その2よりつづく…*…*…*


7月15日の夜は睡眠薬の注射でけっこう寝られましたが、効果が切れた朝4時くらいからまた陣痛との戦いが始まりました。

ベッドの棒にしがみつき、声出すのを必死にこらえるレベル。
確実に昨日より痛くなってる…汗

夫は
『終わったらすぐに来るからね!』
という言葉を残し、早朝から仕事に出発しました。

そのあとも痛みはどんどん増していきました。

朝6時より、院長による診察。
子宮口広げるものをつけて一晩過ごしましたが、残念ながら子宮口は3センチ。

子宮口を更に広げるため、バルーンを入れることに。
一回途中でパーンと割れて失敗..凹みました(笑)
二回目はさすがに成功。
しかもその処置をしてる間にも陣痛はやってきて、ハンカチを噛み締めて耐えました汗

子宮口開きますように、と祈りながら病室に戻り、すぐに促進剤投与開始!!!

残念ながら、ここから出産までは意識がとぎれとぎれです(笑)


促進剤の効果は抜群で、そこから前日とは比べ物にならない痛みがやってきましたっ!!アセアセ


しかも、気付けば自分でもビックリするような大きな声で、
『いたーーい!!いたいよーー!あーー!』
とか叫ぶように汗汗汗(笑)
叫ぶ人もいるとは聞いてはいたけど、私は叫ぶタイプではないと思っていたのでそんな自分に衝撃を受けました(笑)

助産師さんは慣れていて、
『痛いよねぇ。
 でも痛いのこないと赤ちゃんもおりてきてくれないからねぇ。』
となだめてくれました。

朝8時くらいから、母に来てもらい背中をひたすらずーーっとさすってもらいました…*
背中をさすってもらいながら、
『痛いよねぇ。痛いものなんだよ~。子ども産むって大変だよねぇ。』
と話しかけてもらうだけでも、少し心が軽くなりました。


昼に再び院長による診察。
いつあの痛みが来るか分からない中、助産師さんにつかまりながら内診台までフラフラして歩いたのを覚えています(笑)

問題のなかなか開かなかった子宮口を確認すると、なんと7センチ大!!!

院長も、
『いいよいいよ、いい感じだよ~!♪*
 午前中だけで一気に開いたね~!
 夜には産まれるかなぁ~(^^)電球
と言ってました。

……が、余裕のない私としては、
『は?!夜まで続く?
 夜って何時よーー!(;´Д`)ノ』←もちろん心の声(笑)
という感じでした(笑)


お昼過ぎには夫も到着しました。
そこからは、母と夫が交代で背中をさすり続けてくれました。

あまり覚えてないけど、15時か16時くらいには陣痛の痛みと一緒に『うーー!!むっダッシュ』と、いきみたくなる現象がでてきました!!
話は聞いていたから、これがこれかぁぁー!!(?)という感じでしたアセアセ(笑)

助産師さんには、
『力入れないでねー!
 フゥーウ、フゥーウ!ってやるんだよ~!』
と優しく言ってくれてましたが、私にそんな器用なことできず、毎回メッチャ力入っちゃってて心配になりました苦笑(笑)

そのあたりから、母や夫にテニスボールでおしりを押してもらいながら背中をひたすらさすってもらう時間が続きます。
長時間、大変だっただろうな..汗

また、飲みたくなくてもしっかりと水分を取るように!!!、と助産師さんに言われて、スポーツドリンクをストローで飲ませてもらったのですが。。。
吐き気に襲われて飲むのが大変でした。

17時前くらいに院長が登場。
子宮口全開を確認。
『よし、いいでしょう!OK!』
やっっと出産へのゴーサインが出ました!!泣くキラ☆キラ☆

助産師さん達が出産準備を始め、17時半くらいから分娩開始。

朝9時頃からずーっと私を見てくれていた若い助産師さんは17時までのシフトだったので、ここで、
『私は帰るので、がんばってくださいね(^^)
 がんばりましたね!すごい!
 お子さんは7月16日生まれですね!(^^)』
と言って帰りました。
本当に優しく頼もしい助産師さんでした!!*


助産師さんが二人来て、ずっと陣痛を耐えていた部屋のベッドが、分娩台に変わりました。

部屋にはTVがあったのですが、その映像がリラックスできるようになのか、綺麗なイルカの映像に変わりましたキラキラ(笑)

分娩の付き添いは一人までだったので、夫に立ち合ってもらうことに。
(母は廊下で待ってくれました…*)

ここからは、私はそれまでと比べると全然辛くなかったです。
ちょっとお腹痛くなったかなぁ??ってときに、力を入れていきむ!の繰り返しでした!!

『頭見えてるよ!!』
とか言われると、もう嬉しくて嬉しくて1heart*1heart*1heart*

ずっとお腹の中にいた赤ちゃんに、もうすぐ会える!!!1heart*

分娩の時の助産師さん二人もベテランさんで、とても優しく、
『上手上手!!!』
と誉めてくださいました。

夫はひたすらずっと汗をふいてくれてました。


でも、赤ちゃんはなかなか出てこず。。。(笑)

助産師さん二人も顔を見合わせる回数が増えましたサー・・・・ッ


すると、再び院長が登場!!!

そして、私がいきむ時にさりげなく院長は何かしてました。

私は『これが、会陰切開だな(^^;』とすぐ分かりました。
でも、やはり痛みはよく分からなかったです。

『次いきんだら、100%赤ちゃん出てくるよ!』
と院長。

今までと同じようにいきむと、ヌルヌルヌル~っと生温かい赤ちゃんが出てきたのです!!

そして、すぐに可愛い産声を聞かせてくれました!3heart*


時間は18時27分。

頑張って生まれてきてくれた息子には、ありがとう!の気持ちでいっぱいです。

母や夫にもありがとう。
二人のおかげで乗り越えられました!

院長先生、助産師さん達も、迷惑ばかりかけてたのにずっと励まし続けてくださり、感謝です。




ここまで長くなってしまいましたが、この出産した日のことずっと忘れたくなくて、記録させていただきましたキラ☆

読んでくださった方ありがとうございます!!

この日の大切な気持ち忘れずに、育児も楽しみながらやっていきたいと思いますべび①
AD

出産の話。その2。

テーマ:



その1より続く。。

出産前日の7月15日の話…*…*…*


7月15日の夜中2時、私が布団についたところから始まったお腹の痛み。

痛い!!!と思ったり、また痛くなくなったりの繰り返し。。

『じ、陣痛きたーーー!!!
  間隔はからなきゃーー!!!』
と、私は半分パニック汗汗

夫も起こし、陣痛が始まったかもしれないことを伝えると、
『とりあえず俺は明日も仕事あるし寝てるから、何かあったらすぐ起こしてね!』
と言ってくれました。

痛みは、声をあげてしまうような痛みではないけど生理痛がちょっとひどくなったような感じで。。
間隔とかも気にしてたら、全く寝られずアセアセ

一睡もできず朝になりました。

痛みの間隔も短いときは5分おきぐらいになったので、病院に電話。
(でも再度言いますが、今思うとこれは前駆陣痛汗笑)

5分です。。と言ったので、やはり、
『入院準備して来てください!』
とのことで、早朝5時からタクシーに乗り、夫と共に病院へ出発!!

朝5時30分くらいに病院到着。

到着後は、いつも通り血圧体重を計り尿検査をして内診。

早朝で申し訳なかったけど、呼び出されたであろう院長が登場し内診が始まりました。
(これが結構痛い。。)

『うーーん。。
 お腹痛いかもしれないけど、赤ちゃんはまだあまりおりてきてない。
 とりあえず入院してもらうけど、今日の夜に産まれたら早い方だと思っておいて。
 子宮口はまだ1㎝しか開いてない。
 ちょっと病院来るの早かったかも~(^^;』

今日産むつもり満々で来ていた私は軽くショックを受ける( ̄▽ ̄;)
こんなに痛いんですが??
この痛みとずっと戦うのかと思うと気が遠くなりました。。

とりあえず分娩もそのままできる部屋で入院。


夫はそのまま朝6時前には仕事に向かい、そのあと朝9時くらいに母が来てくれました。

入院後の痛みの間隔はまちまちで、5分開いたり、長いときは20分開いたり。
痛む時間は大体1分くらいだけど、最初の30秒くらいがすごい痛かったのを覚えています。
痛い時は叫ぶほどではなく、普段の喋り声程度で
『あーきたきた!痛い痛いー!汗
とベッドの棒につかまりながらうなる程度。
痛くない時間はTV見たり、おしゃべりしたりする余裕がありました。

朝から来てくれていた母は、用事があったため昼過ぎに帰りましたが、そのあと夕方前には仕事を終えた夫が来てくれました。


内診が、昼と夜二回ありましたが、院長の反応はどちらも、
『うーん。。まだまだだね汗
とのこのと。。

えーーー?!こんなにお腹痛いのにー??!アセアセ

夕方には、
『赤ちゃんもまだおりてきてないし子宮口もあれから開いてきてない、そしてお腹も張ってない。
  お腹は痛いだろうけど、今日はもう産まれないだろうから今夜は睡眠薬を注射して寝て体力備えてもらおう。
 結構強い睡眠薬だから、痛くても薬が効いてる4時間くらいは寝られるんじゃないかな。
 昨晩も一睡もしてないんでしょ?
 それじゃあ実際出産、となっても体力もたないから。』
と説明を受けました。

また、その日の夜は子宮口を広げるものをつけて過ごすことに。

そして、、陣痛が強くなってこなかったら、翌朝から陣痛促進剤を『錠剤のもの』→『点滴のもの』使っていくことなることの説明を受けました。

促進剤を使うことには意外とあまりショックはなくて、もうお願いだから早くこのお腹の痛みから解放されて赤ちゃんに会わせてー!!という気持ち。

そして、明日には赤ちゃんに会える可能性が高いのかと思うと不安ながらも胸が高鳴りました!!*


その日はありがたいことに夫が病室に泊まってくれほんとーーーに心強かったです。
何気に初入院で不安いっっばいで。。汗
泊まることを許してくれた助産師さんにも感謝。。rabbit*
夫は次の日も病院から職場に行ってくれました。

夜中ももちろん5分~15分おきくらいにお腹痛かったけど、注射の睡眠薬の力はものすごくて4時間くらいはグッスリ寝られましたZZz



なんか出産の話だいぶ長くなってしまった。。苦笑苦笑苦笑

その3へつづく…*
AD

出産の話。その1。

テーマ:




もう2ヶ月経ってしまいましたが、出産の話を記録しておこうかと思います。

まず、最初に話しておくと私の出産は長くて決して安産ではありませんでしたhunya*汗
まぁそれでも難産でもなかったし、何より息子は健康に元気一杯産まれてきたので本当に感謝ですflower*


まず、さかのぼって7月11日。

この日は定期検診の日でした電球
お腹の子が大きめとのことで骨盤のレントゲンも撮りました。

エコー見て、顔が険しくなる院長(´°ω°`;)

『大きいわぁー!こりゃ大きい!
  もう3キロは絶対いってる。
  予定日の7月19日にはほぼ確実に4キロいくでしょう。』

とのこと。

そして、

『レントゲンの結果はね、残念ながら安産型ではないのよ。
でも、まだ赤ちゃんが通れる余裕はまだある。
 今のところ赤ちゃんはまだあまりおりてきてないから、このままおりてこなさそうだったら期限決めて帝王切開になるかな。』

気持ち的にはズーーンって感じでした。・゚・(ノД`)・゚・。

帝王切開も安全だとは分かってるけど、心の準備ができておらず、いろいろ調べるのことにしました。

調べているうちに帝王切開のメリット、デメリットを理解し、だんだんと覚悟もできてきました。
夫とも、
『どちらでもいいから、早く会いたいね♪
 無事が一番!
 ここは院長先生の判断にお任せしよう(^^)』
とか、
『予定帝王切開になったら、日にち分かるから仕事休んでその日は病院行くね(^^)』
とか話したりするように☆


ただ予定日前ですが、大きさ的にはもう出てきて大丈夫だったので(笑)、
『もう出てきていいよーひよこ♪
とお腹に話しかけ、散歩もしたりしました。



そして、その後やっと体調に変化が現れたのは7月14日。(予定日5日前)

なんと、朝起きるとおしるしがきてたのです!!*

その時、夫は仕事で家に一人だったんですが手が震えました(笑)

あとなんとなーーく、生理痛の軽い版みたいな痛みが汗
『あぁなんか懐かしい痛みだな。。』
なんて思いました。

もーすぐ陣痛がくるのかぁぁー!!と思うとドキドキワクワクしましたhappy*
(今思うと、あの痛みを知らない初産ならではの余裕だわ。笑)


でも、その日はそれ以外何の変化もなく家事もいつも通りこなし、そのまま過ぎていく時間。。
念のため、散歩とかも行かず家で過ごすようにしました。

結局そのまま夜になり、寝る時間にZZz

私は産休入ってから夜型人間になっていたので(遅寝遅起き。苦笑)、いつも通り夜中2時に
『そろそろ寝るかなぁー』
と思って、布団に横になりました汗
(因みに夫は仕事で朝早いので22時くらいに就寝済み。)

_<)


その2へ続く。。baby boy*
AD