2011-07-29

受け口、反対咬合の矯正治療について

テーマ:治療例
◆受け口、反対咬合の矯正治療について

池袋の茗水(めいすい)矯正歯科、院長の北原です。

以前子供の反対咬合について記事を書きましたが、もう少し後の反対咬合はどうするのか、についてお話しします。

大人や、成長のほぼ終わった段階での反対咬合では、顎の成長のコントロールはもうできません。

そこで問題になるのは、矯正単独で治せるのか、あるいは外科矯正が必要になるのかということです。

外科矯正は、前回記事に書いたように、保険がきく矯正治療で、外科的に顎の骨をずらして咬み合わせを正しくする、手術を併用する矯正治療です。

受け口で、上顎と下顎の骨のずれがそれ程大きくない場合は矯正単独で治療を行います。

外科矯正は全身への負担が大きいので、通常はなるべく矯正単独で治療する方針を立てます。

しかし、上顎と下顎の骨のずれが大きい場合、外科矯正が必要となります。

顎の骨のずれが大きすぎると、歯を動かしても咬み合うところまで届かなかったりします。

限界を超えて無理に歯を動かすと、顎の骨から歯が飛び出して、歯ぐきがいちじるしく下がったりします。

また、外科矯正でも矯正単独でもどちらでも治療が可能なボーダーライン上にある場合もあります。

治療結果の違いは、外科矯正をした場合は顎が引っ込んで顔立ちがよくなり、矯正単独では歯並び、咬み合わせは良くなるものの、顔立ちはあまり変わらないことです。

ボーダーラインケースの患者さんは、手術の方法、入院期間などを説明し、顔の変化をコンピューターで予測して作った写真などを患者さんに診ていただき、患者さんや、親御さんと話しあって、治療の方針を決めます。

写真はボーダーラインケースの患者さんで、診断の際、矯正単独の治療を希望された患者さんです。

上顎の骨が小さかったのですが、上下の小臼歯(糸切り歯の後ろの歯)を抜いて、歯並びと咬み合わせを治療しました。

矯正治療前
$池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります 池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります $池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります

矯正治療後
池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります 池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります $池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります

上顎の歯並びのでこぼこと、受け口が治りました。

◆茗水矯正歯科
池袋西口より徒歩3分
【住所】豊島区西池袋3-25-15-4F
ご質問、ご予約は03-3982-8610まで、お気軽にお電話ください
WEB予約ページ
当院へのアクセス
当院へのアクセス(地下通路編)
【診療時間】AM10:00~PM6:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日(月3周目は水曜日・土曜日)
当院は、池袋、雑司ヶ谷、板橋、目白、練馬、駒込、上野、日暮里、千川、御徒町、富士見台、大泉、赤羽、茗荷谷、奥沢など、都内各所から、また、川口、朝霞など、埼玉からも通院いただいています
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

池袋の矯正歯科認定医、北原さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿