福岡県大牟田市の連続発砲事件で、県警大牟田署が12日、発砲音が聞こえたマンション2階の指定暴力団九州誠道会関係者名義の部屋を検証した結果、ベランダの壁や窓ガラスに弾痕が数カ所あったほか、室内から銃弾の一部とみられる金属片も数個発見された。この部屋には同会幹部が出入りしていたという。同会関係の別の民家からも弾痕が見つかっており、県警は暴力団同士の抗争の可能性もあるとみて警戒を強めている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
工藤会本部を捜索=ビル発砲、関与の疑い
西部ガス狙い連続発砲か=役員親族宅にも弾痕、けが人なし
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし
拳銃と実弾42発、山中で発見=強殺未遂事件で逮捕の男供述

名古屋の住宅密集地で火災、民家6軒延焼中(読売新聞)
山崎、野口さんが共同作業=コンテナから物資出す-同僚飛行士は船外活動(時事通信)
<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)
高速料金、実質値上げへ=建設財源に1.4兆円-上限制度案を発表・国交省(時事通信)
<シャトル>「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
AD