自己愛性人格障害の姑からの脱出

姑の野望の実現の為に操られていた私。
その事に気づくまで、気づいてからの戦い、そして脱出までの過程を
綴っていきたいと思います。


テーマ:

久々の更新です。

 

どんな顔をしていたかも思い出せないくらい姑は過去の人になりましたが、それでも度々私の脳に刷り込むように繰り返し姑が言っていた言葉は、今でも私の頭に染みついていて、時々それが頭をよぎって気分が悪くなります。

 

「あたしはA子(私)さんに面倒になる」

「あたしはA子(私)さんに世話になる」

そして最後に言い放った極め付きの言葉、

「D男(義弟)を働かせて、面倒を見る事を放棄する気だな!」

 

なんなんでしょうね、この私の気持ちを無視した一方的な考えは。

私が夫と結婚した途端に始まったこの呪文ような言葉、深くは考えないようにしていましたが、本当に嫌でした。

 

自分は高貴な人間だから何もしなくても良い、下賤な周りの人間がよってたかって高貴な自分の世話をするべきである。

私にはこういう考えはよく分からないんですけど、自己愛性人格障害の人のベースになっている考えなんですよね。

姑にしてみれば、息子が結婚して私の事をまた1人自分の世話をしてくれる下僕が増えた、しかもこの下僕の家は結構金があるみたいだから貢がせられる、シメシメみたいな感じだったんだろうと思います。

 

同居している私の母は年寄り扱いされるのを嫌がります。

のんびり屋の私のやる事がまどろっこしいんでしょうね、私を頼らず何でも自分でやってしまいます。

むしろ母の方がなにかと私たちの面倒を見ようとしてくれます。

そんなしっかりした母でも、やっぱり年には勝てない事もあります。

私たちが母にやってあげられるのは、そんな母の手助けをする事。

たぶんこれからは年々その手助けが増えて行くんだろうなと思います。

 

人は持ちつ持たれつなんですよね。

これは血の繋がった親子であっても同じ事だと思うんです。

他人同士だったら尚の事、年月をかけてお互いを尊重して協力し合ったり助け合ったりして信頼関係を築いて行かないと。

そうする事で自然に相手を放って置けないという気持ちがお互いに芽生えるんだと思うんですよね。

きのうまで赤の他人だった相手に結婚して親戚になっただけでいきなり丸ごと面倒見てもらえるなんて、私には考えられません。

対等な立場で協力する、助け合うという概念が欠けているんですよね、自分以外はみんな下僕と思っている姑および自己愛性人格障害の人たちには。

だから、きのうまで他人だった何の信頼関係も築いていない私に一方的に「面倒になる」とか平気で言えるのだと思います。

 

普通に大人になれば誰もが自然に身についている物がスッポリ欠けたまま大人になってしまったのが自己愛性人格障害です。

彼らはその欠けた部分を補うために他人を利用します。

そして、その補い方はとても冷酷です。

人の良さにつけ込まれて自己愛性人格障害の餌食になって苦しまれているみなさん、彼らの不完全さをみなさんが補ってあげようと思わないで下さい。

みなさんの弱点は、彼らの欠けた部分を持っている事なんです。

彼らはそれを利用してみなさんを操る事が出来るんです。

不条理で理不尽で自分で答えを出さない相手に出会ったら、間違いなく自己愛性人格障害です。

そんな相手とはすぐに関係を断って下さい、または逃げて下さい。

きっと彼らはみなさんの良心に働きかけて来るでしょう。

でも、みなさんは罪悪感を感じる必要は全くありません。

それが彼らの卑怯なやり方だから。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。