人事のブレーン社会保険労務士日記

経営者の納得する提案をコンセプトに人事制度、賃金制度及び就業規則の提案。
問題社員への対応方法や労働組合への対応を行う特定社会保険労務士のブログです。


テーマ:
まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

八王子市立横山中学校で、社会人の出前授業とうことで、職業についてをテーマに話をしてきました。

 

新しい校舎はいいですね!!
羨ましい!!

 
いい言葉です!!
誇れる上級生!学ぶ下級生!
深い言葉であるということに気づいて欲しいです!

50分の授業を二クラスで行いました。

 

まず始めに「特定社会保険労務士」という職業について説明しました。

私が職業を通じて色々な経営者と労働者から相談を受けてきたという中で、億万長者になった経営者もいれば、なかなか上手くいかない経営者もいる。

労働者から社長になった人もいれば、なかなか定職に就けない人もいる。

この違いを今日は理解してもらいたいということをお伝えしました。

仕事をするために必要なものは「知識」と「経験」

知識は教科書で学べます。
経験とは体で覚えるものです。

仕事で必要な経験とはどんなものなのか。

野球では、無死満塁。
前進守備でサードゴロ。
でもゴロのスピードが遅い。

本塁に投げるか、一塁に投げるか。
瞬時に判断をしなければならない。

卓球、テニス、剣道、バトミントン、ブラバンなども同様に瞬時に判断をすることが必要なことがある。

こういう判断が仕事で活きてくるということ。

生徒会活動や運動会、合唱コンクール、文化祭などを例に、実は学校では普通に仕事で求められる「判断力」「リーダーシップ」「柔軟性」「つまらないことでも最後までやる」などの能力を鍛えられている。
だから勉強に加えて、人が嫌がることを一生懸命やってみたり、目立つことが恥ずかしくても自分の意見を言ってみたりすることが大事であるとお話をしました。

また「格差社会」といわれています。
格差とは何でしょうか。

残念ながら日本では、生まれながらにして格差が決まるほど、貧富の差はありません。
自分次第でどうにでもなれる素敵な国です。

「収入と経験は比例する」。

格差とは経験の差なのだということです。

例えば、やりたいことが見つからない。
このことで「動かない」という理由にはならない。

ガムテープ下さいといって来たお客様。
残念ながらガムテープがない。

「当店にはガムテープはありません」といってお客様を帰すのか。

ガムテープがなければ「失礼ですが、ガムテープをどの様にお使いになる予定でしたか?」と質問をして、代替品の提案をする。

これが仕事で求められる能力なんですよというお話をしました。

この様な経験の積み重ねが、将来何かことを起こそうと思ったときに役立つのです。

20代は必死に経験を積まないと、30代、40代ともっともっと貴重な経験をさせてもらえるチャンスはない。
とにかく動いて頑張ろう!
ということで締めました。

私の人生の中で悔しかったお話もし、悔しくても、辛くても、自分が腐った時点で終わりだとお話をしました。

50分という限られた時間で、中学生にわかりやすく伝える事は難しかったですが、私自身も大変に勉強になりました。

機会を頂いた事に感謝です!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

特定社会保険労務士 山本法史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります