これくらいがちょうどいい。

142~3cm。

のびたり縮んだり、うかれたりへこんだり。

そんなんでちょうどいいみたいです。


テーマ:

思えばずいぶん時間が経っていました。


私と電車男のエピソード。



インターネッツの恐ろしさを目の当たりにしても、

あの日のことは伝えなければいけない。


私のような被害者を出さないために。

(いねーよ)


さぁお久しぶりです電車男とわたしの話。


出会い感情 と来まして、

これが最終回になるかもしれない第3回。

厳密に言えば第1部なんだけど



第3回 再会 -ドキッ!偽りだらけの晩餐会-



さて、電車男に手を引っ張られ新宿西口近くのお店へ来た私。



電車男(以下D)「前会社の人と来たんだ」

ひろの(以下ひ)「いいお店ですね~(高そう(゚Д゚))」


店員さんに案内され席へ。

普通に向かい合って座る。


D「あ、そういう風にするのか…(寂しそう)」

ひ「え?」

D「いやー元カノとはくっついて座ってたから(笑)」





帰りたい(*´∀`*)


もしくはコイツを殴りたい(*´∀`*)o




ここはそんないちゃついてものを食うような店じゃねえだろ!


そもそも私は彼女じゃないし!


くっつきたくもないし!




ここでまず引いた。


まぁそんな空気を苦笑いで片付け。

電車男はてきぱっきと注文。

ここは大人の男らしい雰囲気をかもし出している感がある。


しかし、店員にひたすら偉そう。

ここでまた引く。


これ以来

店員さんに偉そうにしないというのは私のポリシーです。

(でもこれ以来出会う人ってなぜか偉そうな人多いんだよなぁ上田さんとか)

(電車男の呪いだろうか)



まあそんな彼を生ぬるい感じに思いながら

とりあえず世間話、むしろ恋愛話。


D「元彼(当時)とはどれくらい付き合ってたの」

ひ「まぁけっこう長かったですね」

D「そっかーじゃあ結構つらいよね」

ひ「そうっすねー」


彼なりに失恋の痛手をいたわってくれている模様。


私もいくつか質問をしました。


でも…




私がいちばん聞きたかったのは



あんたの今日のファッションの意図ですから!!!



残念!!!



(ふっるー)


彼の当日のファッション

・よれよれのTシャツ

・ケミカルウォッシュ風でにむ

・小学生が持ってそうなショルダーバッグ

 横幅があってメインポケットの上にかぶせフタがついてるような

 10年くらい前はadidasのそういうタイプのバッグが大流行してました(´ω`)

 私たち小学生の間で。



なんだろう、これはネタかな?と思うほど、

A-BOYファッションに身を包んでいた彼。


再会の瞬間から冷気に身を包まれたわたくし。



まぁそんなこんなで

見た目は秋葉、中身は無限大☆な彼

バルーンワンピでかなりカジュアル&童顔なわたくし

いい感じで落ち着いた新宿の和食屋さん。


どう見ても場違いです本当にありがとうございましt


ほどなくして
おいしいお刺身やら焼き魚やら、わあわあ出てきまして
食べるのに夢中になるわたくし。

どうにか付き合う方向(というか、いたす方向)に持っていこうと

下ネタトークに夢中になる電車男。


D「最近ほんとさみしくてさぁ」

ひ「そうなんすかー(´~`)モグモグ」


D「今も抱きしめたいよーww」

ひ「あはははははh(´~`#)モグモグ」


2人の攻防戦は続く。



他にもいろいろはなしたけど

夕方5時にこじゃれた和食店で話すような内容ではないため省略。


夕方7時頃、食事を終えお店を出る。


トイレ行ってる間に会計を済ませていてくれた彼。


感激したフリして心の中でガッツポーズひろの。


(ただ飯!ただ飯!)


もうただの性悪女です。


そこからの戦いがまた長かった。

ヘタレなひろのは帰りますと言ったものの

まだ夜早い時間だったため

「じゃあ少し散歩しよう」という彼の言葉に従って



ふたりで歌舞伎町を散歩。




こわい。自分という人間がこわい。


力づくでへんなところ連れ込まれてもおかしくない状況でした。

今考えてみれば。


そこからが彼の頑張りどころ。

D「このへん来たことある?www」(ラブホ街)

D「おつ!」(靴擦れした私に対して)

D「泡風呂入ったことある?wwww」

D「泡風呂楽しいよwwwwww」

D「おつ!」(階段を降りたときの私に対して)

D「泡風呂一緒に入りたいなぁwwwwwwww」

D「元彼のことつらくても話せば楽になるよ」

D「だからどこか入ってゆっくり話したいなー」

D「いやだったらそういうことしないからwww」

D「おつ!!」(突然)


ひ「元彼のこと思い出すだけでつらいから話したくないんです」

D「泣き顔見てみたいな」



答えになってNEEEEEEEEE!!!!


15分後

まだ歌舞伎町にいたわたしたち。


靴擦れがまた痛くなって立ち止まった私に対して電車男


「おつ!」

そして何を思ったか

「いたずらwwwww」

と言って後ろから抱きついてきました。



もう、このときほど柔道を習っていなかったことを後悔したことはない。



背負い投げしたかった。


でもこれで完全に引いたわたしは

「明日バイトだしそういうことする気ないんで帰ります」


と述べて、電車に乗って帰りました。


はじめからそうしろよ!



電車男とは帰る方向が一緒なのが気まずかったですが

普通に最寄り駅で電車降りて帰りました。



電車男の最後の言葉は


「おつ!」(今日1日終えたことに対して)


だったとかそうじゃないとか。



こうしてわたしの長いアフター5は幕を閉じました。



なんか羅列してみたら思い出以上に大変な状況になってた当時のわたくし。


こんな必死な誘いを前に

よく無事に帰れたもんだww


それにわたしもわたしでなかなか最悪だなwww


でも、言い訳させてもらうと

はじめ

「ごはんでも食べよう」

だったのが

ある日突然

「イチャイチャデートしよう」

になってたんです、彼の中で。


いやでもなんにせよ、

電車の中で手を握ってくる男は変質者だということが分かりました。



この出会いでいろいろ学んだ気がするお。




そんなわたし、おつ!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひろのさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。