• 23 Feb
    • みんな大好き、モーツァルト♪

      クラシック好きの間ですでに話題のモーツァルトチロルチョコですが、私もレッスンで生徒さん達にお渡ししていますミニ解説も一緒にかつらを被った作曲家は、特に子供達に人気ですモーツァルトの音楽といえば、ユーモアに溢れるチャーミングなイメージとってもお上品そして、音の数が少ないのに、いや少ないから?素敵に弾くのがとっても難しく、手強いイメージもでも出先などでバタバタしている時に、モーツァルトの音楽がふと流れてくると何なんでしょう、癒されるとかのレベルを超えて、優雅な気持ちになるのはもちろん、とてもうきうきと心が弾むのですまるで、宝箱のような音楽ですよね只今新規生徒募集中ですお気軽にお問い合わせください♪TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp(レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。)原口ピアノ教室ホームページInstagram

      15
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 忙しい高学年さんのレッスン

      多忙でピアノを継続するのが難しくなる時期として、まず中学受験の準備期間がよくあると思います。私は、それぞれの生活の中で、常にその時期に一番大事なことを優先して欲しいと思うので、ピアノとの両立が難しい時は一旦お休みしても構わないと思っています。これは本当に人それぞれなので、ご自分にとってどうするのが一番なのかよく考えていただきたいと思うのですが、小4くらいから塾が本当にハードになり、この時点でほとんど練習時間が取れず、ピアノの継続が難しくなる人元々それほど勉強しなくてもできる器用なタイプなので、ピアノに限らず習い事は受験前の一ヶ月くらいしか休まない人塾や勉強との両立はかなり厳しいが、頑張り屋さんタイプゆえに、どんなに忙しくても習い事は全部続けるのが当たり前だと思っている人など、いろんな生徒さんを見てきました。中には少しレッスンのペースを落としながら、なんとか続けたいというお声もあり(レッスン回数だけでなくレッスン内容やおうちでの宿題なども含む)、他のお教室から移ってこられた生徒さんもいらっしゃいます。また、ほとんど練習はできないけれど、レッスンには通いたい人、練習ができていないのに、レッスンに通うことにストレスを感じる人、など忙しさは同じでも、心理的な負担は人それぞれです。なので忙しい高学年の生徒さんには、特にしっかりとその時の状況を伺いながら、臨機応変に対応させていただいております。やむを得ず練習時間が激減する時期に、わざわざレッスンに通っていただいているので、少しでも楽しんでもらえて、練習時間がほとんどなくてもきちんと収穫はあって、忙しい日々のリフレッシュになってもらえるレッスンを提供できるよう工夫していますそんな高学年さんの具体的なレッスン内容については、また次回書きますね只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp(レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。)原口ピアノ教室ホームページInstagram

      11
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 出張レッスンについて

      出張レッスンのコースも開設しました詳細はこちらからどうぞ出張レッスンこちらはワンレッスン制の60分以上のコースのみとなりますので、お一人で受講される場合は中級以上の方を対象とさせていただいております。また90分レッスンもございますので、音高音大を目指される方などで、じっくり基礎から学ばれたい方にもお勧めです。今さら聞けないと思われがちな、インベンション・シンフォニアのアナリーゼの方法や、練習方法の見直し、練習に悩みを抱える方などのサポートもしっかりとさせていただきます。実際、これまで出張レッスンでは生徒さんが練習方法を習得されるまでの間は、レッスンというより一緒に練習にもお付き合いしましたし、アナリーゼもはじめはすべて一緒にお勉強してきました。またピアノだけでなく、ピアノ+ソルフェージュや楽典も一緒に受講していただけますので、それぞれレッスンに通う時間のない方にも同時にレッスンさせていただきます。導入期・初級の生徒さんも、お二人以上(ご兄弟、親子など)でしたらお伺いさせていただきます。レッスン料はご人数は関係なく、レッスン時間で設定しております。送り迎えがなかなかできない方や、ご自宅の楽器でのレッスンをご希望の方にもお勧めです。もちろん短期レッスンも対応させていただきます。只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp(レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。)原口ピアノ教室ホームページInstagram

      7
      テーマ:
  • 17 Feb
    • ピアノを続ける理由を聞いてみました

      ピアノを続けている理由を、子供から大人の生徒さんまで聞いてみました世代によって色々な答えが返ってくると予想しておりましたが、意外にみなさん同じ理由で驚きましたその答えとは、「弾けるようになることが嬉しいから」だそうです。とてもシンプルな理由ですが、確かに納得です今の小学生は習い事を他にもたくさんしていて、忙しい子がほとんどです。また学年が上がるにつれ、塾や受験勉強で自由な時間を確保するのも難しい状況の中、日々の練習が必要なピアノを続けるのは簡単なことではないはずです。そして大人の方は、お仕事や家庭と両立しながら練習時間を確保することは、本当に並大抵のことではないと思います自宅での宿題がないお稽古事もたくさんある中、あえてピアノを続けるのは、弾けるようになる喜びというものに、何よりご本人が一番価値を感じるからのようです高学年になって塾や受験勉強に忙しくなり、習い事を減らそうかと親子で話し合うこともあるそうですが、他の習い事は辞めてもいいけど、ピアノは絶対辞めたくないって言うんです。うちの子ピアノが好きなんですかね?と親御さんから言われることもあり、それほどピアノを大事に思ってくれていたことを知り、感激することもよくありました楽しいだけではなく、大変なことの方が多くて、でもそれを乗り越えた時の喜びが、続けたいと思う理由だそうです。私がピアノを続けている理由については、またもう一つの講師紹介にでも書きますね只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp(レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。)原口ピアノ教室ホームページInstagram

      12
      テーマ:
  • 16 Feb
    • バスティンっ子はリズムと拍子に強い!

      以前からバスティンはどんな人にも読譜力がつくように作られた、良くできた教材だと思っていましたが、改めてすごいなぁ~、と思うのがやはりリズムと拍子でしょうかどんな教材でも、リズムも拍子も導入期は簡単なことしか出てこないはずなのに、これがなかなか理解できず、また頭では分かっていても実際にはできない!なんてこともよくありますよね。バスティンははじめからリズムを声に出しながら弾くので、自然と身に付くようにできています。『はじめから』というのがやはり大切だと思います。途中から急にやれと言われても、曲も難しくなるので余計に時間がかかってしまいますので。また、声に出しながら弾くということは、できていなければ自分で気が付くので、私はバスティンを使っていない生徒さんにも、この練習は取り入れています。また、バスティンの底力を発揮するのは、8分の6拍子の習得ではないでしょうか。バスティンで学んできた子で、8分の6拍子でつまづく人をほとんど見たことがありません。逆に、他のメソッドで学んだ子は、よくできる子でも8分の6はかなり怪しい・・・なんてこともよくあります。やはりはじめから数えながら弾けることをマスターしておけば、少々複雑なリズムになってもわりとすんなり身に付くようです只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp(レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。)原口ピアノ教室ホームページInstagram

      7
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 私とピアノの練習の過去

      久しぶりに練習しながら、動画を撮ってみました。動画に撮って、見て、修正する、を今日は繰り返していましたが、やっぱりすごいですね、動画ってダメなところが一目瞭然ですそれより、動画を見なければ気が付かなかったことが問題ですしばらく練習をサボっていた間に、耳までおかしなったんやろか って凹み、グッタリ疲れました。練習が嫌いとか言ってる場合ではありませんねこれから本格的にリハビリする予定なので、またリハビリ風景なんかもインスタにアップするかもしれませんさて、昨日は私の練習嫌いの過去についてお話しましたが、嫌いだったので練習しなかったのかと言うと、そうではなく、特に幼い頃はかなりしていた方だと思います。(ただし練習の仕方にはかなり問題あり)ここで少し過去の自分を振り返ってみたいと思います(興味のない方はスルーしてくださいね)4歳の時にヤマハの幼児科でレッスンを始めたのですが、元々音感や読譜などには苦労しなかったので、この頃はガツガツ練習することもなく、それでもレッスンに十分ついていけたので、ピアノって楽しいなぁ~、と思いながらレッスンに通っていました。後にこの頃の先生に再会することがあり、当時の様子を語ってくださったのですが、なんでもすぐに分かってしまうので、グループレッスンなのに全部一人で答えてしまうような子だったようです。空気の読めない残念な子ですね楽しかった幼児科の次に、ジュニア専門コースに進んだのですが、こちらはレッスンの内容もクラスのメンバーのレベルも一気に上がり、また先生も厳しく、日々課題をこなすのがなかなか大変だったと記憶しています。(あまりはっきりとは覚えていませんが・・・)J専は個人レッスンだけでなく、グループレッスンもあったので、やる気があって上手い子たちに囲まれているんだという良い刺激があり、また比べるつもりはなかったのかもしれませんが、なんとな~く比べられている感もあり、頑張らなければと少しは思っていたような気がします。それでも、私はマイペースなのんびりさんだったので、そこまでガツガツ練習はしていなかったと思います。はっきりとは覚えていませんが、幼児科の頃で40分くらい、J専門時代は1時間ちょっとくらいでしょうか。毎日練習は休むことなくしていたと思います。次に小2の頃、もっと専門的にピアノのレッスンを受けたいということで、個人の先生に入門することになったのですが、この先生がとても熱心で本当に厳しくて かなり練習時間を増やした時期だったと今でもはっきりと覚えています。長くなりそうなので、続きはまた次にでも書きたいと思います。只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp(レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。)原口ピアノ教室ホームページInstagram

      10
      テーマ:
  • 14 Feb
    • ピアノの練習、嫌いでした^^;

      本日、インスタでヴァイオリニストのレイ・チェンさんの面白い動画を見ていて、ふと思い出したのですが、ピアノを習っている人の中で、練習が好きな人ってどのくらいいらっしゃるのでしょうかほとんどの人が、好きではない、嫌い、大っ嫌い のどれかに当てはまると思うのですが、時々いらっしゃいますよね、練習大好きな人プロの演奏家にも、子供の頃からピアノが好きで好きで、いくらでも弾いていられた とおっしゃる方もいますし(プロでもそうではなかった方も沢山いらっしゃるようです)子供の頃通っていた教室のピアノ仲間にも一人か二人くらいはピアノが大好きで、常に自主的に練習するような子がいました。先生は私が練習嫌いな事をよくご存知だったので、「○○ちゃんは、ものすごく練習するのよ。だから短い期間でものすごく上達したわよ。」などといつも聞かされ、子供ながらにすごいな~、と思っていた反面、おかしいんじゃないの?なんて思っていたような子供でしたそうなんです私は子供の頃は練習大っ嫌いでした。子供の頃と言っても中学生くらいまででしょうか。結構嫌いな期間が長いですねとにかくピアノの前に座って弾き続けることが苦痛苦痛で、少しでもサボれるきっかけはないかといつも探していました。(何度もトイレに行ったりとか 笑)なので、練習が嫌いという人の気持ち、よく分かりますそんな練習嫌いであれほどサボるきっかけをいつも探していた私ですが、今はどうなのかと言われますと、よく分かりません好きかどうかは分からないけれど、嫌いではないことは確かで、少なくとも練習に熱中している時に話しかけれたり、中断しなければならない状況になったら、結構イラっとしますおもいっきりサボる時もありますが・・・練習が嫌いだった理由や、それがどのように変わってきたのかについては、また次回に書きたいと思います只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp(レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。)原口ピアノ教室ホームページInstagram

      9
      テーマ:
  • 12 Feb
    • 上手い人の共通点 -自立している-

      上手い人の共通点、本日は自立についてその前に大事なことをお伝えするのを忘れていました!ピアノが上手い人の共通点シリーズですが、すべて過去の私ができていなかったため大変苦労したことばかりです私の失敗談を通して、同じような悩みをお持ちの方の何かのヒントになればと思い、こうして書いておりますが、レッスンの現場でもよく見られる光景なので、生徒さんに指導するうえでもとても大切にしていることです。さて、ピアノの上手い方は講師に依存することなく、自立していてご自分のこともよく理解しています。自立しているとはどういうことなのかと言いますと、先生に聞かなければ何も分からないのではなく、レッスンはあくまで自分の演奏の足りない部分を補うためのものだと認識しており、少なくとも70%以上は自分の状態を把握できていて、先生のアドバイスによって改善するのは30%以下程度の割合で日々勉強されています。具体的には、まず、目指すべきゴールがはっきりしていて、今の自分に足りないものがある程度理解できている。そして、ゴールに到達するためにはどんなことをすれば良いのかが分かる。という全体像が見えている人ということになります。これらのことができていれば、少々練習をサボる期間があっても、レッスンにしばらく通えない日が続いても、めちゃくちゃなことにはまずなりません。また正しい練習方法が身に付いているので、一曲一曲を効率良く仕上げていくことができます。絶対に良くないのは、正しい練習の仕方が分かっていないことです。間違った練習をしていることに気が付かなければ、どんなに努力をしても無駄になってしまうことがあるので、不安な方は、一度先生にご自分の練習の仕方について相談されることをお勧めします。私のレッスンでは、生徒さんの演奏を聴いた後、言いたいことをあれこれ言う前に、逆に「今の演奏、自分ではどう思う?」と生徒さんに質問することがよくあります。すると、皆さん気が付いたことをあれこれ話してくれるのですが、言葉にすることで自分の演奏を分析する力が確実についてきていることを実感しています。(良いところも言ってくれていいよ、とお伝えしていますが、皆さん謙虚で、できていないことばかり言うので、褒めるのは私が担当する形になっています)次に「それを改善するためには、何をすれば良いと思う?」と聞くのですが、そこまで考えられるようになると、合理的な練習方法もかなり身に付いてきます。またこれらのことは急にできるようになるものではなく、曲が難しくなるにつれてさらに難易度は上がるばかりなので、導入期であっても、はじめから自分で考え、自立することはとても大切なことなのだと最近改めて感じています。上手い人の共通点シリーズ、次のテーマは『場数を踏んでいる』です♪只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp(レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。)原口ピアノ教室ホームページInstagram

      13
      2
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 上手い人の共通点 -型を知っている-

      昨日の記事上手くなるためには型を知るの続きです。   まず、型を知るとはどういうことなのか、についてですが、クラシック音楽は自分の好きなように弾くことを前提としていないジャンルの音楽ですよね。   型というのはルールのようなもので、それを知っているか知らないかで演奏レベルは大きく変わってくると思います。   そのルールとは、読譜に必要な単純な知識や音楽理論的なものではなく、楽譜やテキストには書かれていない暗黙のルールのようなものなのですが、   楽器や楽譜に向き合っているだけでは気付くことができず、またレッスンに通っていてもそれだけでは圧倒的に足りないもので、   『プロの演奏を沢山聴くことでしか得られない』ものがクラシック音楽の型の一つだと私は思っています。   例えば、間の取り方、テンポ設定、作品に合った強弱などを考える時、 どこまでならやってもOKでどこからがNGなのか、どんな風に弾けば素敵に聴こえるのか。どう弾いたらブサイクになってしまうのか そういった暗黙のルールはプロの演奏を聴けば聴くほど確かなものとして自分の中にしっかりと刻まれていきます。 上手くなるためには、上手い演奏ってどんなものなのかをまず知ることから始めなければ、どんなにさらってもいつまでも辿り着くことができません。 始めのうちは、人の演奏を聴いても自分の好みというものがよく分からない、みんな上手く聴こえるけど違いがよく分からない。 という何も分からない状態でも、とにかくいろんな演奏を聴きまくれば、見えてくる世界が大きく変わります。 できればYouTubeよりは録音状態の良いCDで、さらにCDよりも何倍もダイレクトに生の音を感じられる演奏会に出掛けるのが理想ですが、 YouTubeであっても何も聴かないよりは、沢山聴けば得られるものは必ずあると思います。 ちなみに耳を育てたりセンスを磨くために必要なのは、アマチュアではなくプロの演奏です 自分とプロにはあまりにも実力の差がありすぎて参考にならないのでは と思われるかもしれませんが、本当に大切なことはやはり本物からしか学べないと思いますし、   プロの演奏をずっと聴き続けることでしか得られない絶対的なものがあることは長い音楽人生の充実度に大きく関わってくるものだと思います(これは音楽に限らずどの分野にも言えることですよね) やはり演奏が上手い方は、自分の楽器のみにとどまらず、様々な音楽をよく聴いている方が多いようです。   『人の演奏を聴く』ことの詳細については、また別の記事でも書きたいと思います   上手い人の共通点、次回のテーマは自立です   只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。 TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp (レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。) 原口ピアノ教室ホームページ Instagram

      13
      テーマ:
  • 07 Feb
    • ピアノが上手い人の共通点

      ピアノが好きで長く続けているし、日頃から練習もコツコツと頑張っている。   でもなかなか上手くなったという手ごたえが自分では感じられないし、なんだかあか抜けない感じ先生の言うことだってちゃんと真面目に聞いてるし、努力だってしてる。   なのになんで上手くなれないのかしら?そもそもピアノが上手い人ってやっぱり才能や元々持っているセンスが違うんじゃないの   というご相談をよく受けるので、本日からピアノが上手い人ってどういう人なのか、   どうすれば上手いと思われる人になれるのか、これまで私が出会ってきたピアノの上手い方々の共通点を基に、様々な角度からお話していきたいと思います。   プロでなくても、アマチュアとして音楽を楽しんでいる方でも、聴衆の心を掴む魅力的な演奏をされる方っていますよね   元々その人の中に持っている音楽が普通の人とは飛び抜けて違うじゃない?、という方は確かに時々いらっしゃいます。   ですが、クラシック音楽はジャズのような即興芸術ではないので、とにかく好きなように弾くことがアリなジャンルの音楽ではありません。   クラシック音楽は型というものが存在する再現芸術なので、たとえどんなに才能やセンスがあっても、型を知らずに自分の勘だけを頼りに好きなように弾いていたら、なんだかおかしな音楽になってしまうものなんです   (具体的には、モーツァルトなのにベートーヴェンかと思うくらいうるさいなぁ、とかバッハをショパンのようにロマンティックに弾いていてなんだか気色悪いねなど。よくあります)   逆に型を知れば、センスや才能がなくても、確実に上手い演奏に近づくことができるんです   次回はその型を知るということ、またセンスを磨く方法などをお伝えしたいと思います         只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。 TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp (レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。) 原口ピアノ教室ホームページ Instagram

      12
      テーマ:
  • 04 Feb
    • バイエルってだめなの?

      あれほど辛いと思っていた京都の寒さにも随分慣れてきました不思議なもので、人間の身体は環境に慣れていくものなんですね。   さて今日は、昔は初心者向けピアノ教則本の王道としてよく知られていた「バイエル」について   当教室では子供の初心者の生徒さんにはほとんど使っていませんし、現在ピアノを習っている子供さんでバイエルでピアノを学習されている方はそれほど多くないと思います。   生徒さんの親御さん方や私の子供時代は、ピアノを習うと言えばバイエルが当たり前の時代でしたので、この教則本については皆さんよくご存知ですが、どちらかと言えばあまり良いイメージをお持ちでない方が多いかも   と感じることが多く、またご質問もよくいただくのでバイエルについて私なりの考えをご紹介したいと思います。   結論から言いますと、きちんとしたピアノ奏法を学ぶ教本として、やはりバイエルは最強 だと思います。   ただ、小さな子供にとっては、   ・はじめからわりと難しい読譜やテクニックを要する練習曲もあり、その難しさに嫌になる。   ・単調でつまらない。すぐ飽きる。ワクワクするような練習曲ではないので楽しくない。   というような、つまらなくて難しい本という印象が強く、現在は使っていない教室も多いようです。   ですがこのバイエル、クラシックの基礎をきちんと学ぶ上ではやはり最強の教則本だと私は思います。   バイエルの上巻下巻すべて終了されると、かなりの読譜力とテクニックが効率良く身に付くので、以下のタイプの方にはおすすめです。   ・元々読譜力がある。読譜にははじめからあまり苦労せず、すらすら楽譜が読める。   ・とにかく上手くなりたい思いが強いので、少々難しい曲やしんどい反復練習にも耐えられる。   ・クラシック音楽を趣味としてではなく、専門的にしっかり学びたい。   ・大人の初心者の方。   ですので、我こそはと思う方は是非バイエルをやってみませんかピアノの指導者仲間でも、やっぱりバイエルは良く出来きた教本だよね、と最近話題になってます。   バイエルとは対照的な教則本としてよく知られているバスティン というテキストを当教室でも使っています。 ピアノの導入教材として今人気ナンバー1のテキストだそうなので、バスティンで楽しくピアノを学ばれているバスティンっ子が日本全国にも沢山いっしゃるようです。   ちなみにバスティンはピアノが苦手な子のためだけに開発されたテキストというわけではなく、クラシックを専門的に学ばれている方もバスティンで育った方が沢山いらっしゃいます。 同門の後輩で現役音大生にも聞いてみましたが、導入期はバイエルをやってきた子、バスティンっ子の両方がいるようです   バスティンのどんなところが優れているのかについては、バスティンカテゴリーの記事にもご紹介していますが、それぞれの教本を比較した記事などもまた書きたいと思います       只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。 TEL : 080-6153-1996/MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp (レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。) 原口ピアノ教室ホームページ Instagram

      12
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 指導理念 楽しいレッスンとは

      昨日、小5の生徒さんからレッスンのご感想をいただきましたので早速HPにアップしました♪また、中学受験を終えたばかりの生徒さんが早速復会してくださったり、嬉しいことが続いています   さて、先日の記事の指導理念 楽しく分かりやすいレッスンって具体的にはどんなレッスンなの   のうちの、まずは楽しいレッスンとはどんなレッスンなのか、私なりの考えをお話したいと思います。   ピアノって弾けたらかっこいいな~、バリバリ弾ける人に憧れる と思う人は多いと思いますが、   実際、日々の練習ではどちらかというと辛いことの方が多いですよね   大人でも努力している割になかなか思うように弾けなかったり、練習時間を確保するだけでも苦労することもしばしばなので、   特に子供達にとっては、難しい 練習がしんどい 面倒くさいこといっぱい できればもっと簡単に弾けるようになりたいのに~と思う方が普通だと思います。   なので、しんどいことをできるだけ楽しいに変えられるよう、生徒さんのやる気を引き出す言葉がけを心がけています。   演奏の良い所などを具体的に褒めることはもちろん、何かを伝える際はその生徒さんが興味を持ってくれそうな例えや、面白いと思ってもらえる表現を取り入れています。   難しい話はできるだけ分かりやすく、クスクス笑ってもらえるような面白い話にすることでとてもスムーズに伝わったり、さらに生徒さんからの言葉を引き出すこともできるので、   生徒さんの立場に立って物事を考え伝えることをポリシーにしています。   飽きない嫌にならない時間の組み方や、楽しくトレーニングできるグッズなども取り入れています。   また、楽しいというのはレッスンに通う間だけではなく生涯にわたり音楽を楽しんでもらいたいというのが一番の願いなのですが、   ピアノを弾くことに限らず、将来やってみたいと思う楽器との出会いや、プロの演奏家のコンサートを聴いたりすることも含めて、本物に沢山触れ人生を豊かにしてほしいと思っています。   そのためには、良い音を知ること、演奏することは教わるばかりではなく、自分で考えたり感じたりできるようになって欲しい。それを繰り返すことでそのうち自分の好みを知ることができたり、深い感動に出会うことができるからです。   受け身のレッスンではなく、積極的に楽しむレッスンを重ねていく必要性を日々感じておりますが、小さな頃から本当に小さなことでも自分で考えたり言葉にすることで、きっと音楽との付き合い方も大きく変わってくると思います。   長~い人生、楽しいことばかりではなく辛い時もありますが、音楽はいつもそばで私達を支えてくれます。学年が上がるにつれどんどん忙しくなり、社会人になってさらに時間に追われる日々の中でも、ピアノに触る時間はとてもホッとします。とおっしゃる生徒さんも多いのですが、   楽器を演奏する時間は自分と向き合うことができ、また素晴らしい演奏家の演奏に出会った時の何ものにも代え難い感動は様々な場面で私達を救ってくれると思います。   ピアノを弾けることや音楽を趣味にできることは人生の財産だと思うので、そんなきっかけの一つになってもらえたらそれほど幸せなことはないなぁと思っています。     只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、詳細はホームページをご覧ください。   原口ピアノ教室ホームページ   TEL : 080-6153-1996(※レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。) MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jp お気軽にお問合せください    yoshiko_pianoroom Instagramに演奏動画や日々の音楽ネタもアップしています          

      11
      2
      テーマ:
  • 20 Jan
    • 私の指導理念

      昨日はとても嬉しい事がありました勤務先の教室のレッスンを休会中の生徒さんが、久しぶりに妹ちゃんのレッスンでお顔を見せてくれたのですが、私立中学に合格しました!と嬉しい報告をしてくれました受験勉強で忙しい中も、昨年の夏の発表会まで休まず継続してくれたとても頑張り屋さんの男の子なのですが、このようにわざわざご報告に来てくれたこと、そしてやっと終わってホッとしたお顔を見られたことは講師としてもとても嬉しいことでしたさて、今日は私のピアノ指導理念についてお話させていただきたと思います。HPやブログのトップページにも書かせていただいております楽しく分かりやすいレッスンというとてもシンプルで、当たり前のような言葉ではありますが、これが私が常に目指している理想のレッスン、最高だと思うレッスンです生徒さんには楽しく音楽を学んで欲しい、そして楽しいだけではなく、やはり上手くなって欲しいという願いからもっと楽しんでもらうには、もっと合理的に上達するにはどうすれば良いのかを常に自分に問い続けています。ただ、自分のレッスンについて客観的な評価をいただく機会はなかなかないので、自分でやっているつもりの事が果たして本当にできているのかしらと思うこともあり昨年からピティナの指導者ライセンスの受験科目の一つである指導実技を受験しています。これは、試験当日に初対面のモデル生徒さんに10分前後の公開レッスンを行い、ピアノ指導の超ベテラン先生方に審査していただくという試験です。受験者に求められることは、制限時間内に生徒さんの演奏をどれだけ変えられるかだそうです人前で演奏したりそれについてのアドバイスをいただくことは何度も経験しましたが、レッスンを審査していただき、講評までいただくという機会はなかなかないので、とても勉強になります講評には良い所と改善すべき点のどちらも書いてくださいますが、良い所は、生徒さんの演奏の良い所を具体的に褒めることで場が和むことと、言葉が明確で分かりやすいとの評価をいただきました。このような講評をいただくことで、私の目指してきた方向性が間違ってはいなかったのだと自信を持つことができ、さらに楽しく分かりやすいレッスンを極めようと、改めて強く思うことができましたで、楽しく分かりやすいレッスンって具体的にどんなレッスンなの というお話は、また次回させていただきたいと思います。  只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、詳細はホームページをご覧ください。 原口ピアノ教室ホームページ TEL : 080-6153-1996(※レッスン中などで電話に出られない場合もございますが、その場合は留守電にメッセージを残していただきましたら折り返しご連絡させていただきます。) MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jpお気軽にお問合せください  yoshiko_pianoroomInstagramに演奏動画や日々の音楽ネタもアップしています   

      14
      4
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 本番の緊張対策 やらない方が良いこと

      昨日はシンフォニーホールにて行われた、チョ・ソンジンさまのリサイタルへ行ってきました Instagramにもレビューをアップしましたが、本当に貴重な体験をさせていただきました さて、本番の緊張関連の記事ばかりが続きますが、今日は絶対にやらない方が良いことについて。 誰でも緊張せずに少しでもリラックスした状態でステージに上がりたいと思うものですが、 緊張をほぐすつもりで舞台袖などでよくやってしまいがちな おしゃべり これはやめた方が良いと思います。 おしゃべりくらいで緊張がほぐれるのなら、皆こんなに本番の緊張に悩まされはずですよね 本番直前のおしゃべりには緊張をほぐす効果はないばかりか、しゃべっている間はリラックスできたように思われて、 ステージに出た途端いきなり緊張が襲ってくるパターンがあまりに多いからです(これ一番最悪です) また本番直前までしゃべっていることで集中力が欠け余計なミスなどにつながるので、 緊張から逃げたいあまりギリギリになってジタバタせず、演奏に集中できるよう静かに自分と向き合う時間を作ることをおすすめします。 あと舞台袖で、先生や保護者の方が演奏の気を付けるポイントなどを一生懸命演奏者に伝えている光景もよく目にしますが、 私は生徒さんには絶対しません 直前に言ったからといってできるものとは限らないし、言うことで余計失敗したりおかしくなってしまうことがよくあるからです。 そもそも逆の立場で考えてみても、本番直前にあれこれ言われたら迷惑ですしねこれまでの師匠にもそんな方は一人もいませんでした 只今新規生徒募集中です体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、詳細はホームページをご覧ください。 原口ピアノ教室ホームページ TEL : 080-6153-1996MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jpお気軽にお問合せください  yoshiko_pianoroomInstagramに演奏動画や日々の音楽ネタもアップしています   

      12
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 本番の緊張対策 ~大人編~ その2

      先日の記事の続きです。 緊張しないためには、どうしたら良いですか というご質問をよく受けるのですが、緊張せずに弾く方法は残念ながらないと思います。 私自身も色々経験しましたが、緊張しない方法は未だに分かりませんし、ベテランの演奏家からもそのようなコツがあるという話は聞いたことがありません。 (元々全くあがらないタイプという方も稀にいらっしゃいますが、ご自分で克服したわけではないので、緊張するタイプの人へのアドバイスはできないことがほとんどのようです) なので、 本番を成功させるには緊張と上手く付き合うしかないのです 今日はその方法について、私の経験や恩師から学んだことをお伝えしたと思います。 当日のプレッシャーを減らすためのコツは先日の記事で書かせていただきましたが、(→★) 今日は本番の一週間ほど前からできるトレーニングについて。 本番テンパらないために特にやっておくと良いことは、ステージでの自分を一週間ほど前から時々イメージトレーニングしておくことです。本番の衣装を着て弾いてみるのも、なかなか緊張感を味わえると思います これをやっておくと少しは事前に緊張状態に慣れておくことができます。 本番での緊張と上手く付き合うには、まず緊張することを受け入れること。 そして緊張すること自体が悪いことではないので、うまくコントロールして緊張感を生かした演奏をしようという意識づくりも大切だと思います。 今回ご紹介したのはあくまでマインドコントロールの話です。一番大切なことはやはりどんな状態でも弾けるための日頃の練習方法なので、また記事にまとめたいと思います 京都市西京区桂(阪急桂駅より徒歩5分)にて1月下旬に開講します体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、詳細はホームページをご覧ください。 原口ピアノ教室ホームページ TEL : 080-6153-1996MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jpお気軽にお問合せください  yoshiko_pianoroomInstagramに演奏動画や日々の音楽ネタもアップしています  

      11
      2
      テーマ:
  • 13 Jan
    • 本番の準備 ~大人編~

      引越しでバタバタしておりましたが、なんとか少し落ち着いてきました防音室の移設やエアコン、ネット工事もようやく終わり、これからはレッスン開講に向けて色々準備したいと思います。そして大好きな京都、やっぱり良い街ですさて、先日の記事で大人の本番対策について書きましたが、個人的にこれは絶対やっておいた方が良いと思うことがありますので、ご紹介したいと思います。演奏に対する準備はもちろんですが、それ以外の事についてです。入退場の際の歩き方お辞儀の仕方衣装での予行練習など。これらの事は子供の生徒さんとはレッスンの際何度も一緒に練習するのですが、以前は大人の生徒さんには入退場の流れを口頭でお話するのだけでしたので、これはやはりしっかりお伝えしなければと今は思っています。流れが頭では分かっていても、本番での緊張状態では少しの事でも動揺しますし、演奏に集中できるよう、少しでも他の事であれこれ考えずに済むようにしておきたいですよね歩き方とかお辞儀までこだわる必要があるの❔と思われるかもしれませんが、やはりスマートにできた方が見た目も美しいですし、ステージマナーが良いことはお客さんへの印象も良いです。後で家族から「歩き方おかしかったよ」などと言われて凹んだ経験をされた話などもよく聞きますし、写真やビデオなどにも美しく記念に残したいですよね。緊張対策として他にもお伝えしたいことがありますので、また次回書きたいと思います。  京都市西京区桂(阪急桂駅より徒歩5分)にて1月下旬に開講します体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、詳細はホームページをご覧ください。 原口ピアノ教室ホームページ TEL : 080-6153-1996MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jpお気軽にお問合せください  yoshiko_pianoroomInstagramに演奏動画や日々の音楽ネタもアップしています   

      7
      テーマ:
  • 01 Jan
    • 2017年

      明けましておめでとうございます 今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます  さて、昨年は色々なことに挑戦しましたが、個人的な出来事としては 魔法のリストボードのM先生のレッスンを10年ぶりに受講させていただいたこと 10年ぶりくらいにステップに出場して継続表彰していただいたこと 6年くらい放置していたピティナの指導者ライセンスの受験を再開したこと Instagramのピアノ専用アカウントを始めたこと などが印象に残っています。  今年挑戦したいことは、 一週間後に引越しを控えているので、ひとまず引っ越し作業を頑張ること それ以外では、 引き続きライセンスの受験を頑張ること (まずは2月締め切りのレポート提出、筆記試験対策を通して音楽史や和声の理解をもっと深める、指導実技を極める) それと並行して、今年は特に導入指導を極めたいです(これ、とっても大事) 後は即興演奏の練習、 そして昨年できなかったスカイプレッスンの開設 またステップにも参加したい などでしょうか。 不器用なのであまり欲張らず、一つ一つのことをゆっくり丁寧にやっていきたいと思います  京都市西京区桂(阪急桂駅より徒歩5分)にて1月下旬に開講します体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、詳細はホームページをご覧ください。 原口ピアノ教室ホームページ TEL : 080-6153-1996MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jpお気軽にお問合せください  yoshiko_pianoroomInstagramに演奏動画や日々の音楽ネタもアップしています       

      21
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 2016年

      2016年も残りわずか、ということでこの一年を振り返ってみたいと思います 一番の大きな出来事は、教室が移転することになり(神戸市東灘区から京都市西京区へ引っ越します) 長い間通ってくださった生徒さん達とお別れすることになったことです 本当に素晴らしい生徒さんばかりでしたので、改めて自分が恵まれていたことを実感しており感謝の気持ちでいっぱいです。 また保護者の皆さまのご理解と日々のサポートにより、充実したピアノ指導を行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。 当教室の生徒さんは東灘区をはじめ、西宮、芦屋、灘区などから通ってくださいましたが、この土地でレッスンさせていただいた中で一番印象に残っているのは、 やはり阪神間の教育レベルの高さ でしょうか。 ピアノに限らず教育すべてにおいて熱心な方が多い地域だとは聞いていましたが、 本当に皆さんしっかりと自立していて、チャレンジ精神旺盛 また日々の努力を積み重ね大きく成長されたことを実感しています 最後のレッスンでは、楽しかった~ と言ってもらえたことが何より嬉しかったです そしてレッスンでは私も生徒さん達から本当に多くのことを学ばせていただきました。 この経験を糧に、私のレッスンモットーである 楽しく分かりやすい レッスンをもっともっと追究してまいりたいと思います 皆さま、長い間本当にありがとうございました  

      5
      テーマ:
  • 30 Dec
    • 本番の緊張対策 ~大人編~

      本番の緊張が半端なくて、 本番の何日も前から不安 いつも失敗してしまう とにかく本番が怖いんです 緊張しないためには、どうしたら良いですか などのご質問をよく大人の生徒さんからいただくのですが、 緊張しない方法は私にも分かりませんただ緊張しても弾けるくらいしっかり準備して本番に臨めば、納得のいく結果が得られると思いますよ とお伝えしています。(その方法はまた別の機会に・・・) 皆さんなるほど!と納得され、練習の段階から一生懸命練習に取り組まれるのですが、 本番直前はこんな風に考えたら気持ちが楽になるのでは と思い、最後のレッスンや当日ナーバスになっている方には以下のようにお話しています。 このステージは○○さん(生徒さん)のためのものです。○○さんのお好きなように弾いていただいて大丈夫ですよ と。つまり失敗しても別に良いんです。 仕事であれば失敗は許されないけれど、ご自分の楽しみの発表の場であって、聴衆から入場料をいただいているわけでもなく、むしろ参加料を支払って参加されているのだから、誰にも何の迷惑もかからないし、文句を言われる筋合いもない。 どのように弾こうがその方の自由なのです。 そう考えると少し気が楽になりませんか? それと特に大人の方が本番前にやっておかれた方が良いことがありますので、その話はまた次回にさせていただきますね♪  京都市西京区桂(阪急桂駅より徒歩5分)にて1月下旬に開講します体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、詳細はホームページをご覧ください。 原口ピアノ教室ホームページ TEL : 080-6153-1996MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jpお気軽にお問合せください  yoshiko_pianoroomInstagramに演奏動画や日々の音楽ネタもアップしています

      7
      テーマ:
  • 28 Dec
    • 導入期のモチベーションの維持と達成感

      子供にとってピアノや音楽は好きでも、毎日の練習や継続することは楽しいばかりではないこともあると思いますが、 今日はモチベーションを維持するためのコツをお話したいと思います 上達するには毎日の練習と毎週のレッスンの積み重ねが何よりも大切なのですが、同じことばかりの繰り返しの日々だとなんとなく気持ちが緩んでしまうこともありますよね。 そこで、小さいうちから達成感を味わう節目を作ることで、メリハリのあるピアノライフを送っていただくことをおすすめします。 達成感と言えば、発表会などの大きな節目をイメージしますが、 もっと身近なところでは、まずは一つの曲を合格すること をもらえると、「やった~」とか、練習に苦労していた曲などでは「やっと終わった~」 などと皆さん嬉しそうなお顔で達成感を味わっている様子を日々感じています。 そしてその次の節目と言えば、教材が一冊終了する時です 特に小さな子供さんはまるで進級するような、自分がワンランク上のステージに上がれるような特別な気持ちで、次の教材をもらうのをとても楽しみにしています この一冊が終わった感を味わえるよう、特に導入期はあまり分厚くない教材を使うことをおすすめします。 バイエルの上巻・下巻のみのような分厚い本だと、いつまで続くのかしら~ と途中で疲れてしまうので、細かく分かれている教材を使って小さな達成感をいっぱい味わっていただいた方が、結果として進度も早くなるようです また初回のレッスンで新しい本を受け取る際も、みなさん目をキラキラさせています 新しい本、というのはいつも子供たちをワクワクさせてくれるんですね。 大きな節目については、また別の機会にご紹介しますね。  京都市西京区桂(阪急桂駅より徒歩5分)にて1月下旬に開講します体験レッスンやカウンセリングのお申込みも受付中ですので、詳細はホームページをご覧ください。 原口ピアノ教室ホームページ TEL : 080-6153-1996MAIL : anniehall_w@docomo.ne.jpお気軽にお問合せください  yoshiko_pianoroomInstagramに演奏動画や日々の音楽ネタもアップしています   

      8
      テーマ:
AD
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。