若手社員キヨハラのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しく御願い申し上げます。

年始早々ですが、生命保険に関して大きなニュースがあります。

 

生命保険料率の大幅改定が本年4月に予定されています。

マイナス金利の影響により、貯蓄系の生命保険が大幅値上げとなる予定です。

 

そもそも、生命保険料はどのようにして決まるかというと、大まかに記すと

 

生命保険料=

「①保険会社が契約者に対して支払う保険金の備え」+「②保険会社の諸経費」-「③契約者から集めた資金を保険会社が運用して得た運用益」

 

という式で計算されます。

③は、「予定利率」という指標が影響します。予定利率とは、保険会社が「●%は運用して割引きします」と、契約者に約束しているものです。

約束しているので、原則として途中変更はできません。

したがって、昔(20年程度以上昔)の契約は、現在と比べると割安で加入出来ていると考えることが出来ます。

貯蓄機能のある保険であれば、現在の預金利息などと比べ割高な利息がついていると考えられるため、

こういった「お宝保険」は解約せず保有しておくのが望ましいと考えられます。

 

また、金融庁から保険会社に対して発表される、「●%は運用して割引きせよ」という目安の数値が、「標準利率」というものであり、

保険会社各社はその数値に準じた予定利率を設定します。

保険会社が設定する「予定利率」は、各社同一ではなく、保険会社によって多少異なります。

 

ここからが本題ですが、昨年来のマイナス金利により、本年4月を境に「標準利率」が1.0%→0.25%に引き下げられることが決定しています。(20年前は2.75%でしたが段階的に引き下げられています。)

したがって、保険会社各社が予定利率を引き下げるため、割引率が小さくなり値上げになるという流れです。

 

この影響を受けやすいのが、終身保険養老保険といった、貯蓄機能のある保険です。

上記の保険は、本年4月1日を境に大方値上がりすることが予定されています。

値上がり率は20~30%程度が多いですが、50%近く値上がりしたり、販売そのものが停止するケースもあります。

保険の見直しや、貯蓄の一つとして保険活用を御検討されている方は、本年3月末が大きな区切りになるといえます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

y-kiyoharaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。