思えば長い道のりだった。


大学1年~first contact~


なんとか有効活用しようと考え抜いた結果、実家に帰省。

帰るのに半日、だらだら2日過ごし、半日かけて東京に帰ってきた。

貴重な連休なので部屋の片付けとかポジティブなことして帰ってこようと思ってたのに、

いつもの長期休暇と同じ結果になった。


大学2年~second mission~


昨年の反省を活かし、実家には帰らないと堅く心に誓う。

いつも通りほとんど予定は入っていないが、

いきなりだれかから連絡が来るかもしれないと0.1%の期待を残し、

予定を空けておく。

結果、バスケ、友達と遊ぶなど去年より格段に楽しい連休となった。

が、その大半は家にひきこもってた。

今日記読み返したらラーメンばっか食ってた。

小池さんか!



そして今年。

もうね、遊んでる場合じゃないことに気付いた。

今年は期待なんかかけない。。。うん。

バイト入れて、稼ぐ連休にするんら!

がむばる。


とまぁ、G.W遊びまくり計画

(相手もいなけりゃ金もないけどわくわく感だけは悟空にも負けない)

への期待は3年目にしてやっとふっきれた、ということです。



でも連休までにバイトの飲み会やら友達と遊ぶ計画やらあるから、

楽しむんだ~ん(*´∀`*)

AD

アメブロ重ーい。


記事を書くページがこんなに重いってなんか変じゃね?


そしてmixiで色々書いてるせいもあって、記事が見つからないことがしばしば。

今までどんな記事を書いてたかつかめない自分。

まぁ毎日のこと書いてたのは確かだけど。


おかげですっかり暗い色恋とかくよくよした妄想とか愚痴吐き場になってしまいましとぁ。

いかんね、いかん。

このブログを始めた頃を思い出してごらんよ。

風呂場で裏拳かましたりとか、雨の中行った店が休みだったとか、

そんなくだらないことも記事にしてたじゃないか。


・・・・!(;Д;)蘇るいろいろな思い出(という演出)


そんなわけでこれから忙しくはなりますが、mixiと内容がかぶったりとかもあるとは思いますが、

なるたけ更新していきますです。



今日は学校の学生課の先生のお話。


私が密かに大学の寮長と恐れる、学生課の口うるさいご意見番の先生。


ひろの的ワンポイント

寮長・・・中学高校時代の寮のトップの存在。ときに優しいが厳しく恐い。


この先生はどの学生に対しても、まぁほんと色々と言ってくる。


委員長という立場上厳しく言われているのか

ただ単に嫌われているのか定かではないが、

私も以前にも増していろいろと言われる。



で、この方に対しては、「なんでも黙って話を聞く」という暗黙の了解がある。
BUTしか~し!

私も幼いながらに持論っちゅーもんがあり、
いつも反論、意見、妄想、批判してしまうので、バトルになる。

そんなわけで、A先生も余計に色々言うんですね。w


最近言われたのは


私が描いたクラブのポスターを見て

「まぁこういう幼い感じは学生ウケがいいわよ」



ここはひとつ専攻学科の味が出てるとか言っていただけませんか(´Д`)(高望み)


オリエンテーション関連で忙しくて時間がなくて

適当にまとめていた私の髪(走り回ってぐしゃぐしゃ)を見て

「・・・あなたの髪はどうにかならないの」


先生はいいよね!髪型に関しては気にしなくていいもんね!(つД`)


ひろの的ワンポイントアドバイス

先生は属している宗教にしたがって帽子的なものをかぶっています。



そんななか、昨日は珍しく穏やかに話をした。


私の立場も分かってくれて、嬉しくて涙が出そうだった。


が、しかし事件は起きた。


頭の帽子に何やら動くものが(゚д゚)?









シャ、シャ、


シャクトリムシ(((((゚Д゚;))))))



1cmもないくらいのちっちゃなシャクトリムシが先生の前頭葉付近を元気に這い回ってる・・・!!!!!





気付かず話を続ける先生と、縦横無尽に駆け回るシャクトリムシ。。。










いつ、どこで、どうやって、どのくらいの時間そこにいたのか、

ほんとに謎。







魔法学校では猫になったり変わった動物をペットにしてる先生というのは

ミステリアスかつカコイイ感じしますけど



先生、ペットにシャクトリムシは・・・(´Д`;)

AD

急遽違うことに頭を使うコーナー。




薔薇

醤油

患い

欺く

傍ら


鬼に金棒

紺屋の白袴

不倶戴天


1492年アメリカ大陸発見


三角形の面積=底辺×高さ÷2

台形の面積=(上底+下底)×高さ÷2


y=ax+b

↑ ↑

接点? 傾き



そろそろだめだ。



AD

恋がしたい。





でも恋はめんどくせぇぇぇぇぇっぇぇぇぇぇぇ


そんな感情を抱く今日この頃。




昔別れた頃に昔の日記でも同じこと言ってましたけど、片想いが一番向いてる気がするんです。


気を遣わなさすぎるとわがままになってしまうし


前回は嫌われないように気を遣いすぎて疲れたからね。



気にせずに普通に付き合っていける人がテラウラヤマシス(´・ω・`)

性格よくなりていよ。



今日はバイトだったわけですが。

やっぱ、中学生はかわいいわぁ。ひたむき。


高校生で問題児とされる男の子も、今日はちょっと問題解いてくれたお(;ω;)



一生懸命ぶりとか

先生に反発するエネルギーとか

そういう若さに触れてると、ほんとにいいなぁと思います。


そんでまた中高生の恋愛事情を小耳にはさんじゃったりするとね!


恋ってほんとは楽しいもんなんだよなぁと、思いますです。



懐かしいなぁ、恋が全てだった時代・・・と感慨にふける20歳はいかがですか。



中学高校とかって、ほんと出会いがいっぱいあったんだねー。いいなぁ。




20歳なんてほんとまだまだ大人じゃないわ。



あーこんなくだらんことばっか考えてないでもっと大人になりたい!しわ・シミは増やさない方向で。




今はするべきことがたくさんありすぎて恋とかしてる暇ないけど、でも恋したいなぁ。



むじゅーんむじゅーん。



ていうか、ただときめきたいだけな気がするけど。



最近、ちょっとガタイがいい人見るとキュンとくる私がいるんですがちょっと末期ですね。


男なら誰でもいいのかと。


若さをうらやんでるだけな気がするけど やっぱ恋はいいよなぁ。



こうして無駄に妄想をふくらませて夜は過ぎていきますお。




もっと違うことに頭を使え!



すみません愚痴ですが。

発想の転換で提案の一種だと思ってくださいね。


最近、学校のイベントの責任者をやりました。

新入生にクラブの紹介をするっていうオリエンテーション。


そのリハーサルをしてるときに、ある参加クラブから学生課に苦情がいったらしい。

内容は「自分たちの順番がなかなかまわってこない、遅い」とのこと。


いやね、おまいら、ちょっと待って下さいよと。

それはこっちの責任なんだから、こっちに言ってくださいよと。

先生たちは関わってないんだから言われても困るだろう。


というかだね、

こっちに言ってくれたらいくらでも謝りますお。

貴重な時間を順番待ちでつぶしてしまってるのはほんとうに申し訳ないもの。

時間が押してる理由も、納得していただけるまで一から説明しますから。


でも言わないってことは、

こっちに言ったってどうにもならないのが分かってるんではないですか・・・?



他人事じゃなくて自分のクラブの新入生確保も関わってるんだから、

そこんとこひとつふんばってくれるとおじさん嬉しい。



いやぁほんとぐつぐつ失礼しました。

こういうこと言ってはいけないとは思いつつ、

私もまだまだ人間失格です。


こういう苦情もしっかり受け止められるよう、

自分の中でお客様窓口を設けたいと思った。

その名も


「参った課」



理由を論理的に述べ、相手のもやもやをなくす。

すべての苦情に対して冷静かつ大胆に対処する。


決め台詞は心の中で「参ったか!」


苦情に対してもきちんと真摯にふるまえるし


クレーマーにガツンと言えるしストレス解消



なんでも言いやすい責任者を目指して責任一筋精進したいですね。


次は指輪物語(カレッジリング販売打ち合わせ)ですよ。お楽しみに。