ぬるい戦争

テーマ:


聞いてください。


うちの近所のすき家は瓶ビールが毎回ぬるいんです。

冷えが足りないのレベルではなく、完全な常温。

元来、常温のビールを出すのは、カレーライスを皿だけで出すのと同じ・・・という考えの僕にとっては耐えられない事実。


さらに、『冷たいのありませんか?』と聞くと、店員さんが瓶を触り、『充分冷たいですが?』と嘘をつきます。

明らかな嘘。

あれを冷たいとするなら、お風呂は常に70℃の湯船につかってないと嘘です。

でも、僕は『じゃあなたの家の風呂の設定温度は70℃なのですか?』と言うのをグッとこらえました。

顔見た感じ、『はあ?』と言われそうな予感がしたんです。


その予感は的中しました。

常温のビールを『冷たいですけど?』とうそぶく店員さんの顔は何と言いますか、一切悪びれる様子のない、純粋でまっすぐな顔だったんです。

常温のビールを『冷えている』と信じて疑わない顔。

裏で『変なお客さんがいてさ。キンキンのビールを冷えてないと言うんだよね。変な人いるよね。』と今にも言いそうな顔です。


しかもしかも、その顔がとてもかわいい。

クリックリのおめめの超童顔の青年。


でもここで引き下がるわけにはいきません。

すき家のビールはコンビニで買うより高いのです。

コンビニによれば、もっと安く冷えたビールが手に入ります。

僕はこう言いました。

『じゃ、冷蔵庫の設定温度がおかしいのですね?』と。

すると童顔店員タケル君は(タケルっぽい顔だったので便宜上、タケルにします)、『冷蔵庫の設定温度については対応しかねます。』と、らしくないオフィシャルな返しをしてきます。

『このビールは冷えているし、冷えていないとあなたが感じたとしても、どう冷やしていたかはお答えしかねます。しかもこのビールは冷えているし・・・』というタケル君の言い分です。童顔で。

僕はこれ以上のタケル君との戦いはビールを冷やさないと判断し、終戦を迎えました。

そして、からだ全体の設定温度を30℃上げ、ぬる~いビールを、『キンキンだねぇ。』と思うことを自分に強要しながら飲んだのです。


しかもこのすき家、いつも瓶ビールが常温。

『ビールを冷やすな!常温を冷えてるとしろ!』は店の方針なのか、それともタケル君の罠か。


もしかしたら、僕はタケル君に騙されたのかもしれません。

もし今頃、タケル君が『ビール冷えてないとか言われたから、冷えてますって押し通したよ!』とケラケラ笑ってたとしたら・・・

タケル君の裏の顔、恐ろしいやつです。


     




AD

激闘鯨合戦

テーマ:

『激闘鯨合戦・後編』『激闘イルカ合戦・後編』、終わりました。

本当に楽しい単独ライブでした。

お客さん、皆さんすごくあたたかくて、手伝ってくれたみんなも何か楽しそうで(と、僕には見えました。)。

12回のうちで一番お祭りでした。

一番やりたい感じで出来た単独ライブだったと思います。

ありがとうございました!


ということで、観た人だけに分かる、この単独の一番の面白ポイントを発表します。

今回の一番の面白ポイントは、僕が『ヨッちゃんのことを野村ちゃんと言ってしまう。』ところです。

今回はこれ。

もう、ヨッちゃんライブ・後編にすれば良かったくらい。

もちろん2位は、料理教室主宰のサコタさんが、ただの発泡スチロール素材の長い帯を、大根のかつらむきと言いはってるところ。

惜しかったです。

他にも面白ポイントあったぞって場合はおいおい発表します。


観に来てくれた皆様、手伝ってくれたみんな、本当に本当にありがとうございました!!







AD

テーマ:


今、僕がはまっているのは、これを使ってコップやお皿を白くすること。

白いって気持ちいいっすもんね。

たくさん使っちゃって、家の中が市民プールみたいな香りになっちゃったので、夏だしいいな!ってことで買い足しに行ったわけですまよ、トモズに。

ところが間違えてこっち買ってきちゃったわけ。


他社のやつ。

でも中身成分全く一緒なので、ノズル部分をこの詰め替え用に取り付けようとしたところ・・・

何と、ノズルと本体の結合部分が全く合わない!

他社のものに取り付けが出来ないように設計されているの。

ファブリーズとリセッシュの関係性ももそうなのかな?

何か嫌だ、こういうの。

閉じてる気がする。

こういう小さいことの積み重ねが、しいては戦争に向かう流れを作ってるんだよね。

もう飲み干しましたわ。


AD