【モスクワ大前仁】ロシア大統領府は26日、韓国哨戒艦「天安」の沈没に関する声明を発表し、「真相を究明し、誰が個人的な責任を負っているのかを明らかにすることが重要」との考えを示した。同時に、「すべての関係国は緊張を拡大させないために自制と忍耐を発揮することが大切」と呼びかけた。

 韓国は国連安全保障理事会への対北朝鮮追加制裁決議案の提出を視野に入れ、常任理事国のロシアに対して調査結果を伝達していた。ロシア政府は韓国の調査結果の信ぴょう性を確かめるため、専門家を韓国へ派遣することを決めた。

民主「参院選惨敗」予測 「40議席割る」に党内動揺(J-CASTニュース)
普天間問題 社民、岐路 首相発言も「合意反する」(産経新聞)
加藤被告に刺され死を覚悟…「仕事や家族、全てのこと考えた」(産経新聞)
シー・シェパード初公判 元船長、侵入を正当化 「背景にいろんな事情」(産経新聞)
熊野灘フェリー事故 「ありあけ」の引き揚げ作業開始(毎日新聞)
AD