強制わいせつ容疑で逮捕され、不起訴処分となったアルゼンチン国籍の男(61)について、被害者の女性の申し立てを受けた大阪第4検察審査会が起訴相当を議決したことが19日、分かった。大阪地検が再捜査するが、男が帰国したため再び不起訴になるとみられる。
 議決は3月25日付。議決書や被害者側の弁護士によると、男は来日中の1月、大阪市内のホテルに宿泊。女性従業員(23)を個室に呼び出して抱き付いたり、キスしたりしたとして逮捕された。 

【関連ニュース】
児童買春容疑で補導員逮捕=女子中生2人にわいせつ行為
男児専門ポルノサイト摘発=全国初「少年愛広めたかった」
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官
小6にわいせつ容疑、消防士逮捕=「たくさんやった」被害届10件超

<仙谷担当相>官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討(毎日新聞)
“小沢2法案”波乱の目 「政治主導確立」「国会改革関連」(産経新聞)
GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)
両親殺傷 容疑で無職の23歳男逮捕 北海道・北見(毎日新聞)
男女間暴力、被害届前でも逮捕検討…警察庁(読売新聞)
AD