講演会に行ってきました

テーマ:
皆様 こんにちは!らんちゃんです音譜
今日は講演会に行ってきました。


{AE5D81BB-5947-4BF8-B970-8397C7AC5102}

画像はFacebookのイベントページからいただいてきました。

1歳3ヶ月の時より全盲となった 和歌山県出身の女性です。
テーマは 共存社会ということでのおはなしでした。

自分の親に視覚障害であることから、自分の存在を否定された彼女が、大学時代に参加したスタディーツアーがきっかけで、自分の存在意義を見出し、フィリピンにて視覚障がい児教育支援をすることになったそうです。

視覚障がい当事者が、海外それも発展途上国で働く。
周りからの反対等々も乗り越えて今がある。
目標があるから、今やるべき事がみつかるし、頑張れる。

お話の中で、街で視覚障がい社に出会った時の介助の仕方や、支援の仕方、また当事者が工夫している事。のお話もあり、参加している方からへーとか、なるほど。との声が聞こえてきました。

そっか、その辺りも知らないことに当たるんだなぁー。と改めて気がつく。
私たち親は当たり前のように身についた事も、聞かないとわからないことなんですよね!

ここ山梨で、このようなお話が聞けるチャンスはなかなかないのに、視覚障がい関係者の姿は無し大泣きうさぎ
毎度のことながら残念すぎる。

でも、障がい児教育を学ぶ学生さんたちには届いたことでしょう。
講演会後の交流会では、主催者の学生さんを捕まえて(笑)
なぜ視覚障がいを選んだの?
あなたが考える視覚障がい児教育って?などなど、質問させていただきつつ、親の立場からのお話をきいてもらってきました😊

ボランティアで障がい児とは日頃から接している。
こういう時に出てくる「障がい児」の多くは知的や発達がほとんど。
いても肢体です。

私は聴覚障がい関係者と一緒だったので、視覚や聴覚障がいこそ、共存社会に入っていく可能性が高いのに接点がないのよね。ってはなしてました。
知ってもらえれば、当たり前のように暮らしていけるはずなのにって。

由香理さんは支援しているフィリピンの国立盲学校の屋根の修繕と、あたらしくバスを購入するためにクラウドファンディングをしているそうです。

このシステムを使うのにも理由があると。
ひとつひとつ自分がやる事に意味を持って行動している姿に関心しました。

このページを使って、フィリピンの現実も伝えているのだそうです。

また、会場では支援のためのチョコレートの販売もありました。

{0BF58548-7473-49E7-8580-56ECD8173D67}


皆様の支援の手がとどきますように。

石田さんは著書も出版されています。

〈できること〉の見つけ方――全盲女子大生が手に入れた大切なもの (岩波ジュニア新書)

{6A124DCC-01B8-4E1D-9861-85D0A6BC1C92}

読んでみたいとおもいます。
石田さんの思いが実現しますように!
AD

お話の会からの

テーマ:
皆様 こんばんは!らんちゃんです音譜
今日は2017年初のお話の会でした。
新年会ということでランチ会カナヘイハート
先月もランチ会でしたけどねてへぺろうさぎ

5年目に突入したらんどまーく
現在は、保護者の方々のメンタルケア
お話の会がになう重要なことがこれですねグッド!

子供抜きでゆっくりとランチができる。
我が子自慢を聞いてくれる。
たったそれだけで、気分が上るチョキ
また1ヶ月頑張ろっ!っておもえるんだそうです。

今日も色々な話題について話しをしましたね〜。
親離れ、子離れについてとか
子供は大人選んで行動パターンを変える。とか
ips細胞のはなしとか、昨日ブログにも書いたガイドブックのはなしとか。
春休みに何かイベントやろうか?とかとかとか。

あのときは言わなかったけど、話題に上がったからあえて言うね!
そんな前置きで相手を気遣いつつ、本人が気づいていない点について伝えてあげる。
そんなことが言える関係って素敵だなぁーって思ったりもしました。
自分も通った道だからこそ
気づいた方が、我が子のためになるとわかったからこそきちんと伝える。
この場でなければ余計なお世話カナヘイびっくりっておもわれちゃうかもしれません。
らんどまーくは、今より少しでも前進できるようにと、みんなの気持ちが向いているのだと思うのですクラッカー
 
話している中で、山梨県視覚障害を考える会が主催している「ブラインド ヨガ」のはなしが上がりまして…
毎月やってるみたいだね!
ブラインド ヨガってどんなの??って言いながら調べてみたら、なんと今日が開催日あんぐりピスケ

見に行ってみるー?
聞いてみようかぁーつながる花1

会長さんに連絡してみたら、是非是非きてください。
見学とは言わずに参加してくださいと。

なんの準備もしてないし、ただ見に行くだけのつもりでメンバー1人巻き込んで会場入り。

{D27AF4A8-B9F0-467C-AFB8-BC7AB8AF3B5B}

そしたらやっぱり参加することになっちゃったぁあんぐりうさぎ
運動は皆無のらんちゃん。
大丈夫か??

全盲の方のもお二人参加されていました。
毎月1回開催のブラインドヨガ。
見える人も、見えな人も是非是非ご参加くださいとのこと。
毎月第2木曜日 甲府共立病院にて。


AD

やっと手元に!

テーマ:
皆様 こんにちは!らんちゃんです音譜
今日は1月11日
1がいっぱ~い
1は始まりの数字
新しいことが始まる予感ベル
そんな気がしているらんちゃんです。

そう思っていたら、急にお約束が入りまして…
会いたいですね。
そうですね!
じゃあ、ここでグッド!
ってな感じであっという間に会う事が決まったと言うわけ。
 
最近メディア等でも取り上げられるようになっている冊子
これダウン ご存知ですか??


{09B8255E-FB81-4D26-A99B-390E64AA314C}

nicotto編集室さんが発行している
「放課後等ディサ-ビス ガイドブック kofu」

放課後等ディサ-ビス施設を網羅した1冊
それぞれの施設の特色紹介や、選ぶポイント、Q&A・Mapなど親御さんの視線で作った、知りたかった事が知りたいときに知ることが出来る冊子となっているんだそうです。

すべての施設に実際に足を運び、インタビュ-をするところから行って出来ている1冊ですから信頼が出来きますね!!
表紙をめくるとこんなメッセ-ジが・・・

 

{077CF71D-7BED-464F-AFF5-201CED1DE4C7}
 
お子さんの姿をどのくらい思い描けますか?
お子さんの未来をどのように思い描いていますか?

 
(中略)

ママと過ごすだけじゃない時間を作りたい
子育ての環境は工夫次第で様々に広がります。
 
「家庭だけではできないこと」
「学校だけではできないこと」があるのは事実・・・(略)
 
この1ペ-ジ目に、当事者の親の気持ちが沢山沢山詰まっていると私は思います。
親だからこその思い
親だからこそつくることが出来た1冊。

障がい児(者)のためのものって、かわいくない、お洒落じゃないものが多い世の中。
これはとってもお洒落でかわいいラブラブ
お役所でもらう、思わず隠したくなるようなものとはまるで違うのあせる
そこがまた素敵キラキラ
思わず気持がどんっダウンて落ちてしまう現実を、ふわっと浮かせてくれるような音譜、さあ~我が子にピッタリの居場所を探すぞ~目って張り切りたくなるような強い味方を得たような。

想像以上の1冊でした。
こまかく丁寧に書かれた1冊です。

最後にはこんなメッセ-ジが添えられています。
 
エピロ-グ

子どもと過ごす時間は限られています
親や家族ができること、できないこと

たくさんの知識や知恵を活用して充実した
子どもの時間をオ-ダ-メ-ドできたら…

このガイドブックnicottoとの出会いが
我が子との時間のオ-ダ-メ-ドを
 
楽しく思い描き 歩みはじめる
家族がいることを願っています

この思いが届きますように
 
nicotto

そうなんです。
こどもとの時間は限られていて、今は今しかないんです。
毎日我が子と向き合っていると、早く大きくなってくれないかな~。って思うもの。
でも、なんとなく過ぎてしまうか、親として出来る限りの事をして過ごしていくかで後々色々な違いが出ると思うのです。

この素敵な冊子が、必要な人の元に1冊でも多く、少しでも早く届きますように!!
とは言え、有志で作成されたものですから50冊しかありません。
 
でも大丈夫!!
お手元に渡らない方もご安心くださいね!!
HPはこちらにありますから⇒パソコン



 
 
 
 
 
 

 

AD

新年明けましておめでとうございます。
かなり遅いご挨拶ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今日あたりから学校も始まったころでしょうか?
お母様方お疲れさまでしたウシシ

わが家の様子はと言えば…。
12月28日に学生寮にご挨拶もかねて息子を迎えに行きました。
初めの心配はどこへやら?
4月からほとんど寮に母が行くこともなく過ごしてしまった9カ月。
寮長・寮母さんには大変お世話になったことだし、話もあることだろう・・・。と思っていましたが、寮の方でも特に問題もないし変わったこともない。

外出や外泊も多くて、行動的ですねビックリマーク本当に・・・爆 笑
お話終了(爆)

 

そして5日まで家族と過ごし、電車に揺られて昨日のお昼に寮に帰って行ったわけですが・・・。

う~~~ん

本当に書くことがないくらい普通な8日間でしたウシシ
学年が上がれば上がるほど、私自身どんどん楽になって行きまして、今では本当に「視覚障がい児の親であること」すら意識の中から飛んでしまうんです。
わが子に障害があると分かったころの私には、こんな日が来るなんて想像すらできませんでしたよね~。
勝手に「きっと苦労の連続で、幸せに何かなれっこない。」って思っていた時期もあったのですからあせる

たまに、全盲でもTVに取り上げられる人を見ては、「どうせ中途失明でしょ。見える世界を知ってる人と先天盲とは違うのよ~。」って思っていたし叫び
かなりとんがっていましたよね。
ひとりぼっち感が強すぎて・・・えーん

 

息子と娘と話をしていてね気が付いたこと。
母親はいまだに「見えない」ことに執着しているって言うのかな?そこから抜けていないのだけれど、子供たち特に当事者である息子は「見える・見えない」の次元にはもはやいないようでした。

唯一見えない事で困っていることと言えば…
体育の授業なんだとか。

運動制限がかけられているので(大学側から)受けられる授業が限られていて、運動制限者のための授業は、体を動かさない代わりに視覚を使うものが多いのだそうです。
たとえば「絵を描く」とか・・・。
えっ? 体育なのに??と思わず聞いてしまいましたよあせる

 

一つ一つ行動で示して見せていくしかないね~。って言う結論に達したのですが、

「そこまでのエネルギ-がない。貴女のような・・・。」といわれてしまいました~。

まあ、そうですよね~叫び
恐らくわたしだって自分のためなら、自分が我慢すればいいか~って思ったりしちゃうもの。
でもね、この問題はそうもいかないじゃない!!
だって単位が取れないってことはさ~。

・・・・ だから問題なんだよ~。って振り出しに戻る(笑)

 

まあ、なんとか頑張って下さいな。

 

あっ そうそう

おもしろいこといってました。

今までの人生をふりかえって一番たのしいのはどの時代?の問いに

「高校生活がダントツチョキ

そして

「その次に来るのが今かな~。まあ、大変さはあるけどさっ。」って。

それを聞いて嬉しいような、さびしいような気持になった母でした。
母との二人三脚はランキング外なのね~えーん

 

話を聞いていて感じたことは、やっぱり自分でやったからこそなんだなと思う。
地元での思い出はやった事ではなく、やらされたことと表現されるの。

地元の学校はあくまでも出身校であり、母校は3年間しか通っていないのに高校なんですって。
まあ、そんなものなのでしょうかね??



今年はめっきり点字が付いた年賀状も減りました。
もっとも息子が出さないんだから仕方ありませんが・・・ゲラゲラ
 

1年また1年と年々、視覚障がいを意識しない生活になって行くことがふしぎなものだな~って感じております。

2週間ほどで春休みに入るようですが、当分帰ってくることはない様子。
まあ、楽しんでいると言う証拠なので見守りたいと思います。

今子育て真っ最中のお父様、お母様。
先を行くわが家もその頃はやっぱり毎日が大変でした。
でも大丈夫ビックリマーク
10年後15年後いやいやもうすぐ、私のように振り返る時期がやってくるのですから。
今の時間を二人三脚が出来ることを楽しみながら子育てして下さいね!!

ではでは
ことしも1年がんばりましょうグッド!

らんどま-くはあいかわらず、ゆったりのんびりした「居場所」として続けていきま~すベル

 

お話の会 〜忘年会〜

テーマ:
皆様 こんにちは!らんちゃんです音譜
日に日に寒くなってきましたね。
気が付けば師走。
カレンダ-も最後の1枚になってしまいました。 はやいものです汗
 
本日 12月8日は、らんどま-くのお話の会でした。
12月という事ですので、一足早い忘年会ベル
と同時に、今月21日はらんどま-くのお誕生日バースデーケーキとなります。
発足してから丸4年がたちまして、5年目に突入カナヘイびっくり
5年か~。としみじみ思いながら会場に向かうのでありました。
 
今日は、パスタ屋さんでの忘年会。
個室の予約が取れたのでゆっくりとお話をすることが出来ました。
お話に夢中になりすぎて、撮った写真はなんと!!

{39FF0909-4DEA-4B2D-B02A-8D21EC23572D}
 
これ1枚でした大泣きうさぎ
桜エビと白菜のペペロンチ-ノ
みんな、からい からいと言いながらも完食ウシシ

ブログの更新もあまりないまま、5年目を迎えようとしているらんどま-くビックリマーク
5年の間に色々形を変えながらも細々とでも続けられていることに、驚きと感謝の気持ちとでいっぱいです。

私が子育て真っ最中だったころは、今のようにSNSもなかったし、県内外に視覚障がい児が集う場所もなかった。
真っ暗闇で日々過ごしている我が子と同様に、真っ暗闇のトンネルを光を求めてさまよっていた自分。
我が子が自分の手元から離れると言う事になり、何か自分に出来ることはないのだろうか?
そんな思いだけで立ち上げた『らんどま-く』

4年の間に、わが家の環境の変化やそれに伴うわたし自身の心境の変化、沢山のことに気が付きました。
始めてしまえば、みんなの力も借りながらなんとかなるでしょビックリマーク
な~んて軽く思っていたけれど、いろいろな思いが自分を追い込んだ時期もあったな~。

そんな中、らんどま-くのメンバ-ひとりひとりに変化が見え始めてきたんですよね。
常に下を向いている感があった保護者の方達の視線が、ぐっと上がり希望の光虹を見つけ始めたように思えたキラキラ
今まで閉鎖的思い、考えの中で日々を過ごしてきたのに、少しづついける場を探しすこしづつ『選択肢』を見つけ、増やしていけるようになった。
 
 
らんどま-くを続けてみて思う事。
やっぱり1番必要なことは親のメンタルケア
安心して話が出来る場がある
我が子の話を聞いてくれる場がある
小さな小さな小さな1歩であっても、「すごいね!」「やったね!!」って一緒に喜んでくれる仲間がいること。
それってどれだけ心強いことなのか。

求めれば見つかる
そして
行動すればつかめる と言う事を、それぞれが体感し実感できていること。
すばらしいな~って思うのですウシシ

体調が悪くても、この日だけはなんとか行きたいと思ってもらえること。
毎年恒例となりました「さくらんぼ狩りさくらんぼ」がご家族の(とくにご主人のにひひ)意識改革に貢献できていると言う事。
らんどま-くをとおして出会った方々とのご縁がほんとうに素晴らしいものであると言う事。
何より4年間、毎月欠かさず開催できていることに、本当に感謝せずにはいられません。

メンバ-誰もが思っていること。
こう言う場に来たいと思っている人、求めている人はきっといるはず・・・。
新しいメンバ-が増えてくれることで、きっと新たな風が吹きさらにこの会が有意義なものとなるに違いないと・・・。

先月のお話の会終わりに、教育相談に来ていた子をお見かけして声をかけさせていただきましたが・・・。
それはそれは警戒されているようで、私は不審者か??って思えたんだけどさ
今思えば、あのころはそんなものなのかもしれないよね~。ってみんなでしみじみと思い出す。
 
だってさ、勧誘とかされなかった?
宗教とか、神様とかそういうたぐいのことガーン
あった あった~ビックリマーク(一同に www)

親切にしてくる人=勧誘 みたいな(笑)
そんな話で盛り上がってみたりね。
 
視覚障がい児サポ-トってついてるけど、毎月来ている人たちの中には視覚障がいではない人もいます。
盲学校に通っていない人の方が、今は多いかもしれません。
いいの いいの
もちろん会話には、視覚障がい系の事が沢山出ます。
でも、兄弟は健常児なわけだし普通に健常児の子育ての悩みも登場するし、参加者の中にお父様もいる中、
「旦那がちっとも協力してくれない。世の中の旦那って・・・。」っていう話にもなる(爆)
 
そんな話をしてるとね、障がいがあるとかないとか、見えるか見えないとかそんな枠を超えてこの会が存続しているんだな~って思えます。
それからね、いろんな子がいるからこそ学ばせてもらえることも多いよね!って言う話も出ました。
私たちにとっては当たり前のことも、それ以外の方たちから見たら当たり前ではない事がいっぱい。
 
白杖を「はくじょう」って読むってこととか、
白杖は全盲の人以外の人でも持っていると言う事とか、
全盲の人って慣れた場所なら、思っている以上に動きが素早いんだとか、
盲学校って見えない人だけが通っているわけじゃないと言う事とか、
幼稚園児から大人の生徒さんまでが同じ校舎内で学んでいるとか・・・。

そっか そっか
知ることっておおきいことだねビックリマークって。
もっと沢山の人に知ってほしいことがいっぱいあるねビックリマークって。
 
小さな 小さな会だけど、細々とでも続けたいね音譜
きっと知らないだけで、こう言う会に入りたい人はいるはずだよね。
普通校に通う「弱視学級のお子さん」きっと誰とも繋がれないでいるはずだよ。
未就学児のお子さんをそだてているママさん、不安で押しつぶされそうな毎日を送っているはずだよねえーん
 
それから、学校を卒業した大人の人たち。
立ち上げたころに言われた言葉が、今でも私の中に強く残っています。
「自分たちも集まれる場がほしいんだよ。」
私の中にある課題の一つ。
でも大人の方たち。どこまで、どのようにかかわれば・・・。
 
この話をしだすと長くなるので今日はこの辺でウシシ
 
らんどま-くの扉はいつも開いています。
それぞれにくるしいな~って思いながらも歩んできたママさん、パパさんたちが笑顔ニコニコで待っていますラブラブ
ぜひぜひ1歩踏み出してみてね。

でも、下の子がまだ小さくて・・・。
そんなママさんでも大丈夫ビックリマーク
そこにいるのはみ~んな子育て経験者。
お話の会に連れてきちゃえば、誰かしら子守りが付きますから www
 
たまにしか書かないからついつい長くなっちゃいました。
お付き合いくださいましてありがとうございます。

もうすぐ冬休み。
世の中のママさんたちは大変になる~あせる
ふぁいとで~すグッド!