人事のブレーン社会保険労務士日記

経営者の納得する提案をコンセプトに人事制度、賃金制度及び就業規則の提案。
問題社員への対応方法や労働組合への対応を行う特定社会保険労務士のブログです。


テーマ:
まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日は八王子市立第7中学校で中学2年生に対して「中学生から出来る職業訓練」というテーマでお話をしてきました。

 

とある方からお声を掛けて頂きまして、PTAの学年行事として開催しました。

小学6年生には租税教室で話した経験がありますが、中学生は初めて。
租税教室はしっかりとしたプログラムがあるので、その練習をするというのが準備でしたが、今回は自分で一から組み立てをしなければなりません。

2学期に職場体験があるようなので、それも踏まえた構成にしました。

職場体験として、スーパー、幼稚園、病院、小売店などがあるということでしたので、事例を踏まえて仕事とは何か、能力とは何かをお話ししました。

とにかく20代、30代に一生懸命働いて「引き出し」を増やさなければならない。
この世代でどれだけ引き出しが増やせたかが格差社会を乗り切る為に重要だ。

この視点で「引き出しとは何か」をお話ししました。

仕事に必要な引き出しは大きく分けて3つに分類出来ると考えます。

第一は「全体を考えて動く」。分かりやすくすると「自分の位置を考えて、何をすべきかを常に考えながら行動する」ということ。

第二は「優先順位の付け方」

第三は「コミュニケーション」

これを先ほどの職場の事例に置き換えて説明をしました。

そして、この考え方を部活や生徒会活動、自宅での過ごし方や友人達と遊びに行く事に更に置き換えて説明をしました。

そして結論として、中学生でも目の前のことを一生懸命やれば「将来の職業に必要な訓練につながっている」という話をしました。

やりたいことが分からなくても、とにかく働いて、目の前のことをやれば、いざやりたいことが見つかった際には「必要な能力が身についている」という結果となるとお話をしました。

中学生に意味のある話をするのは非常にプレッシャーでしたが、良い経験になりました。

校長先生やPTAの方々には構成が良かったといわれましたが、生徒にはどの様に届いたのでしょうか。

中学生に思いが伝われば幸いです。

今回の機会を頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

有り難うございました!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

特定社会保険労務士 山本法史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります