に(毎日新聞)
AD