2011-07-22

子供の受け口の矯正治療について

テーマ:治療例
◆子供の受け口の矯正治療について

池袋の茗水(めいすい)矯正歯科、院長の北原です。

最近は学校の歯科検診で、むし歯だけではなく、歯並びや、咬み合わせのチェックもします。

受け口の子はそこで注意を受けることがあります。

受け口の治療は矯正治療の中でも早く始めた方が良いと言われています。

受け口の原因にはいくつかあり、歯が生える土台の下顎が大きい事、上顎が小さい事、下顎の前歯が外側に傾いている事、上顎の前歯が内側に傾いている事などがあげられ、それらが組み合わさっている場合もあります。

そのうち歯が生えている土台の顎の骨格に問題がある場合は、小学校低学年くらいの、早いうちに治療した方が良い場合が多いのです。

受け口が顎の骨には原因はなく、歯が原因の場合は、私は治療開始はもう少し後の小学生3年生頃で良いと考えています。

子供の骨格はある程度は成長のコントロールができます。

図はチンチャップという装置で、頭の部分から顎あてをゴムで引っ張る装置です。

顎の成長の方向を変える効果があります。顎の前への成長を抑え、下方向へ変化させます。

完全に成長を止めることはできないと言われています。

$池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります

実際にこの装置を使った患者さんの変化です。下顎の骨が大きいのが受け口の原因で、小学校2年生の7ヶ月間装置を使用されました。

     矯正治療前
池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります 池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります $池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります

     矯正治療後
池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります 池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります 池袋3分の矯正歯科-キレイな歯並びで笑顔を作ります

受け口が治って口元が自然な感じになりました。

このように受け口の原因が下顎の骨にある場合は、小学校低学年くらいに治療を受けるのがよいので、受け口の原因を早めに調べることをお勧めします。

◆茗水矯正歯科
池袋西口より徒歩3分
【住所】豊島区西池袋3-25-15-4F
ご質問、ご予約は03-3982-8610まで、お気軽にお電話ください
WEB予約ページ
当院へのアクセス
当院へのアクセス(地下通路編)
【診療時間】AM10:00~PM6:00
【休診日】木曜日・日曜日・祝日(月3周目は水曜日・土曜日)
当院は、池袋、雑司ヶ谷、板橋、目白、練馬、駒込、上野、日暮里、千川、御徒町、富士見台、大泉、赤羽、茗荷谷、奥沢など、都内各所から、また、川口、朝霞など、埼玉からも通院いただいています
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

池袋の矯正歯科認定医、北原さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿