永里優季オフィシャルブログ「Über der Spitze」Powered by Ameba

永里優季オフィシャルブログ「Über der Spitze」Powered by Ameba


テーマ:

行動におこしたとしてもその現状は変わらないかもしれない。だけど、行動に起こさなかったらその変わるチャンスすら得られない。



誰かが起こした行動が伝染して、その情熱が周りに伝わっていく。



そうやって、いろんなことが動き出していくように思う。




情熱の伝播。



情熱があるから、人の心は動く。



人には、心がある。



心は科学で証明できないかもしれない。



ただ、心なしには語れないことの方が多いと思う。

 

心の扉、たまには開けてみよ。



言葉で話すのではなく、心でコミュニケーションを。



たまーに心エグられることもあるけど、案外それも悪くないですよ。






ねぇ、ドアを開けて〜


アナ雪風に。

 

まぁ


情熱を伝えるのって、意外と簡単じゃない今の世の中。



やっぱり情熱の火は、常に燃やし続けていたい。



{A230A489-7CB4-41FC-8459-21A4DFACF556}



YUKI




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(2)
同じテーマ 「Blog」 の記事

テーマ:

今シーズンも、長谷部選手所属の Eintracht Frankfurt を応援しているのですが、今年もしっかりユニフォームをファンショップで購入。


{5C4C7C84-EFD4-4C76-B9A1-F10878DFE27E}


そこで私は黄色をチョイス。

みなみにこれ、3rdユニフォームなんです(笑)

なんでこれをチョイスしたかって?

単純にこれが1番私の中ではかっこいい!って思ったからです照れ 



今シーズンはまだ2試合しか観戦できてないですが、今のところ2試合とも勝利。


得点が入るたびに、かなりクレイジーに盛り上がってます。





もう、ただのファンです(笑)



あと、試合後のスタジアムは結構好きなんですよね。


スタンドに誰もいないこの静けさがたまらないというか、なんかこういう空間って色々と考えちゃいますね。


{3621201E-35B3-4AD7-AC23-2D3E14587079}


昨日はDortmundに勝利して、スタジアムは熱狂の渦。


得点が入ると盛り上がり、失点するとショックを受け、ピンチを迎えるとなぜか心臓がドキドキ。


失点しそうになった時は思わず「やめてーーーーーーーーー」と叫んだり。(笑)


試合の流れによって一喜一憂し、チームが勝利すると自分ことのように嬉しくて。


なんだか、ファンの気持ちが少しだけわかったような気がしました。



応援するって、ものすごく楽しい!


もちろん、長谷部選手がいるっていうのも大きいですけど、それ以上に自分の住んでる街のチームだから自然と応援したくなる。


勝利すると、街もいろんな意味で平和になりますしね。(笑)



年内はもう見にいけないけど、年が明けたらまた参戦したいと思います照れ





あとですね。


最近、先月放送されたスマスマを見て、私の中でドストライクにハマってしまった人がいまして、ついつい口ずさんでしまうんです、、、






小学生の時にファミコンで野球ゲームをやっていた時があって、その時私はよく阪神タイガースを使っていました。


その中でもホームランを打ってくれるランディーバースと掛布が大好きだったということもあり、このランディーバースネタが大好きになりました(笑)


平野ノラさん最高。そして応援中。お願い


他のネタも覚えたい照れ(笑)



ではでは。デレデレ




YUKI

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(1)

テーマ:


先週の試合(バイエルンvsフランクフルト)はドイツ国内でテレビ放送とDFBTVでのネット中継もあったのですが、なんと40万PVもあったそうで。



そして、昨日の試合もネット中継&テレビ中継がありました。



ハイライト映像




{14BDCF2B-BF24-483A-8384-D8EEA7B5362F}



40万人の人が見たってどれくらいなんだろうって想像してみると、私の地元の厚木市の人口が20万くらいなので、厚木市×2ってとこでしょうか?(笑)




この試合は、相手の力量を差し引いても全体的にイージーなパスミスと、ボールロスト率の高い試合となってしまいました。



試合の流れを感じながら攻撃のテンポをコントロールすることと、攻撃の仕方をチームとして明確にしないと、変なボールの奪われ方をしたときにピンチを招きやすくなります。


相手の攻撃がそこまで脅威でなかったため、直接失点につながることはありませんでしたが、ここの改善は必要だと感じました。



特に、サイドバックが高い位置を取ったときにそこをどのタイミングでどのように使うのかというチームとしてのセオリーがないと、そこにボールがたどり着く前に変な奪われ方をして、そのサイドバックの背後を使われてカウンターを食らってしまう。


無謀な中央突破やロングボールも同様で、そのプレーを選択するときに2人もしくは3人は同じ狙いを最低でも共有できていないと、攻守の繋がりがバラバラになってしまいます。


それを可能にする技術力もまた必要なのですが、全体的に左右精度の高いボールが蹴れる選手が多いと、チームとしての攻撃の幅も広がるのかなぁと感じました。





来週は代表ウィークでお休み。




年内も残すところ3試合。



身体改革の先に、技術の進化あり。


まだまだ私の身体は変化中。


攻めあるのみ。





 

そしてそして、一昨日(11月18日)はオヤジさんこと小野寺志保先輩のお誕生日でした!


{E3168AF4-F775-4B5F-A323-C680C5CEEF22}

(夏に会った時の写真)



一度現役を引退して再び現役復帰したオヤジさんでしたが、今度こそ引退するみたいです(笑)



これからもサッカーに携わって行きたいとおっしゃってました。



私が高校生の時、毎日練習終わった後に私のシュートを受けてくれたオヤジさん。



私が納得いかないと、「もう1回お願いします」ってワガママ言いまくってなかなか帰さなかったときもありましたが(笑)、何も言わずにガキンチョの私に付き合ってくれて、先輩の懐の大きさを感じました。


本当に、感謝しています。



いくつになっても若くてカッコイイおやじさん。


いつの間にか、おやじさんと日本酒を交わす仲になっているし、時の流れを感じます。



次回は日本酒からのスコッチで締めましょう!いや、グラッパあたりいきますか?(笑)



また帰った時はよろしくお願いしますね〜〜照れシャンパン赤ワイン白ワインリキュールロックグラス


あ、ついでにインタビューもとらせてください(笑)


⇧ブログで書く内容ではない。個人的に連絡しなさい!(笑)








取り組む時は全力で。


手を抜くときも全力で。




{7DD459B3-7CD7-4891-B889-E1D7DC0CCB06}



ちゃおグラサン



YUKI

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

テーマ:

8試合を消化して、3勝3分2敗。


今シーズンのブンデスリーガは近年稀に見る混戦となっています。


{4EDCFF75-B6C9-4591-89B8-94DF920CC313}


今日(2016/11/13)はバイエルンとの大一番だったのですが、残念ながら0-1で敗戦。


6節のボルフスブルク戦の引き分け、7節のイェーナ戦で逆転勝利と、良い流れで来ていたのですが、バイエルンはやはりそう簡単には勝たせてくれませんでした。



バイエルンは個人の技術、フィジカル、スピードが高い。


そういったチームに対して、チームとしてどのように戦っていくかという「戦略」の部分で、自分たちの引き出しの少なさと戦略的に戦うことの未熟さを感じました。


単純にフィジカルやテクニック、スピードで勝る選手が多い相手に対して、どのように守りそこからどう攻撃に転ずるか。



守り方、ボールの奪いどころをチームとしてのはっきりさせているのであれば、当然奪った場所からどう攻撃に転ずるかといった戦略も必要になります。


もちろん、自分たちの思惑通りにボールを奪えないことはありますし、そうなった時にどうするのかといったところも、チームとして共有しておく必要があります。



そう考えると、守備→攻撃→守備というように、1回のトランジションだけでなく、2回のトランジションを含めた状況設定をベースにしたトレーニングでの意識付けがスタンダードになってきます。


これを様々なシチュエーションに分けてシュミレーションし、個々が自分の判断で動くのではなく、チームとしての共通の判断を持つことで、より効果的に攻守の切り替えを行うことができると思います。



さらに、自分+2人の組み合わせでの共通認識を持っていると、自分がいる空間付近の局面での対応も味方と協力して行うことができます。



自分たちがどうするかというのは、試合前にはっきりさせておくこと。


試合になったら、相手の状況や対応に対して自分たちがどの引き出しをチョイスするか。



結果を出すためには、個人としてのレベルアップやスキルアップはもちろんのこと、チームとしての共通認識力のアップ、そしてその幅を広げることも求められます。



年末年始の中断期間まで、リーグ戦残り3試合、カップ戦1試合。



個人としても、チームとしても、結果を出すために少しでも改善し、質を高めていけるように、やるのみ。


{FE5CA618-C56F-479D-B4FC-16E938A90E87}





試合後は、Bu(ta)chi 豚 と。


{60E0851C-88BD-4227-BC84-AB903AE135D0}




順調に回復しているみたいです。

しっかり治してね(●´ω`●)

次は、ピッチの上で会おうね。








可愛い写真も載せておきます(笑)グラサン



{C9440B42-E3E7-4DAD-911B-C947A8262A01}






愛がたくさん詰まったかぼちゃケーキ美味しかったラブ


{ED305D53-73A5-497D-91D1-6ECEEC47EA4E}


さすが女子。これまじで美味しかったです。


あの岩渕の作ったケーキ食べれるって、私本当に幸せ者すぎる!ラブ


次は日本で会おうね〜〜お願い


















































そして11月13日は、SMAP木村拓哉さんのお誕生日。


負けず嫌いなところ
仕事に対する熱い姿勢と責任感
鋭い洞察力
周りに対する愛溢れる気配り
常に全力で挑み続ける姿
誰よりも仲間とファンを想う気持ち
みんなを引っ張る力
いつも先頭に立ち続ける姿


心から尊敬しています。

そして、いつも気付きとパワーと刺激といろんなものを頂き感謝しています。

Happy Birthday 木村さん!!


そして、来年4月公開の映画 『無限の住人』、来年1月スタートのドラマ 『A LIFE~愛しき人~』の詳細が発表され、今からワクワクしています。


木村さんが出演する映画作品の中で、一番本質的な部分が溢れ出ていて、俳優としての凄みを感じたのは『I come with the rain』。


だけと、SMAPのみんなと仕事しているときの木村さんは、俳優業の時とは違う輝きを放っています。


ここが私の中では重要ポイントなのです。


あ、語り出すと止まらなくなるので(笑)、この辺でやめておきます。。キョロキョロ




そんなこんなで。。。


ドイツはぐーーーーんと、寒さが増してきました。さっき外で気温見たら-1℃でびっくりしました(笑)


日本はどうでしょう?



皆さん、くれぐれも体調には十分お気をつけてお過ごしください!ウインク



{9CD04652-A99F-4802-B5C5-5E834F6B2F06}



YUKI

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(1)

テーマ:

音符イベント開催のお知らせ音符



永里優季×岡部恭英「世界で勝つ」
 


アジア出身者として初のCL&W杯制覇を成し遂げた永里優季。サッカー世界最高峰CLに関わる初のアジア人である岡部恭英。

本セミナーでは、この2人のプロフェッショナルが「世界で勝つ」ために必要なエッセンスをコミュニケーション、情熱、組織、規律など様々な観点から語り尽くす。



【イベント概要】
開催日時:12月21日(水)19:00 〜21:30(18:30開場、飲食付き懇親会含む


会場:SAPジャパン株式会社 本社内 11F イノベーションカフェ (半蔵門)
(東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル)


定員: 100名(先着順、定員に達し次第締め切ります)
 
参加費: 
NewsPicks有料会員:4000円
NewsPicks無料会員:5000円

※お申し込み後は、理由を問わず返金できません。ご了承ください。

※本イベントはNewsPicks有料会員様に割引がございます。

お申し込み時に、NewsPicksの登録名をご記入ください。


【プログラムスケジュール】

19:00〜19:10 永里氏による講演
19:10〜19:20 岡部氏による講演
19:20〜20:00 永里氏、岡部氏によるディスカッション
(モデレーター:NewsPicksスポーツ担当:中島大輔)

20:00〜20:30 開場からのQ&A
20:30〜21:30 軽食付き懇親会





「世界で勝つ」というテーマですが、テーマだけに縛られず、今私たちが皆さんに「伝えたいこと」を発信したいと考えています。


また、懇親会付きですので、参加者の皆さんと最後に色んなお話ができればと思っています。


皆さんのご参加、心よりお待ちしております!






先月、スイス・ルッツェルンにある岡部さんがお勤めになる会社 TEAM も訪問させて頂きました。


{4813710D-7E9E-4C1C-BD52-401C4722B9FA}


歴代チャンピオンズリーグ使用球がズラッと並んでる中から、私が優勝した時のボールを発見。


あの時のヘタフェのスタジアムの熱気はやばかったなぁと思い出しました。(笑)



では!照れ




YUKI



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、ウィーンに行った際に日本人学校にお邪魔させて頂きました。



というのも、チェコに住んでいる大学時代の先輩が、月に1回行っているサッカー教室がちょうどこのタイミングであるということだったので、子どもたちのために何かできれば!という思いで参加させてもらいました。




夢中に走り回る子どもたちのエネルギーは、やっぱりすごい。



鬼ごっこ、チームのトレーニングよりきつかったです(笑)





{284CE22F-E422-4EAF-AD3D-DBDC4D94423A}


{6E80F90A-B15C-422B-852B-240A970EFC8A}


規律を守ることの大切さ、規律の中に自由があるということ、伝わったかなぁ〜



子どもとの時間は、私も学ぶことがたくさんです。






最後にある女の子から、素敵なお手紙もらいました。



{67DD2418-38C7-40D4-8B12-8E416829994A}


{03F91CF5-B87A-441E-AD2C-00AE7D45A6E0}



メイちゃん

お手紙ありがとう。

サッカーは国境を越えてたくさんの人を繋いでくれる。

多くの人を感動させることができる、本当に素晴らしいスポーツだよ。


そんなサッカーに出会えた優季選手は本当に幸せで、サッカーに感謝しています。



これからも、サッカー頑張ってね!ドイツから応援しています。



メイちゃんの今と未来に幸あれ!






向上心と好奇心がなかなか止まらない29歳。


毎日が新しい発見の連続。


新たな趣味見つけました。でも、内緒です。

照れ照れ照れ照れ照れ照れ照れ照れ照れ照れ



では、また!


YUKI


いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます照れ




旅ログ更新しました〜








そして、昨日行われましたドイツ対オランダの親善試合のマッチレポート〜


躍動するドイツの攻撃。オランダに4-2で勝利。【国際親善試合】





{48D4CCFB-4533-4C68-949F-5FF869D66DE1}



では、またウインク



YUKI



いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

あーーーーーーーーー






いつの間にか10月になっていて、気付いたら2週間も経っているじゃないですかびっくり



ということで、皆さんお久しぶりでございます。


フランクフルトは寒いです。はい。


気温15度を下回る毎日。
朝方は10度下回ってます。はい。
秋を通り越して、もはや冬です。





月の始めに、アシシ氏がフランクフルトを訪問してくださり、白い恋人を差し入れてくれました照れ


{320013A6-A7F2-4A0D-8ADB-F2F230BFCA31}



チームメイトにも大人気で、2日で全部なくなりました(笑)



次の日、フライブルグであった試合にも後半から駆けつけてくれてました。


{EC944CDA-D92C-4FEE-87EA-F8D060E25B9E}


相変わらず、熱量と温度感の掴めない人ですキョロキョロ が、なんだかんだ仲良く?させてもらってます。



次の日には凱旋門賞を観にパリにいったみたいで、行動力がクレイジーな人です馬馬馬





最近のリーグ戦の方は…

第5節が終了して、2勝2分1敗で現在6位。


{42534CD8-BB66-455C-B1F3-95EA1958EEE5}
 

ここ数試合は病欠や怪我人なども多く、相手によって任されるポジションは変わっていますが、チームとしても粘り強い試合をすることができていて、なんとか上位に喰らい付いていています。


「負けない」というのはかなり重要で、順位は6位ですが、まだ1敗しかしてないのは、シーズン終盤に影響してくるはずです。


2点先制される展開でロスタイムに同点に持ち込んだり、昨日の試合は1点ビハインドで逆転勝ちを収めたり。


こういった「逆境」を乗り越え、チームの結束力が芽生え始め、諦めの悪い集団になりつつあります。



{1600FBCA-020E-492F-A860-6025D5BA482F}



今日は、先週に引き続き左サイドハーフ。


  
{BD7394D0-BC99-4660-9E75-97AA4521C9A2}



チームの成長を促しながら、自分自身も成長していけるようにトライしていきます。






それと、この度 Yahoo!個人ニュースデビューしました!




こんな感じで、ドイツを中心に欧州女子サッカー事情などを発信していきますのでよろしく願います。グラサン



それと、NewsPicks というアプリでもプロピッカーとしてコメントをしています。

NewsPicks

興味がある方は、ぜひこの機会に始めてみてください。



では、また!



YUKI



いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ネット上において自分の意見を自分の言葉で発信するということは、私の場合は名前も顔もある程度世間に知られていてそれなりに影響力のある立場にいるので、当然「批判」はつきまとうものだと思っています。

 

 

今では代表戦がテレビで中継されることは当たり前になっていますが、私が代表デビューしたころや、その前の時代のことを考えると、こんなに女子サッカーが社会的に注目されることは想像できませんでした。

 

 

 

ネット社会が発達する前は、テレビで見たことや自分が生活していて感じたことって、友達や家族、会社の同僚など、「会話」の中で共有することが多かったと思います。

 

 

私がブログを書き始めたのは2005年で、オフィシャルブログになる前は過去に2度ほど炎上を経験しています。苦笑

 

 

かれこれブログを書き始めて11年になりますが、こうしてネット上において「発信する場」ができたことによって、ファンやサポーターの皆さんとの距離が縮まり自分の言葉で発信できる場であり、ファンの皆さんの言葉を直に聞ける場になったのと同時に、誹謗中傷や否定的な言葉を受ける場にもなりました。

 

 

日常に感じていることだったり、普段日常会話として行われていたものが「ネット」で共有される時代になり、良くも悪くもコミュニケーションツールの一つとしてネット社会は発展を遂げてきたと思います。

 

 

否定的な批判をされるということも含めて「発信」するという行為は成り立っていて、ネット上で発信しないことの方が当然楽ですし、無駄なストレスも抱えないですむと思います。

 

 

オフィシャルブログになってからはそういったネガティブなコメントは反映されないようになったので、応援して下さっている方だけのコメントを読むことができ、私自身も嫌な思いをしなくなりましたし、何よりも応援して下さっている方も不快な気持ちにならなくなったことが私にとっては一番嬉しく感じています。

 

 

ただ、同じSNSでも媒体によっては、誹謗中傷や批判的な言葉が直接反映されてしまいます。

 

 

特にTwitterは一番ダイレクトにそれをうけてしまう媒体だと思います。

 

 

私がTwitterを始めたのは2010年4月なのでもう6年くらいになりますが、あの頃はフォロワーが1000人くらいだったのが、今では20万。

 

さらに、リツイートという機能があるため、フォローされていない人にも見られますし、その拡散スピードはもの凄く早いです。

 

 

Facebook、Instagramm も利用していますが、同じSNSでも媒体によって利用目的が

異なりますし、発信の内容も私の中ではそれぞれ使い分けています。

 

 

誰でも簡単に個人メディアをもてる時代になり、世界中に向けて発信できる機会をもてるようになりました。

 

 

と同時に、世界中のいろんな情報を簡単に手に入れられる時代にもなりました。

 

 

いろんな誹謗中傷や叩かれたり否定的な批判も沢山されるけど、もういい加減慣れました。笑

 

 

そんなこといちいち気にしていたらきりがないですし、そういった攻撃的な言葉を投げかけて炎上に参加している人たちって、ネットユーザーの0.5%にすぎないという調査結果も出ています。

 

 

「テレビが”ネット炎上”を加速する」

https://dot.asahi.com/galac/2016092800204.html

 

 

 

それでも私がネット上で発信し続けるのって、色々理由があるのですが・・・

 

 

それは置いておいて。

 

 

 

そもそも、私が逆の立場だった場合。

 

例えば、レストランにいったとき、そこの料理があまり美味しくなかったとします。

 

そういう時に、わざわざネットにまで書き込んでそのお店の料理を「叩く」という行為をしようなんて思えません。なぜならその行為に「ポジティブな価値」を見いだせないからです。

 

 

美味しくないと感じたのであれば、その店に「行かない」という選択をすればいいだけだと思います。

 

 

美味しいと感じるから、何度も足を運ぶ。

 

 

また食べたい!と思わせてくれる料理だったり、空間であったり、お店の人の人柄であったり。

 

 

発信するのであれば、そういった「良い部分」だけを発信すれば良いのではないかと。

 

 

レストランに例えましたが、これは他のことにも言えると思います。

 

 

自分が経験したことないこと、知識として十分ではないものに関して意見するには、最低でもその分野の人と同等の知識や経験というのは必要になると思います。それがその人、そのものに対する最低限のリスペクトではないかなと。

 

 

 

現代社会において批判や批評というのは、どちらかというとマイナスの意味で使われることが多いように感じます。

 

 

 

 

言葉を因数分解していくと、言葉本来の意味であったり本質が見えてくると思います。


 

 

【批判】

良い所、悪い所をはっきり見分け、判定すること。

 

【批評】

よい点・悪い点などを指摘して、価値を決めること。良い点も悪い点も同じように指摘し、客観的に論じること。

 

【評する】

物・事物について、その善悪・価値などを論じ定める。「取っ手のある刃物の象形と口の象形」(「(つつしんで)言う」の意味)と「水面に浮く水草」の象形(「平ら」の意味)から、公平に物事を「はかって言う」を意味する「評」という漢字が成り立った。

 

【判る】

意味や区別などがはっきりする。理解する。了解する。事実などがはっきりする。判明する。「2つに分かれている物と角のある牛の象形」(牛のように大きな物を2つに「分ける」の意味)と「刀」の象形から、刀ではっきり「分ける」を意味する「判」という漢字が成り立った。

 

【批】

つきあわせて良否をきめる。「5本指のある手」の象(「手」の意味)と「人が二人並ぶ」象形(「並ぶ」の意味)から、規準となるものを並べ「正す」を意味する「批」という漢字が成り立った。

 

 

 

 

悪い部分を批判すること自体が目的になっていて、なんでもかんでも叩いて出る杭を打つという行為自体にポジティブな価値はあるのだろうか?と感じます。

 

 

批、評する、判るという言葉の意味や語源を調べてみると、微妙にそのニュアンスや使い方は異なってくると思います。

 

 

通常の用法においては「批判」は「批評」と同じく、人間の行為あるいは作品の価値を判定することをいいます。

 

 

また、日本語においては「批評」は主として文学・芸術上の用語として使い分けられるのが一般的だそうです。

 

 

「批判」の語に、哲学用語としての重要なまた明確な意味を与えたのはカントでした。

 

 

彼は人間の作品の知的、美的また道徳的な価値を客観的に判定するというこの語の在来の一般的用法を受け継ぎながらも、同時にそれを一段上のより普遍的なレベルにまであげて、この語に人間の「理性能力」そのものの批判という、新たな意味を与えました。

 


 

しっかりとした批評をするためには、知識・経験の量・幅・質というのは最低限必要な要素であり、それを組み立てて考察できる論理的思考力、言語化力、さらにその先に発展性のある未来を考える思考力があるかどうかにまで及ぶと思います。

 

 

批判したり批評するのであれば、それなりに議論できなければいけませんし、批判した相手が反論してくるということも覚悟の上で、それらの行為は行うべきものであると思います。

 

 

良いもの、悪いものを見極められるのであれば、その良い部分を発信することを心がけていきたいと思いますし、そういった「ポジティブな価値」を見いだせる行動を続けることが、今後の未来に繋がっていくと信じています。

 

まだまだ私も勉強が必要です。


 

行為自体は手段であって、目的ではない。


批判することの先にポジティブな価値を見出せる目的があるのであれば、問題ないかと。


他人に対して攻撃的にならず、意識の方向を自分に向けること。

 

この大切さというか重要さを、先日の試合の得点シーンで感じたので今回このテーマで書いてみました。

 

試すからこそ、結果として現れる。

 

何事も試すって大切だ。

 

 

ということで、これからも変わらず発信し続けていきたいと思います。未来のために。

 

 

{99E75F2E-4E43-4EC6-9E0D-FC0794A88BA3}

 

 

 

Yuki 

いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(1)

テーマ:


ブログへの記録用ということで書きたいと思います。



昨日行われた第3節の試合で、ブンデスリーグ100試合出場を達成しました。びっくり ビックリ。試合展開にもビックリ。久しぶりにこんなにビックリ。ビックリ連発ごめんなさい。






そんな記念すべき日にゴールまで決めることができて、私は本当に幸せものです。



試合は2-2の引き分けでしたが、なでしこリーグ100試合出場を達成した時は負けてしまったので、、、1歩前進かな!?キョロキョロキョロキョロ真顔




とはいえ、こうして節目の数字である100試合を迎えられたのも、大きな怪我なく選手生活を続けてられているからで、最終的には自己管理がモノを言う世界なのですが、その傍ら技術面や身体面、メンタル面や生活面など、多方面からアドバイスやサポートをしてくださる皆さんのおかげだと感じています。



この場をお借りして感謝申し上げます。本当にありがとうございます。



紆余曲折な人生を歩んではいますが、節目には色んな出会いがあり、私の人生をさらに豊かに、そして未来にワクワク感をもたらしてくれる人たちばかりで、そんな遠回りな人生が楽しく、そして幸せを沢山感じられています。



これも一つの節目であり、通過点。



新たな決意と信念を胸に、この先も紆余曲折が沢山あるかもしれませんが、自分の気持ちに正直に生きていきたいと思います。



そして、日本からいつも応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。



SNSや映像で発信してお伝えすることしかできませんが、これからも皆さんの力になれるようなことを発信していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!



{88754821-DFE8-4D33-928A-C057736D4F4B}


{CD648044-E240-41C7-9123-7641CD9B1230}


{E730388F-F465-4482-989A-C85610FD4633}


{F2D4F1E4-6EB1-4896-9BB7-88FFF05AD445}



Yuki


いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み