5年前に肝不全で死亡した女性=当時(74)=の長女が、兵庫県立加古川病院(現県立加古川医療センター)で肝障害を悪化させる薬を投与されたのが原因として、県に損害賠償を求めた調停が8日までに、神戸簡裁で成立した。県側が約300万円の解決金を支払う。
 調停調書ではこのほか、県側が遺憾の意を表明し、この薬の禁忌、副作用などに配慮すると定めた。
 遺族側弁護士は「調停でこうした条項を盛り込むのは珍しい。事実上過失を認めた」と評価している。 

「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調-福島消費者相(時事通信)
参院選前にも内閣改造=政府筋(時事通信)
<自民党>与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及(毎日新聞)
進むボーダーレス化 「開放」か「鎖国」か正念場(産経新聞)
<普天間移設>首相「月内に政府案」(毎日新聞)
AD