感性のめいろのブログ

自分の【願いと希望】はテキトーに程々のところで、 
心と頭に浮かぶゴタゴタのことごとを、とことん奔放に綴る“滅世ー辞”です。

NEW !
テーマ:

 

 

 

暫く安静の日を自らに課します。
 
 
 
 
肉体的に、いくら苦しい時があっても、
まだ呼吸が出来ているという状態なら、
生きているという意味で苦しくはない。
 
 
呼吸ができる、ということ。
 
息をしている、ということ。
 
 
 
 
44.4%回復、の自覚でした。
 
 

その自覚の次には66.6%で、
このまま何とか持ち堪える
という予感の覚えでした。。。。
 
 
予感は逆に22.2%に急降下
 
 
 
 
呼吸が苦しい。
 
呼吸困難で苦しいと感じる。
 
 
実は、これまで70年余の人生を経過して、
「どんなに苦しくても息さえしていれば
まだまだ本当の苦しい状況とは言えない、
 
という表現が「正しくない」ことに気づきます。
 
 
 
喘ぐような息の継ぎかたを感じ始めると、
その喘ぎが息苦しさとなって襲いかかる。
 
 
激しく喘ぎ、もがく。
 
 
恐ろしいことに、呼吸が呼吸を苦しめる
 
 
 
呼吸さえなければ、
と、
そんな感覚になる。
 
 
 
素直に、潔く自分の衰えを認め、
安静の時をもって、思考を封印。
 
 
 
このまま福島で倒れてはいられず、
明日から3日4日は安静に務めます。
 
 
ご縁の皆さまへの無作法、暫くお許しの程を。
 
 
 
 
 
 
Jim Hall_Concierto de Aranjuez
https://youtu.be/iD6k2E61ABY
 
【めいろの:異常な違和感】2017.2.26
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

 

しかし、まあねえ・・・・何ともはや、

センスが無いというか品が無いというか、
日に日に下品さが目に余ってくる昭恵を、
「妻」と呼んで嘘に嘘を塗りたくるのが、
おっとどっこい、のクソ夫という晋三家。
 
 
情けないことに、この夫と妻の醜態事が、
こともあろうに、国会の議場で晒される、
なんてことが世界のどこにありますかい
 
 
このクソ夫が、なんと日本の国の総理。
 
その下品妻が、国のファーストレディー。
 
 
お笑い芸人社会の下劣ドラマなんかい
 
 
 
笑われる国から蔑まれる国へ沈下の日本。
 
 
 
 
 
東京では「豊洲」問題で“百条委員会”、
なのだから、
大阪では「豊中」問題で“百条委員会”、
が必要なんじゃないの
 
 
あちらも「豊」、こちらも「豊」でさあ。
 
 
とは言ってもねえ。。。。
 
 
東京が小池で、大阪が松井、だもんなあ。
 
 
汚れと腐れと騙しの維新でんでんねん。
 

政治家の関与があったかい・・・・??
 
温かい関与なんて今の政治にある訳ないっ
 
 
政治家の関与『あったか否か』
なんてことを追及の的にするようでは、
疑惑は疑惑のままで闇に入るだけ
だよ。
 
 

土地絡み。
利権絡み。
政治絡み。
行政絡み。
汚染絡み。
 
ゴミ汚染、ガス汚染、土壌汚染。
 
 
この豊中の土地問題と幼稚園・小学校問題は、
安倍晋三、麻生太郎、稲田朋美を叩きのめす。
 
 
国会の現場中継を見る国民は殆どいないので、
その場のやり取りが如何にくだらん内容かを、
その場で受け止める国民も殆どいないでしょう。
 
 
斯くいうオイラも「たまたま派」の30~60分。
 
 
ひとつだけ断言できることがある。
 
 
民進党の若手だか中堅だか知りませんが、
この連中が安倍晋三追及の主導をすれば、
追い込むどころか逃げ道を無限に広げる
という憐れな結果が導かれることになる。
 
 
つまり、この民進党の男議員の面々、
与党に負けず劣らずバカだと知れる。
 
 
こどもの域。
 
余りにも「だらしない追及姿勢」。
 
 
選挙戦略皆無の民主の時代がそのまま。
 
 
 
安倍も麻生も思い上がってはいるが、
首を斬ってくれと差し出してるんだよ。
 
 
PKOで稲田、共謀罪で金田、どころか、
政権そのものを叩きのめす絶好の機
というのに民進のボンクラたちはこの機を潰す。
 
 
まあ、気分的にはバカバカし過ぎて疲れますが、
具体の2例3例でも示さないと国民がバカをみる。
 
 
 
次回。
 
 
 
 
 
Jimmy Smith - Theme From Joy House
https://youtu.be/QuwosyONsDM
 
【めいろの:回復率44.4パーセント】2017.2.25
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(2)

テーマ:

 

 

 

タイトルを後回しいつも、ですが)にして、

2行、3行の文字を打ち込んでは沈思。。。。
 
 
 
漠然と暗然の揺蕩う黙考を感じつつ、
黙考を破ってやおら次の2行、3行に、
 
と意識を働かせようとして、虚しき。。。。
 
 
(とはいえ、決して意気消沈ではありませぬ)
 
 
 
ブレニ会ウ・フライデーnight
 
 
 
 
 
 
 
お気に入りの曲だけ、の今夜
Grover Washington Jr - Masterpiece
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=iIFWyl1Mavs

【めいろの:一網打尽なのに】2017.2.24
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

 

過去に幾多も発生した労働被害者には意も介さず、
安倍晋三が電通元社員高橋まつりさんの母と面会。
 
 

「働き方改革」を国会の「最重要課題」にしたいと、
己の妻:昭恵が勤めていた電通だからという理由。
 
 
雇用問題に配慮と言いながら、悪魔はあくまでも
人間を道具機械に見立てて時間配分を組みたがる。
 
 
晋三・昭恵と麻生を絡める疑獄は後述の機会に。
 
 
肝心の国会の質疑で「吊るし上げる」能力もなく、
資料集めで暴言沙汰の餌にされる民進党後藤祐一。
 
 
稲田朋美、金田勝年をダラダラ延命させる民進党。
 
どこまでも情けない野党だことよ
 
朝から晩まで「真相は」の暗殺に狂うマスコミ。
 
そして案の定、安倍の危機に必ず出番の拉致家族。
 
 
さてさて、気分やや回復の今日はそれらは置いて。。。。
 
 
 
 
体内に取り入れられる物質的蓄積物は、
用が済み次第、順序良くサヨナラする。
 
 
、厄介なことに、
同じ体にある脳が取り入れる無形物は、
消化や排出の処理には聞き分けが悪い。
 

なので、その聞き分けの悪さは置いといて、
起き上がり、立ち上がってからの5歩~10歩。
 
 
先週からの10日間ほどは異次元的異常感で、
オカズづくりとワンコの食事だけに精一杯。
 
 
ここ2~3日の朝はそのワンコの食事でさえ、
出勤前の連れ合いに任せてしまう有り様で、
厄介な手荷物が転がっているような情けなさ。
 
 
先週初めから立ち向かうパソコンへの姿勢。
 
途轍もなく難渋を極める毎日でござんした。
 
 
そんな中、
この老体に向けて愛すべき鞭打ちの檄文。
 
 

憂鬱すぎて、キレがなくなっていませんか、
 
だって。
 
何ともこの小悪魔は[coco]から見てますよ~、
みたいに忘れない頃を見透かして背中を叩く。
 
 
それに続いて、遠くヒマラヤ越えからの文字。

国の現状について言わせていただけば、
アホらしくてまともなことをブログに書く気にもならない

・・・・、、、、と、当にそういう心境。
 
 
檄が効いてか、
やっと、やっと、やっと、どうにか動ける、
ようになりましたわい。
 
 
昨日は夕方になって、の食事準備の時分に、
何故か突然、笹カマボコを食べたくなって、
序でにこれまた突如、ゼンザイが欲しい
という抑えきれない食欲に駆られたあげく、
連れ合いに買ってきてもらった次第です。
 
 
残念ながら、笹かまぼこは一つしか入らず、
夜になって、甘酒飲んで、餅入りゼンザイ
 
 
これが食事というわけではないのですが、
本当に腹に入れ込んだ感覚になりました。
 
 
そして、早目の就寝。
 
 
で、今朝になってこの10日ばかりを過ぎ、
久しぶり、ホントに久しぶりに朝飯です
 
 
見事に食べきれました 一杯だけど。。。。
 
 
 
実は、先週の始まりからは、そんな訳で、
思わしくない体調に首を捻りながらの時、
とてもじゃないけど動くに動けないまま、
兄の死の報。
 
大阪に戻ることさえ「難しいな」の状態。
 
 
「憂鬱すぎて、キレがなくなって・・」
いることを自覚しつつ綴りを続けました。
 
 
もともと重度障害の肺気腫に加え、
息苦しさがこれほど長い期間も初。
 
 
今年の寒さはオイラには堪えましたが、
何より、歳を自覚しない迂闊さが原因、
と、今更ながら遅まき反省で半生台無し。
 
 
 
 
 
生き甲斐生き場所、は人それぞれながら、
死に甲斐というのはどこでも求められるが、
死に場所というのは迂闊には求められない。
 
 
避けられない事情があっての死に場所なら、
その時のその場が逝き場所になってしまう。
 
 
置かれた場所で咲き、やがて枯れる花なら
それはそれで、人間の目には自然なのかも。
 
 
オイラが福島に来ることが出来たのは5年前。
 
 
年老いた身内は逆方向の九州で神妙に呟く。
 
それがアンタの生き甲斐なら」仕方ない、と。
 
 
実は、大阪での日常的「独り暮らし」なら、
生き場所と逝き場所が同じでも構わない。
 
 
福島でも暮らすことが出来るようになった、
けれども
それを生き甲斐にして、死に甲斐としても、
今はまだ福島を死に場所として死骸を晒す、
ということには出来ない我なりの事情から、
とにかく大阪まで持ち堪える体力を整えん、
と思い思いのこのところ、でした。
 
 
今日になって、やっと回復の兆しを覚えて、
このところのすげない綴りのお詫び方がた、
気力持ち直しの報を兼ねてのホウホウの体。
 
 
でした。
 
 
 
 
 
Carlos Santana ft. Sadao Watanabe - Chill Out
http://www.youtube.com/watch?v=YZvSlVA4cqM&feature=player_detailpage
 
【めいろの:苦しかったなあ】2017.2.23
 
 
 
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

朝から晩まで、暗殺、暗殺。

晩から朝まで、暗殺、暗殺。
 
 
 
よくまあ、飽きもせず。
 
 
 
日本の内情は関係ないんかい
 
 
安倍晋三の5年は暗殺だらけだよ。
 
 
 
まあな、
世界最低の政治国となった日本だ。
 
 
暗殺の対象になる程の値打も無い、
という大臣ばかりの政権だもんね。
 
 
「値引きに感謝してくれた」
と世界の笑い者に晒される安倍。
 
 
 
 
日本国民暗殺行政集団:霞が関
 
日本国民暗殺放送協会:NHK。
 
 
 
大したもんだ、ったく。。。。
 
 
 
 
 
 
grover washington jr - a secret place
https://youtu.be/26VM_rtWiX0
 
【めいろの:灯台もともと暗し】2017.2.21
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(2)

テーマ:

 

 

起き上がれない、のではないし、
立ち上がれない、のでもないが、
困るというか、ややこしいのは、
立ち上がってからの5歩、10歩。
 
 
深呼吸して落ち着くまでが長い。
 
 
 
ここで倒れるわけにはいかない、
という事情はこんなオイラでも、
3つや4つはある。
 
 
その内の最も気にしている理由。
 
 
「人に看取られる人間ではない」
と昔から己に言い聞かせている。
 
 
 
 
人間が人間の力をもって幾ら励もうと、
努力や頑張りが水泡に帰すことになる。
 
 
 
 
絶対に首相にしてはならなかった
安倍晋三が首相になってしまった日本。
 
 
国会の質疑で毎日のように民主を出し、
何かにつけて「民主党政権のときは」
を言い逃れに持ち出す下品な安倍政腐。
 
 
アホ自公層には改めて思い知らせるが、
民主政権の実働は実質1年間でしかない
 
 
安倍晋三
お前は5年余り何をボケていやがるんだ
 
 
東北震災と原発事故を挟んでの3年余り、
小汚い自民政治と一蓮托生の霞が関が、
悉く政権の足を引っ張り続けた政治経済。
 
 
民主の名を捨てて、の民進党も民進党だ。
 
 
国会の場で安倍や稲田に「民主の時代」
と言われるだけでグーの音も出せずにいる。
 
 
 
“聞くは法楽”も、聞けば崩落
 
 
 
 
 
 
【めいろの:事にも物にも時節】2017.2.19
 
 
 
 
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

 

要するに
安倍晋三や稲田朋美という欠陥人工物は、
平和とか安全安心の社会では存在できず、
従って、平和な社会で人間が安穏に生き、
微笑み、語らい、共に励みながら暮らす、
という時代や歴史とは全く無縁であって、
そういう社会は勿論、そのような社会で、
人間が生きていくことを許したくないし、
同時に平穏に生きる人間が憎くて堪らない。
 
 
 
何故ならば
平穏平和な社会での人間の存在としては、
安倍晋三も稲田朋美も完全に「無」と同じ
であることを無意識の本能が知っていて
それが恐怖以外の何ものでもないからだ
 
 
従って
何が何でも人間には無事平穏は許されず、
社会に不可欠な要素は不安と混乱と犯罪。
 
 
戦闘を認めれば自衛隊を送り出せないし、
送り出せなければ戦争とは無縁になって、
戦争と無縁になれば自衛隊員を殺せない。
 
 
殉職の名の下に「国の為」に命を捧げた、
と靖国戦犯を祀りあげる現代版戦争讃美、
の為には何としても外地で殺したいのだ。
 
 
法的“解釈”や“定義”の問題ではない
 
 
稲田朋美が「戦闘ではない」というのは、
新幹線のレール上に人間を突き落として、
命を奪う「殺人」を「死ぬか否かの試し」
だから「殺人ではない」と言うのと同じ。
 
 
派遣の責任等を国会論議にするアホ日本。
 
 
安倍晋三は戦車が動いていない所だから、
そこは戦闘が行われている場所ではない。
 
 
安倍晋三に「責任」感覚などあるかいっ
 
 
この4年の国会に「論議」が存在したか
 
 
戦争したいのは当然だが、
国民に戦争させたいのだ。
 
日本の国から日本人を減らしたい。
 
 
これが安倍晋三の唯一の存在理由
 
 

今週の国会にも、稲田や金田の姿あり、
という驚くべき民主崩壊の日本の国会。
 
 
 
日本の政治に民主主義が存在していれば、
天皇の“退位”問題など吹き飛ぶだろう。
 
 
来週の国会は安倍晋三の“退陣”の到来。
 
 
 
既に多くのブログ管理人の方々が発信。
 
国会では2月15日衆院:財務金融委員会。
 
 
 
「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める
 
これが国会で安倍晋三が明言した言葉。
 
NHKが報道しなければ、の思い上がりだ。

 

 

アメリカやヨーロッパ先進国なら、

国の代表としての安倍晋三は、

来週半ばまでには消え去る

 

 
 
 
予定外の綴りが続きます。
 
 
 
 
なんや知らんけど すぎもとまさと
https://youtu.be/oJReQrS0QN4
 
【めいろの:売国奴が席巻する国会】2017.2.18
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

 

「ひと」にしてみれば
「こころ」は死に急ぎたくなかろうに、
「からだ」は知らず知らずに死に急ぐ。
 
 
 
汚染国、犯罪国、福祉破壊、教育破壊、
の国に成り果てて、人々は無意識でも、
精神の働き、こころの希みとは裏腹に、
肉体は本能的に死に急がされてしまう。
 
 
 
安倍晋三よ、お前は何故こんなにも
日本の国民を「死に急がせる」のだ
 
 
 
質問の意味も分からない。
答弁の内容も分からない。
 
ただ手を挙げ、席を立つ。
 

審議に値しないから辞めろ
という稲田、金田のバカ2人。
 
 
消えて当然のバカ2人に向け、
追及側の民進党が延命質問、
という死に急ぎ確定の沈没。
 
 
大串、長妻、後藤、玉木ら、
今日だけでもこの情けなさ。
 
 
賃上げ時期に何を思ってか、
蓮舫が電気労連に出向いた。
 
 
「脱原発の姿勢を2030年までにしてよ」
ってか
 
 
アホの顛末は底無しに堕ちる。
 
 
 
世界最低を競う劣等原発技術は、
無駄に無駄、無益に無益を重ね、
アジア諸国にも敵わないほどに、
劣悪ロボコン程度の技術だけで、
一台何億何十億のゴミ確実ロボット何台
 
 
6年経っても中さえ見渡せないで、
「新ロボット開発」の自慢はゴミ
 
 
原子炉の下にも届かないサソリ具。
 
 
失敗に次ぐ失敗の果てに「霞の影」
みたいな映像が撮れた、と沸いて、
何と驚く勿れ、この気違い東電は、
「画期的な成果」などと会見する
 
 
揃いも揃ったバカ記者相手に、だ。
こんな気違いの関わる原発なんだぞ
 
 
蓮舫の頭も一緒に狂ってしまったか
 
提案型と言った時に狂ったも同然だ。
 
 
 
狂った政治に狂い続ける不毛国会。
 
冷酷な社会に日本の国民が暮らす。
 
 
その冷酷さに負けない程にオイラも、
兄が亡くなって間もないというのに、
嘆きと無縁の憤激を綴るという冷たさ。
 
 
 
 
、忘れるところでした。
 
 
この度の訃報ごとにつきまして、
篤い励ましのお言葉をいただき、
気力の支えにお力を授かりました。
 
 
本当に、本当にありがとうございます
 
 
なるべく弱り気味のこの身体にも、
死に急ぎを思い止まる活力を備え、

今暫くは世の行方をみる心算です。
 
 
 
 
 
 
Lem Winchester - Blues Prayer (1960)
https://youtu.be/dxpD7_nZ1uI
 
めいろの:夜更けの躰娑婆】2017.2.17
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

立ち眩みがする・・・・、という時も、
とても気分が悪くて堪らないのですが、
立つことが出来るのであればまだ良し。
 
 
立ち上がることにさえ息切れする数日。
 
 
古希70歳超えた去年からも相変わらず、
さして身体の維持強化に励みもせずに、
疲れや息切れを覚えて嘆くロクデナシ。
 
 
人も言ってくれるけど、自分でも思う。
 
 
いつまでも50歳60歳のつもりでいるか
 
肉体の衰えに気が付いても遅いんだぞ。
 
と、分かっちゃいても、気づかいは別途
 
 
我が先行きのことなんてどうでもいい
と反射的に頭に反射する反社会的頑固。
 
 
いつまでもあると思うなこの世での命。
 
 
去年の6月に70を超えたということで、
生き残っている5人の姉妹兄弟全員が、
還暦を過ぎて亡くなった父の代わりに、
暗黙の長生きを競い合うようにしたか、
揃って70代以上の高齢者血縁の繋がり。
 
 
繋がり、といっても貧しき家族の絆で、
互いに暮らしの日常はそれぞれが遠く、
互いに貧乏承知の上での疎遠の関わり。
 
 
 
オイラのこのところの異常な疲労感は、
多分に虫の知らせにもなっていたのか、
夜が訪れ、暫くして知らせが届きます。
 
 
故郷、国東半島の田舎都市からの訃報。
 
 
父母の墓を見守ってくれていた長兄が、
息を引きとったという声の響きでした。
 
 
今年の暮れまで生き抜ければ、80歳の、
傘寿を迎える歳になっていたのですが、
今年を迎えるのが精一杯だったようです。
 
 
もう10年ほど前から脳梗塞が6回~7回。
 
今度倒れたら終わりよ、の繰り返しで、
とうとう、さすがに2年前から病床の息。
 
 
一週間程前から物が喉を通らない、
という状態が続いていたようです。
 
 
意識はハッキリしていただけに尚辛く、
義姉の苦労を思えば哀しい事ながらも、
覚悟あっての「解き放ち」なのでしょう。
 
 
よくぞ連れ添ってくださいました。
 
 
母と父がいてくれるでしょう別の世で、
まあ、今度は賑やかに3人が揃ってか、
この世のオイラたちを眺めながら待つ、
のでしょう。
 
 
あれこれ気を揉みながら、でしょうが。
 
 
 
田舎暮らしでは、一番仲佳き兄でした。
 
 
寂しく、哀しく、苦しくはありますが、
これとて、必然さだめ
 
 
どっちかと言えば、長生きした、よな。
 
 
 
安倍晋三に「殺されてしまう」という、
理不尽の実感を味わう前に逝ける幸い、
というものかも知れない、のですから。
 
 
 

夜分に勝手な個人の報綴りで失礼しました
 
 
 
 
Carlos Santana ft. Sadao Watanabe - Chill Out
http://www.youtube.com/watch?v=YZvSlVA4cqM&feature=player_detailpage
 
めいろの:遠近両用心眼にて】2017.2.16
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

 

デフレ・インフレ、経済の常。

 
 
脱却脱却と叫び続けるバカがいる。
 
 
 
 
 
ゴロツキどものクソ政治
 
 

先を描ける脳もないのに、
クロッキーは無残な速写。
 
 
どこから見ても訳分からん。
 
 
次から次に散々銃の速射砲。
 
 
 
 
 
昨日からグロッキー気味で、
意識が敏感だけに疲れは酷。
 
 
 
 
週明けからの綴りは未だ転結を見ず。
 
 
 
 
 
【めいろの:ロケット暗殺:安倍の逃げ】2017.2.15
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。