南北統一の唯一の扉である開城工業団地(ケソン工業団地 )が再開されることとなりました。いやー!良かったですね!
ケソン工業団地が閉鎖され、北朝鮮からミサイルが発射されるかもしれない事態となり、戦争にも発展しかねない状況となりましたが、なんとか治まったようです。

 北朝鮮は6日、韓国と共同で開発する開城工業団地の操業再開などを話し合う当局者会談を韓国側に提案したそうです。
これを受け、韓国の柳吉在統一相は6日夜、閣僚級の会談を来週、ソウルで開催するよう呼びかけました。

 柳統一相は、協議では離散家族の問題についても話し合うよう呼びかけた他、北朝鮮が3月に遮断した板門店の直通電話を7日から再開するよう求めたそうです。

 北朝鮮の祖国平和統一委員会 にせよ、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領 にせよ、双方の言葉にはまだまだわだかまりがあることを隠せないようです。しかし、何はともあれ、お互いの歩み寄りのきっかけはつかめたようですので、これからの協議に期待するしかないようです。



※ 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)

AD