自己愛性人格障害の姑からの脱出

姑の野望の実現の為に操られていた私。
その事に気づくまで、気づいてからの戦い、そして脱出までの過程を
綴っていきたいと思います。


テーマ:

どーでもいい事なんですが、最近やっと理由が分かったので、とりあえず書いておく事にしました。

 

普通、食べるのが精一杯でいざという時のお金が無くて、他人に借りたり融通してもらわなければならない状態を、「貧乏」と言うのではと私は思っています。

で、姑は家を修理したり、車を買ったりという食べて行く事以外のお金は全部他人に借りるかもらうかしています。

だとしたら、姑のその状態は間違いなく「貧乏」という事になる気がするのですが。

 

でも、姑は自信満々に「私は貧乏人じゃない、金に困っていない」と言って、その状態を認めません。

と言うより、むしろ本気でそう信じているようなんですよね。

どうしてそう思えるのか、本当に不思議でした。

 

そして、たぶんこれはそう信じる事が出来るシステムなのかもしれないと、最近気がつきました。

そのシステムとは。

まず、姑がなによりもこだわっている事は「自分は貧乏人じゃない」という事。

やり繰りして節約してお金を貯めるのは貧乏人がやる事。

だから私はやり繰りしたり節約したりしない、お金は好きなようにあったらあるだけ使う。

お金が必要な大事な問題が起こる。

姉と兄にお金に困っている事をほのめかす。

姉か兄からお金が振り込まれる。

お金の問題が解決する。

です。

 

電話1本で簡単にお金を融通してくれる人間を私は持っていると姑は思っているのでしょう。

つまり、姑の姉と兄は姑にとってお金がいくらでも引き出せる銀行なんだと思います。

こう考えると、姑が自分を貧乏人じゃないと思える理由が納得は行きませんが理解出来る気がしました。

まともな人にはこんな考え方絶対出来ませんよね。

物事を自分に都合よく合理的に考えられる姑のこの思考回路は、良心が欠けている自己愛の脳ならではの特徴だなあと改めて思いました。

 

危うく私も姑の銀行になる所でした。

その前に気づいて良かったと、つくづく思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。