宮川医療少年院(三重県伊勢市)は25日、男性法務教官(31)=4月1日付で異動=が収容中の少年3人に、右腕をたたくなどの暴行を加えたとして、戒告処分にしたと発表した。教官は「少年が規律違反を繰り返し、生活態度が改善されないため、たたいてしまった」と話しているという。
 同院によると、教官は2008年9月30日~09年4月ごろ、少年3人に対し、居室や面接室で少年の右うでをたたいたり、背後から頭部をたたいたりするなどの暴行を加えたという。3人にけがはなかったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
少年、遺族に初の謝罪の手紙=中2少女殺害、事件から4年
医療少年院の自殺で国が一部敗訴=ベルト貸与は注意義務違反
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行
謝罪受け入れ、再会望む乗客=傷癒えぬ遺族も

事業仕分け 第2弾 運転免許講習「独占的」…8事業廃止(毎日新聞)
少子化問題、雇用の安定へ有期契約の正社員を 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
<真夏日>群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
日韓首脳が電話会談(時事通信)
諫早干拓 長崎地裁の裁判官3人が現地視察(毎日新聞)
AD

コメント(1)