感性のめいろのブログ

自分の【願いと希望】はテキトーに程々のところで、 
心と頭に浮かぶゴタゴタのことごとを、とことん奔放に綴る“滅世ー辞”です。


テーマ:

 

 

 

まるっと二日ほど
表示の文は足踏み。
 
 
最低気温:マイナス3.5℃、
最高気温:2.4℃の郡山市、
の週末でした。
 
 
冷たいっちゃ冷たい日でしたが、
世情の様相に感覚を泳がせますと、
零下30℃位の冷凍状態のような国。
 
 
冷凍状態で60年も眠り込んだまま、
溶けたら劣等生物だった安倍晋三。
 
 
眠り込む前からして、そもそも、
10万年も昔の太古の原生人種か、
知能を有する以前の無脳生物か、
従って退化という表現が使えず、
胸が閊える思いで表わす化石脳。
 
 
100の問題の内でどうにか解けた、
のが3つか4つ程度の極貧知脳で、
その3つか4つが世の中の全てのように、
冬眠状態冷凍脳の安倍晋三演説。
 
 
 
施政放心悶絶
 
 
この腐った下等物の姿を見る気もなく、
音でも聞こうものなら吐き出しかねず、
なので、
Webのページで文字を拾い出しますと、
さすがのNHKも全文の表示を残せない。
 
 
そりゃそうでしょう。
 
 
文字だけ新聞は文字の「全文」ですが、
電波のNHKでは「音」が加わります故、
とても知能ある人間さまには伝え難い。
 
 
それほど飛びぬけた気違い演説でした。
 
 
 
今日の時点でもこのバカ安倍の音には、
1行たりとも指を動かす気持ちはありません。
 
 
己の命を懸ける気などサラサラなくて、
然も己が相手に向かう危険も侵さずに、
ただ近隣・近海の脅威を言い訳にして、
防衛に備えようなどと逃げ回る腐れ物。
 
 
自国の国民を戦火の危険に晒しやがる。
 
 
アメリカの手の平で踊らされるバカは
アメリカが作る脅威の洗脳剤中毒患者。
 
 
堂々と己の知恵で国を守ると言ってみろ
 
 
どチンピラがチンピラ相手に苛められ、
一体誰に泣きついてんだよ、バカタレ
 
 
 
20日金曜日。
 
 
日本の通常国会招集と安倍の悶絶演説。
 
 
同じ金曜日。
 
 
米国では14時間遅れで新大統領就任式
 
 
 
国民が生きる社会は日本であろうのに、
日本の国民が日本の国民でありながら、
日本の国民であることを忘れてしまう。
 
 
他国に何ひとつ干渉できもしないのに、
他国の「好ましくない」観測につられ、
自国の「好ましくない」現実には失念
 
 
己の国がどこなのか、ぐらいのことは、
頭に描いているのでしょうかしらねえ
 
 
「一体どうなることやら」って、今頃
 
 
 
 
今朝のサンデーモーニング。
 
 
欲張り人生堪能の原発核脳大宅映子が、
トランプの就任演説にご都合の解釈で、
「まるで、ヒトラーが演説している」
ような印象を受けたなどと言っている。
 
 
この5年余りの日本の現実をソコ除けに、
死に損ないのアホ老婆は気楽なものよ。
 
 
トランプの演説が「ヒトラー演説」なら、
これまでの安倍晋三の演説は何なのさ
 
 
ボケっ
 
 
 
トランプの就任演説に含まれていた文言。
 
 
「きょうの就任式はとても特別な意味を持ちます。」
 
の表現のあと、演説は以下のように続きました。
 
「2017年1月20日は、国民が再び国の統治者になった日として記憶されるでしょう。 忘れられていた国民は、もう忘れられることはありません。」
 
 
 
「国民を忘れた存在にしている」ことは、
安倍晋三の政治では初めから終わりまで、
この4年2ヵ月間の現象が示している通り、
日本という国で安倍が行ってきたことでしょ
 
 
「異例の」や「異常の」という導入句で、
新大統領就任に一喜一憂の世界とはなに
 
 
 
トランプが「止~めた」と言わない限り、
大統領予備選はトランプ嵐が吹きまくる、
と去年の春先の綴りに入れ込んだ内容に、
アメリカ自身が「内乱」になればヨシで、
別に世界がつられることではありゃせん、
 
と表現した気分からすれば、アホらしい。
 
 
 
 
 
木曜日からのプッツンに、
おかげ様でまだ元気です
の印し代わりの字起こし。
 
 
 
 
脳 散らす
■Bob James - Nautilus
https://youtu.be/-BP1_1DpeBE
 
【めいろの:日本の総理アメリカの財布】2017.1.21
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(3)

テーマ:

 

 

 

盾吐く音の他に立てる音は無し。
 
 
 
 
おとなし苦、
 
オトナ死ね
 
 
 
 
晋三、お前が真っ先に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頓挫ならぬ鎮座中
 
 
【めいろの:人非人の国民反故政策】2017.1.19
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(2)

テーマ:

 

 

ひとつ割り込みを挟んで。。。。
 
 
 
安倍政権のスタートとなった年、2013年は、
人間国家に於ける「政治の崩壊」の始まり。
 
 
「憲法を変える」の大合唱を煽動しながら、
憲法を無視して強行採決閣議決定による、
憲法違反の法案を国民に強制強要してきた。
 
 
立法府の国会が全く意味を為さない無法国。
 
非合法を合法にせんが為の存在が安倍晋三。
 
 
日本の社会は非合法の制度の下に築かれる。
 
 
 
昨日の綴りに関連の内容になりますが、
大統領就任式を20日に控えるトランプ。
 
 
日本では読売・産経が率先しての通り、
不支持率51%を「異例の数値」などと。
 
 
大統領選までを通じて去年の一年間は、
米国59メディア内の57が不支持を表明。
 
つまり、「99.67%」は不支持でした。
 
 
“隠れトランプ”を言い訳にしながら、
ヒラリー大統領だけは絶対に嫌だ」
の「人物像深層」には踏み込みもせず。
 
 
メディアとは別世界の米国民も多い。
 
 
綴れば暗礁に乗り上げそうですので、
一旦「何を仕出かすか」の報道騒動。
 
 
サラッとワールドニュースを見ますと、
マスコミが日本の魔巣ゴミとは異なり、
世界各国それなりにそれぞれの国々で、
トランプ沙汰を各メディアが伝えます。
 
 
その中で日本のザマほど稚拙な景色は無い。
 
 
世界観に欠けるトランプ前提はともかく、
暴言だの異常だの険悪だの、はたまた、
「どうなるか分からない」ことに備え、
就任後のトランプの動向を注視しよう、
などと「物知らず」物分かりを偽る
 
 
肝心の日本が「どうなっているか
から逃げるための材料がトランプだ。
 
 
 
精神錯乱で我が子4人を殺した母親。
 
精神異常だったから罪に問われない。
 
 
一方、安倍晋三を見習う意気込みは、
身動きも自在にならない人間相手に、
社会の無駄だからと無差別大量殺人。
 
 
犯罪の動機、罪の要因はそれぞれで、
繋がらないように思われてはいるが、
日本社会の現状に蔓延る因果の連綿。
 
 
人間の「非人間化」、即ち「人工化」
 
人非人が取り組むことはそれしかない。
 
 
 
親離れ、子離れ、という家族の基本も、
親は親、子は子、の関係を保ちながら、
なぜか成り行き任せの「離れ離れ」で、
“獅子の子落とし”ケジメなどない
 
 
時に「まさか、うちの子に限って」となり、
唖然茫然愕然の憂き目に遭う親もいる。
 
かと思えば「心配かける」思い遣りで、
イジメに耐える道しか知らぬ子もいる。
 
 
安倍晋三は「そんなの関係ねえさ。
 
「そんなの関係ねえ!」どころか
率先垂範のイジメ暴力殺傷の推進役だ。
 
 
生きるか死ぬか、の人間社会にあって、
殺すか殺されるか、の非道外道の開拓。
 
 
これが自民と公明が守る官邸政治の晋。
 
 
 
人間の地球自然か、地球自然の人間か。
 
 
宿命を過つグロ-バリゼーションの波は、
人間の徳を悪しき本能欲の渦に巻き込み、
経済という名のグローバリゼーションとなり、
人間の「生き死に」の宿命をも翻弄する
 
 
人間が築いた筈のグローバリゼーション。
 
 
ホンのひと握りの人間たちの富によって、
人類がグローバリズムに溺死を迫られる。
 
 
危険というのであれば、トランプは寧ろ
グローバリゼーションンを破壊する人間、
と見做せばよろしいではないか。
 
 
何をするか分からない、で困るのは誰だ
 
 
懸命ならずとも自然の賢明は人々にある。
 
安倍晋三に「無い」だけのことよ。
 
 
国民の命が失われる連日連夜の日本社会。
 
国民の犠牲に安倍晋三の脳に悼みは無い。
 
人間の痛みを感じる神経が元々傷んでいる。
 
 
経済が絡み「作り物」が壊れた時だけは、
その作り物の利権を前提とするから哀悼。
 
 

大津の事件、川崎の事件、埼玉の事件、
頻発する事件全て別々の問題ではない。
 
 
理不尽なありとあらゆる犠牲の根源はアベ。
 
 
野鳥や鶏の陽性反応でさえ安倍が原因だ。
 
人でなしの殺人鬼にでもならない限り、
5万羽7万羽ものトリを瞬時に殺処分する、
という業などとても出来るもんじゃない
 
 
原子炉発の核ウイルスは瞬時を先延ばし、
やたら静かに時間をかけての大量殺処分。
 
 
安倍晋三でなければできないことだろうさ。
 
 
“静かなる殺人”は従って、人目を逸らし、
他の方向に「危険だ危険だ」と言い触らす。
 
 
イジメの親玉は外の力に屈するだけで、
イジメの親玉にとりつくチンピラ達が、
威光を振り翳して、イジメの遣り放題。
 
 
トランプの一挙手一投足にビクビクし、
安倍晋三がどんなに威張ろうとしても、
プーチン、習近平、金正恩はもちろん、
世界の首脳様には親離れできない安倍、
 
という未熟さを疑う余地もなく完熟知。
 
 
安倍晋三が外に向かって何を言おうと、
米国から子離れできない未熟を知って、
故に世界は金目以外では相手にしない。
 
 
獅子奮迅のつもりでも憐れな死屍粉塵
 
 
「いい加減に親離れしたらどうかね」
と言われていると思えよトランプから。
 
 
奴隷解放絶好機なんじゃないのか
 
絶交の絶好機、でもあるのさ。
 
 
まあの、未だに親離れしきれん晋三だ。
 
独り立ちには途方に暮れるだけの愚物。
 
 
 
 
さ~て、これからの段取りは、
独り暮らしを1カ月の一旦停止で
雨天なきジンクス継続の東北行。
 
 
 

Bob James Trio - MIND GAMES (Live)
https://youtu.be/qP52BVOlbtM
 
【めいろの:一念発起は毎年でも平気】2017.1.17-
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

 

ただ生かされ、そして活かされて、
やがて哀しく逝かされる、だけか
 
 

阪神淡路大震災から22年。
 
 
犠牲者:6434人
 
 
今なお残る、傷跡・後遺症。
 
 
深い傷跡は人の心の中に。
 
 

地獄を思わせる悲惨な1995年の1月から、
どうにか表向きには復興までの3年半を、
人々とコンクリートの瓦礫と過ごした神戸。
 
に思いを馳せ、
 
福島の現実と複雑に絡み合う慟哭と共に
 
 
 
哀悼
 
 
 
 
 
重い想いを背中に明日は福島。
 
 
 
 
Leonid Kogan - Sarasate Zigeunerweisen, Op. 20
http://www.youtube.com/watch?v=GGdGXuVk-7E&feature=player_detailpage
 
【めいろの:何を復興させたいのか】2017.1.17
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

要するに、“親離れ子離れの問題。
 
 
役に立たない腐ったつまらん爪楊枝が、
全て物ごとの嚙み合わせを狂わせる
 
 
未来将来を語る知脳など皆無の安倍が、
福祉や教育や文化を壊すのは当たり前。
 
 
親離れすら出来ていない安倍晋三から、
少子高齢化問題など笑止千万の戯れ言。
 
 
将来を見据える年金対策など蚊帳の外。
 
トランプの賭場でババ抜きに東奔西走。
 
 
 
誤輪の五輪にしろ豊洲の痴情にしろ、
東京という頭狂地帯の痴態状況では、
小池百合子の目をチラ見するだけで、
腐ってると一瞥明瞭一目瞭然なのに、
なんで感じることが出来ん、のか
 
 
と、ホトホト情けなくなってきます。
 
 
 
高市早苗、稲田朋美、丸川珠代、他、
大臣を名乗る自民の「汚ナゴ」達や、
安倍晋三賊の腐蝕政権に纏わりつき、
頻繁に民意を逆撫でする汚ンナ仮面。
 
 
目を見れば、口の動きをみれば明白。
 
本性本分本音に殆ど違いは無い
 
 
それでも敢えて違いを挙げてみると、
例えば、稲田朋美と小池百合子とで、
稲田の場合は己が「バカである」自覚なく、
バカそのものがそのままバカを通していて、
小池の場合は己が「バカ」に過度に反応し、
「あたしはバカではありませんのよ」と、
バカに成りきることができない本物のバカ。
 
 
たった一枚の壁板に守られている稲田朋美。
 
複数頭狂マスコミが守っている小池百合子。
 
 
自らの口から発せられる殆どの語句に必ず、
付き纏う「韻」の響きが長いか短いかの違い。
 
 
稲田は自身「何を喋っている」のか不明で、
小池は如何に不明を「飾りで誤魔化」すか、
の違いから言葉を語るときに「韻」が着く。
 
 
 
去年の11月以来、サッパリご無沙汰だった、
テレ朝のモーニングショーに目をやります。
 
 
 
羽鳥と玉川が口を揃えて喚いていましたわ。
 
 
「小池さんじゃなかったら豊洲で商売中」
ということになっていたわけですよね、と。
 
 
バカが。
 
 
これまでの何年も野放図を許してきたのは、
お前等のような下等マスコミじゃないかっ
 
 
「小池じゃなかったら」などとのたまう前に
お前等自身の無頓着・無責任を先ず恥じろ
 
 
都民ファースト、アスリートファースト、
東北ファースト、なんでもファースト
何も掴めないファーストミットを揃えて、
今度は消費者ファーストを捻り出しつつ、
都議選を葬儀会場のようにしていくんか
 
 
 
ありゃっ
 
 
蚊帳の外の話しから、晋三が迷子になった。
 
ホントに迷子になって果ててくりゃいいが
 
 
 
オイラの回路は改めて配線し直そう
 
 
 
 
 
【めいろの:敗戦確実の安倍晋三回路】2017.1.16
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

オバマがイタチの最後っ屁で、滅っ茶苦茶
 
 
大統領自由勲章(Presidential Medal of Freedom)
 
 
友人であるあなたに我が国最高の栄誉、
大統領自由勲章を授与します
 
 
オバマ黴菌の伝染厄バイデンに勲章だと。
 
 
8年前の予備選に立候補していたバイデン。
 
 
始まったばかりの1月には早くも撤退して、
オバマがサプライズの副大統領候補に指名。
 
 
いざ本選の大統領選挙という11月の時には、
なんとチャッカリ上院の選挙に名を連ねて、
どっちに転んでもいい備えを用意していた。
 
 
2人だけの深い友情という単なる私情から、
大袈裟な勲章授与で勝手に幕引きを飾る。
 
 
深い友情も人社会にとっては不快な無常
 
 
日本では安倍晋三が票集表彰の大特売で、
国民栄誉賞を飾りの表札みたいにするが、
現実の人間世界の歴史が悶絶しそうな愚。
 
 
 
それにしても、
なんとも貧弱脳の日本と国民であることか。
 
 
大統領就任前からトランプ、トランプで、
日本のメディア全部が「日本はどうなる」
と、トランプを危険人物扱いで取り扱う。
 
 
その扇子が起こす臆病風に振り回されて、
何と国の現実現状の無軌道はどこへやら、
安倍晋三の極悪非道の汚れを薄めさせる。
 
 
どんだけ情けない認識脳かと嘆かわしい
 
 
アメリカの生中継現場の会見からしても、
例えばトランプが「You」と呼びかければ、
日本のマスコミの字幕や吹替え音からは、
なぜか「お前」呼ばわりにされたりする
 
 
日本の中のアホ国民はそれを見聞きの程度。
 
ボケ・バカ・アホ洗脳の典型がこのザマよ。
 
 
大統領予備選突入の去年の今頃を忘れたか
 
 
ヒラリーが大統領になれば、世界の終わり、
と分かり切った上で後は野となれ山となれ、
の一年の流れが現在に至っている筈なのに。
 
 
とまあ、こう表現したところで、まだまだ、
安倍晋三を見抜けないのと同じ鈍感力で、
国中に振り撒かれていたヒラリーありきが、
後ろ髪の余韻となって感覚を冒されている。
 
 
トランプタワーに小指で誘われた安倍より、
トランプに会ったドゥテルテに世界の耳目。
 
 
アジアの沈没人形:安倍晋三が見栄を張り、
そのドゥテルテのフィリピンに1兆円の土産
 
 
アジア・アセアン域で主導権を、などと、
安倍や菅が事ある毎に口に出したがるが、
どんなに足掻いてみたところで蚊帳の外。
 
 
そんなことも分からんかなのではなく
潔さを失った腐れ政治と外交の低貧脳が、
悪足掻きから「認めたくない」だけのことよ。
 
 
まだまだ捨てたもんじゃない、のボケは、
小泉の時代から使い古されている見得針。
 
 
迷走とか混迷とかで混沌を覚悟させる、
という趨勢作りの舞台の奥に目を置く、
ぐらいの神経感覚をもって観ること
でっせ。
 
 
世界の潮流なんてのは波より遥か下の、
深~い流れとなって不気味に動いてる。
 
 
なんでトランプの一言一句に釣られて、
一緒に飛んだり跳ねたりするのかしらね。
 
 
日本向け日本マスコミの劣等情報伝播に、
素直に向き合っているとアホの仲間入り。
 
 
「危険な大統領」の洗脳薬を飲まされて
日本の現実の悲惨非道には失念から亡失。
 
 
晋三がフライパンの中で踊ればいいじゃん
 
 
バッカバカしい。
 
 
 
 
 
Jimmy Smith - Theme From Joy House
https://youtu.be/QuwosyONsDM
 
【めいろの:洗脳下で進む戦争化】2017.1.15-
 
 
 
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(2)

テーマ:

 

 

暑い夏は夏で暑がりのオイラですが、
冬が来れば来たで寒がりに変わって、
という柔軟性に富んだ素直な体質で、
時折り自然の冷徹さに悩まされます。
 
 
余りに寒いもんですから、ついつい、
それでなくてもヤセ精の出不から、
閉じ籠りの時間に追われる週末です。
 
 
社会との接点がほとんど無いからか、
曜日の感覚がぼやけてしまいそうで、
思えば昨日が土曜日だったのですね。
 
 
オイラは今日が日曜と思ってました。
 
 
 
 
西日本一帯を含む本州全域で吹雪積雪。
 
 
折りしも成人の日が過ぎたばかりの時、
高校生は害学・・・・、ごめんなさい
大学進学へ大切な関門、センター試験
 
 
マスコミからは「滑った、転んだ」と、
縁起の悪い表現が四六時中の氾濫
です。
 
 
世の中というか、世界の全汚染材料を、
安倍晋三が国民の背中に負わせます。
 
 
しわよせを背負わされる不幸せな国民。
 
 
 
気温2度、体感温度は氷点下でしょうか、
降りしきる雪の凶と出・・京都では、
身震いしながら、の全国女子駅伝開催。
 
張り切る女子選手が余りにも気の毒です。
 
 
安倍晋三さえいなければ寒くても陽射し
 
安倍がいるばっかりに非刺しに見舞われる日本。
 
 
 
 

耳目を少し傾ければ、あ~れあれ、と、
世界最軽量のロケット打ち上げ大失敗
 
 
NHKは「失敗」を「中断」などと報じます。
 
北朝鮮中央放送と同じですな、全く
 
 
そよ風程度の上空気流にオロオロして、
打ち上げ延期に逃げた挙句にこのザマ。
 
 
大気圏を尽き抜ける知能に欠けてます。
 
 
中学生か高校生が河川敷で飛ばすなら、
飛ばんでもとんだことにはならないが、
成果作りにトチ狂った日本のアホ技術。
 
 
この項は近々、別の機会に改めて。
 
 
 
 
築地市場の豊洲移転に「黄信号」だって??
 
 
自公政治、霞が関、都庁、利権経済。
 
ロクな思案もないまま、シアン検出
 
 
まあ~だ「信号」に頼ってる段階なのか
 
 
安倍政権の日本に青信号など不可能です
 
 
豊洲開設の決定判断に影響を生じるとか、
市場移転の結論時期に遅延をきたすとか、
これでも「移転ありき」の東京食文化か
 
 
半年以上の不毛時間を駆け引きに費やし、
疾っくに「赤信号」と言うべき去年から、
結果は証左の必要も無用な撤回証明だろ
 
 
継続するという無意味な科学的分析より
お前らの人間的精神分析からやり直せっ !!
 
 
環境基準の79倍となるベンゼンのほか、
検出されないことが前提のシアンの検出。
 
 
それでも大学の気違い教授たちのバカは、
「飲んだからといってすぐに影響が出る水準ではない」
などと言って銭稼ぎの窓口を持ちたがる
 
 
1トンでも3トンでも家に運んでもらって
それでお茶飲んだりメシ炊いたりするか
 
 
研究室の学生らと一緒に休憩をする時に、
インスタントのコーヒー紅茶を飲むのんか
 
 
 
これらの専門家と称する学者への質問に、
このぐらいの確認を付け足ししないのか
とNHKに散々文句を突き付けた去年の夏。
 
 
そしたら、昨日のニュースでは、なんと、
去年は横浜あたりの大学教授だったけど、
首都圏を遠く離れた京都の学者から取材。
 
 
京都大学大学院工学研究科の米田稔教授。
 
 
同じく「すぐに影響が出る水準ではない」し、
「飲み水として利用しないことになっている」
と逃げ口上の準備までして取材に応じさせる。
 
 
安全ファーストよりも我欲の保身ファースト。
 
 
人間社会の圏外にいて人間を懸崖に追い込む
 
 
 
ま、オイラなんかどうせ圏外人間だけど。
 
 
 
圏外の域を更に拡げて行ってみると、米。
 
 
ババ抜き遊びのトランプ現象のアメリカ。
 
 
あ、これはまた別のテーマで綴りましょ。
 
 
 
今んとこ、オイラんとこの周辺の状況は、
絶対積もらない雪の降り方でつまらない。
 
 
こんな降り方は初めて、の方々には済みません
 
 
 
 
 
アベの憧れ 北のホテル
北の蛍
https://youtu.be/nlpMkS0ku24
 
【めいろの:七転び八起きれず】2017.1.15
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(2)

テーマ:

 

 

買ってない琴・・・・の音が勝手にね・・・・??
 
 
買ってないし飼ってもいない、けれど、
本来、飼われているだけの安倍晋三よ。
 
 
国民が飼っているのに、戦争に飼われる。
 
これほど有害爆弾装置は嘗てないほどだ。
 
 
誰か刈ってくれんか、アホ安倍晋三の首。
 
 
地球生態系破壊変換器となった安倍変換
 
 
 
人間の“生き甲斐”“死に甲斐”、と
狂気狂暴の巣窟:安倍官邸から凶暴共謀
 
 
安倍晋三賊は「ありがたいもの」の全てを、
人間社会の人々に決して与えないようにと、
常に共謀している故に、国民の連帯を怖れ、
通常社会の人々の団欒の様さえ謀議にする。
 
 
我欲独占を爆薬材にした安倍晋三の爆弾が、
日本の国民社会に投下されようとしている。
 
 
日本の市街地を死骸地にしたがる安倍晋三。
 
 
 
人々がせめて、「生きる意欲」をもって、
普通に「生きる希望」を語ろうとしても、
その語らいさえ「テロの準備」にされる。
 
 
生き生きと暮らす人間社会が、恨めしい
悔しい、見たくもないという安倍晋三種族。
 
 
まさに、ネトウヨが蔓延るネットの現状は、
人々の憩いと団欒を悔しがる地雷爆弾
 
 
安倍晋三の擬音症舎からカネの音が響く。
 
 
自公政治の“人殺し作戦”のスタートは、
安倍晋三を総裁にした2012年に始まって、
麻生太郎の「ナチスを見習え」で本格化。
 
 
沖縄の2紙が日本を覆う媒体だったなら、
安倍晋三は一年も経たずに消えている。
 
 
国の航海の先に戦艦潜水艦爆撃機
 
 
後悔、先に立たず。
 
公開、役に立たず。
 
 
 
 
 
そなたはどなたでどうなった
ベートーヴェン「月光」 Beethoven "Moonlight Sonata"
https://www.youtube.com/watch?v=9Qw_XDPi5Uw&feature=player_detailpage
 
【めいろの:内閣からの感冒ウイルス】2017.1.14
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(3)

テーマ:

 

異質物置かん・・・・汚棺的悪寒話しあり
 
 
 
大腸炎の仮病脳から出てきた一兆円

でしか存在できないものかね。
 
 
東京では
下半身も脳ミソも利権に制されている小池が、
過半数を制したいと都議選に死亡塾の皮算用。
 
 
笑っちゃいます。
 
 
 
 
今日は金曜日、、、、で13日。。。。
 
 
なんか、いいことでもありそうな。。。。
 
 
 
今んとこ、晴れてはいるが気温は6℃位。
 
予報では、これからもっと下がる、とか。
 
 
 
寒いと感じて思い出すのは田舎の頃。
 
 
高校では柔道が必須科目になっていて、
その柔道がある日に柔道着を家に忘れ、
柔道着で運動場を走らされる友を眺め、
雪の降る寒い校庭に裸で立たされた事。
 
 
見るからに頑丈な体形でもなかったし、
子供の頃から寒がりだったけど罰は罰
 
 
極寒の鞭打ち感覚の記憶は残ってない、
が、意識を失ってでも「立ってやる」と、
思う気持ちだけはハッキリ覚えている。
 
 
聞き分けのいいオイラじゃなかったけど、
あの頃は先生も教えの親と同じだったな。
 
 
先生と言えば教師。教師と言えば狂死
 

人生過程が全て狂死状態の凶シもいる。
 
 
いつまでも家庭から脱皮さえ出来ずに、
家庭教師を名乗る害虫が飛び回る時代。
 
 
人間さまの団欒がそんなに悔しいのか、
他人の集いに見境なく飛び込む糞害虫。
 
 
洗脳薬の中毒に冒されて首縄に括られ、
腐臭だらけの生ゴミ屋敷に閉じ籠って、
人間社会の仕組みひとつ知る脳もなく、
生き物その他、にも含まれないダニが、
賢者のページに下品な文字を散らかす。
 
 
ピンとくる人も多分におられましょう。
 
 
已む無くも、人間に例えて表現すれば
アホやバカの領域にも届かない下の下。
 
 
ただの死民が市民のつもりになってます。
 
 
ネトウヨでも「その他」扱いの害虫が、
久しぶりに賢者の枠外のオイラに向け、
「通報します」などとイキがってきた。
 
 
この手の下アホは自活知能が無いから、
「通報」とか「報告」ということばが、
黄門さんの印籠と思い込まされている。
 
んですな。
 
 
黙っていてもアクセス増やしてくれる。
 
ありがたいこっちゃ。
 
 
人間に例えても単に棄損物なのですが、
惨い程に深刻なネット依存症だとしても、
カウンセリングやデイケアが効きません。
 
 
自覚知能が完全に働かないようにされて、
精神病の隔離病棟でネットに向かわされ、
ゲーム遊びの快感を味わうような生き物。
 
 
刑務所の中で検閲済みの紙しか目に出来ない。
 
鉄格子の窓から眺める外の景色に悶えながら、
時代の変化に取り残される収容人と変わらん。
 
 
そんな中でも相当イジメられてるんでしょう。
 
やくざのチンピラでさえコ馬鹿にするレベル。
 
 
意識が無いままなので、社会に交われば、
ブレーキとアクセルの区別もつかず激突。
 
 
実にあわれなことてす。
 
 
、こんなアホの下の下らが他愛もなく、
人殺し大作戦の歯車や油さしに使われる。
 
 
 
でもまあ考えてみると居間は清潔に、で、
害虫駆除というのも必要のようですから、
時間差はありますが、気づいたときには、
サッサとゴミ掃除だけはしておくことに
 
 
行き場を失ったゴキブリでも干からびて、
人目に付くと確かに気分は損なわれます。
 
 
オイラの場合は無条件晒し首にしましたが、
確かに生きた人の集いに紛れ込む害虫は、
取り除くほうが清潔と健全の場ですわな。
 
 
過程狂死エロ(変換するとこうなる)くん、
穴倉の中で「過去まで辿れよ」ご苦労さん。
 
 
 
過去5年半、綴りの回数3500余回の中で、
3回目ぐらいでしょうか、このように、
ネットの中の汚物を取り沙汰したのは。
 
 
 
余計な害虫物語を加わえてしまいました。
 
 
 
それはさておき、都庁と自都連と自本部
 
 
果物にしろ、野菜にしろ、肉類にしろ、
新鮮さを保つ活きた状態のままですと、
簡単に潰して混ぜ合わせるのは難しい。
 
 
腐ったもの同士なら実に容易に混じる。
 
 
「あたしゃ全く別物ですから」などと、
いくら小池がしな垂れかかろうと汚物。
 
 
お前も疾っくに汚堕ブツになっている。
 
 
 
 
これも小池事務所に通報してくれんかな
 
 
 
 
 
Chet Baker and Gerry Mulligan - It's sandy at the beach
https://youtu.be/FhoEk6ErPJU
 
めいろの:眼中胸中に害虫無用】2017.1.13
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

 

退位問題から早くも「年号変更」への道。
 

小渕恵三が手に掲げた「平成」の映像が、
安倍晋三の未熟児脳には羨望でしかない。
 
 
とにかく「己の代」のうちに何が何でも、と。
 
 
 
幸せの箱舟、邪魔だから遠くに運ぶね
 
 
必札ガラクタ運び任:アホンゾー
 
 
今度もまたバカ丸出しのまま外面を飾り、
アジア、豪州の4か国を回る日本の小蠅。
 
今月始まる国会に備えて「成果」の偽造。
 
 
NHKでは安倍巾着内の岩田明子のような、
日本の実態社会とは無縁のボケ記者等が、
提灯持ちの随行員となって偽装報道する。
 
 
このバカたれが意味も無く外に出る度に、
日本の幸せが手土産として運び出される。
 
 
僅かホンの4年の間に、50回か60回か
 
 
もう70回にも及ぼうかという海外バカ飛散は、
外交という名で黴菌が行こう傾城害交
 
 
世界と日本に確実に生じた影響は唯一点。
 
過激テロを欧州とアジアに拡大させた事。
 
 
世界「狭し」といえるこんな今どきでも、
「あべしんぞう」の名前では通用しない。
 
 
日本の国の代表としてしか外に出られす、
こんな無能物が日本の看板を面につけて、
プーチン一人に10回も15回も会いながら、 
見知らぬ時の関係の方がマシというザマ。
 
 
安倍晋三だけで日本はロクデナシになる。
 
 
「国民なんてほんとチョロイもんよ」とばかり、
官邸は自公の傘下に囲い込んだ限界集落。
 
 
周南市金峰(みたけ)での殺人放火事件は、
まさか殺されるとは思わない老人の集落で、
10年以上に亘り繰り返されたイジメが原因。
 
 
死ね、と思っても「殺される」とは思わない。
 
 
これが「タブセ」で表現される脅威の意味。
 
 
陋習の歴史が積み上げた人間の醜い習性だ。
 
 
人間が人間として相手と対峙、向き合う時、
(その相手は人間であり、動植物でもある)
先ず、相手を知ることが最も重要な一歩で、
知る事には相手を思いやることが含まれる。
 
 
陋習に縛られた老人たちに配慮の心は無い。
 
集落の老人それぞれが長老気分でしかない。
 
 
2013年から日本の首相官邸が当に田布施。
 
 
日本の内外で国民の犠牲が報道されるとき、
安倍晋三が犠牲者への「哀悼」を示すのは、
必ずテロか自然災害のときに限られている。
 
 
イジメや暴力、貧困や介護で亡くす命には、
哀悼の意を表したことは一度たりとも無い
 
 
何故か。
 
 
災害には復興の名目から霞が関利権が絡み、
テロには断固非難の名目で武器が絡むから。
 
 
辺野古や高江で県民や国民が傷つこうが、
福島の原発放射能の因果で人が死のうが、
安倍晋三に哀悼に結びつく心など無い。
 
 
これこそが安倍晋三の本質であり、
絶対に首相にしてはならない
最大の理由以外の何ものでもない。
 
 
本来「限界集落」の表現が意味するのは、
人間の社会的共同生活に於ける限界だが、
安倍晋三の場合は高村正彦を表に立たせ、
官邸をイジメ嫌がらせの陋習の場にした
 
 
今や若手の議員までが「安倍の一言」で、
国民とは「チョロイもんだ」と酒浸りだ。
 
 
 
国民の全体参加を最も恐れる非国民たち。
 
 
安倍は当然として麻生や高村、二階らの、
売国の非国民の老害物が集塵機となって、
自公の党名を使いながら政治家を囚人化。
 
 
そして国民参加を厚い壁で閉ざしたのが、
いうまでもなくNHKという偽装報道媒体
 
 
読売・産経なんてのは、発足の当時から、
戦争宣伝のチラ紙であるとは知れている。
 
 
 
 
さんか、参加、傘下、惨禍。。。。
 
かんげん、甘言、諫言、還元。。。
 
 
 
傘下甘言・・・・めいろが変換すればこうなる)
 
 
さんかかんげん・・・・無反応。
 
 
 
酸化還元は相伴って自然界では反応し合う。
 
あらゆる物質は反応するし、人間も反応する。
 
 
平和の名の元に戦争の仕組み作りに反応する。
 
同盟を謳う傘下の網が人間を殺す惨禍に還元
 
 
惨禍還元
 
 
その傘下にあって、甘言ばかりの狂想管弦楽。
 
傘下甘言
 
 
諫言を為すものが一人としていない陋習官邸。
 
諫言を呈するものが消されていくマスコミ界。
 
 
 
そして、誰もいなくなる。
 
 
 
タイトルは続く・・・・・
 
 
 
 
 
 
【めいろの:黙思黙視では黙死も同じ】2017.1.12
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。