【1月9日セミナー】
厚生労働省の発表によると、日本の子どもの貧困率は15.7%(2009年値)。
1980年代から一貫して増え続けています。ようやく子どもの貧困を
社会問題として認識しつつある日本社会ですが、子ども手当、
高校授業料の無償化など、子どもに対する政策は迷走状態にあります。
今、日本が、子どもの貧困について、できることは何なのか。
グローバル化の避けがたい影響として、増え続ける子どもの貧困に
手をこまねいて見ているしかないのか。1999年に「子どもの貧困撲滅」を
公約に掲げたイギリスは、2010年に「子どもの貧困法」を成立させ、
政府が子どもの貧困を削減することを義務づけられました。
一方で、日本では子どもの貧困率は公表されたものの、貧困の子どもたちが
どのような状況にあるのか、子どもの貧困にどのような教育、福祉、
社会保障政策を打ち出していくべきか、模索の状況にあります。
イギリスの十数年の成功と失敗から、日本が学ぶべきことは何か。
たっぷりと議論していきます。

<京都> 子供の貧困に対する政策を考える。
日時 : 2012年1月9日(月・祝)10:00~17:00
場所 : 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 ハーディーホール
地図 : http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html

開会挨拶: 橘木俊詔(同志社大学ライフリスク研究センター長)

第1部(10:10~12:00) 日英における子ども手当・子ども給付の迷走
1)「イギリスの家族手当の変容:新政権の動き」ジョナサン・ブラッド
ショー(ヨーク大学)
2)「子どもの貧困対策と日本型福祉システムの限界: 子ども手当の迷
走」所道彦(大阪市立大学)
司会: 山森亮(同志社大学)

第2部(13:00~14:45) 子どもの貧困と社会的排除を理解する
1)「子どもの貧困における親の役割」エスター・ダーモット(ブリスト
ル大学)
コメント: 阿部彩(国立社会保障・人口問題研究所)
2)「子どもの貧困と「重なりあう不利」」松本伊智朗(北海道大学)
コメント: ジョナサン・ブラッドショー(ヨーク大学)
司会: 矢野裕俊(武庫川女子大学)

第3部(15:00~16:45) 子どもの貧困に抗う実践プログラム
1)「子どもの貧困とソーシャルワーク」湯澤直美(立教大学)
2)「貧困と子どものコンピテンシー」埋橋孝文(同志社大学)
コメント: デイヴィッド・ゴードン(ブリストル大学)
司会: マーサ・メンセンディーク(同志社大学)

閉会挨拶: 阿部彩(国立社会保障・人口問題研究所)

※同時通訳あり。参加無料、参加登録不要。 当日、直接会場にお越しください。

※プログラムの詳細はチラシ(PDF)をご覧ください(⇒
http://www.ipss.go.jp/int-sem/JPUK2012/index.html

主催:国立社会保障・人口問題研究所/ブリストル大学
共催:同志社大学社会福祉教育・研究支援センター/同志社大学ライフリスク研究セ
ンター
独立行政法人日本学術振興会 イギリスEconomic & Social Research Council

【お問い合わせ】
同志社大学ライフリスク研究センター
http://liferisk.doshisha.ac.jp
Email: rc-risk@mail.doshisha.ac.jp (アットマークを半角文字に変更の
上、送信してください。)
Tel: 075-251-3728 Fax: 075-251-3727


AD

――――――――――――――――――――――――――――――――

大阪ホームレス健 康問題研究会のご案内

日ごろから「大阪ホームレス健康問題研究会」に
ご協力を賜りお礼申し上げます。

この度は「あいりん地区の保健医療問題を考える」として
関係者の方からシリーズでお話を伺うこととしています。

今回は西成区 で訪問看護を受けておられる単身高齢者などの
生活や健康の問題について勉強することとしています。
この地で地道な健康支援をされている訪問看護師さんから
報告を受けたいと考えています。

多くの皆様方 のご参加をお待ちします。
なお、本事業は平成23年度社会福祉振興助成事業として実施します。



1 と き 平成2312月8日(木)18:3020:30

2 ところ 太子福祉館(100 YEN SHOP FLETS)3階 集会所

住所:大阪市西成区太子1丁目4-1

2 内 容 西成区の単身高齢者健康・生活状況について

訪問看護ステーション鶴見橋
訪問看護師 梅田 道子 氏



主催 NPO ヘルスサポート大阪
557-0031 大阪 市西成区鶴見橋1丁目68
電話06-6645-7381
携帯 080-3789-0091
E-mail: npo@heso.or.jp <mailto:npo@heso.or.jp >

AD


太平洋を行くのブログ

いのちの授業 集合写真


対話を通じて悩みを共有する場を大阪に。





Live On 代表の尾角てるみさん


太平洋を行くのブログ


自身の体験を 参加者の方と共有する

そして、「自殺」について

1人1人がイメージして、ポストイットに書いていく。



太平洋を行くのブログ


太平洋を行くのブログ



そして、「生き心地ライン」の登場。


楽しさMAXと、悲しさMAXの時を話し合う


そのライン上で、今自分はどこか 対話する


太平洋を行くのブログ


太平洋を行くのブログ

太平洋を行くのブログ


太平洋を行くのブログ

太平洋を行くのブログ 太平洋を行くのブログ


太平洋を行くのブログ 太平洋を行くのブログ


太平洋を行くのブログ


そして全体で共有する。


悩みを共有する。


太平洋を行くのブログ


次第に会場は、自身の体験をさらけだす場になる。



太平洋を行くのブログ




楽しい時、嬉しい時を共有する友達は多いかもしれない。



でも、なかなかこうやって悩みを共有できる場所はない。



もちろん、全てをさらけ出すことは出来なくても


少しずつでも共有していく。




そんなひと時。

AD

■□■貧困問題連続市民講座■□■


いずれも大阪弁護士会館18:30~


第23講:9月9日

~負担を減らして社会保障を充実させる~

講師:菊池英博(日本金融財政研究所 所長)


番外編:10月4日

~働き害のある人間らしい仕事 ディーセント・ワークの実現のために~

講師:西谷敏(大阪市立大学名誉教授)


第24講:11月1日

~富裕者課税論~

講師:安藤実(静岡大学名誉教授)


第25講:12月6日

~税制と社会保障~

講師:関口智(立教大学経済学部政策学科准教授)



■原発問題連続学習会■


第三回:10月21日

~地球温暖化と原発~

講師:浅岡美恵(京都弁護士会会員)


第4回:11月7日

~放射線の人体に与える影響~

講師:肥田舜太郎(医師)


第五回:11月28日

~原発の仕組みと安全性~~核燃料廃棄物の問題点~

講師:澤井正子(NPO 原子力資料情報室)

只野靖(第二東京弁護士会館)


第六回:12月14日

~原子力にまつわる利権、原子力政策における司法の役割~

講師:岩淵正明(金澤弁護士会会員)



■□連続市民講座■□


いずれも13:30~15:30


1)10月8日

「市民が後見人になる?!」


2)11月12日

「住まい、食、製品の安全」


3)12月10日

「女性のための労働セミナー」

※無料法律相談あり


4)1月14日

「遺言・相続の落とし穴」


5)2月4日

「交通事故の被害者向けセミナー」

※無料法律相談あり

-世界自殺予防週間(910日~16日)-

■世界自殺予防デー 大阪府 街頭啓発活動■

【日時】2011910日(土)

【時間】10時~12時(予定)配布チラシが無くなり次第終了

【場所】大阪なんば(梅田などでも同時に実施しています)

【主催】大阪自殺防止センター

大阪府の自殺対策啓発活動の一環

大阪自殺センタースタッフとして

一緒に啓発用チラシを配布して頂ける方を5名程募集しております。

※募集人数を大きく超えた場合は先着順とさせていただきます。

何卒ご了承ください。

【宛先】y-hiro0108@hotmail.co.jp

■「生きる力」の授業 いのちを守る学校■

【日時】2011916日(金)

【時間】1830分~2030分(18時開場)

【場所】上田安子服飾専門学校 学生ホール

http://www.uedagakuen.ac.jp/

大阪市北区芝田2丁目58

最寄駅:大阪駅徒歩10

【募集】100

【宛先】y-hiro0108@hotmail.co.jp(担当 柳澤)

【参加費】無料

【主催】命を守る GK 育成会

【協賛】大阪自殺予防センター

企画のご協力:NPOライフリンクスタッフ様

Facebook

http://www.facebook.com/#!/event.php?eid=192693004130890

【内容】

毎年大阪府下で2000名を越える方が自死で亡くなられています。

(遺書なし、原因不明を含めず)

若年層の自死も250名を数え、大きな社会問題化しています。

そんな中、自殺対策として

自殺のサインを早期に発見し適切な対応が出来る専門家

ゲートキーパー(GK)とよばれる人材の育成が進められています。

ただ、多くの若年層の自殺の相談相手NO.1が“友達”であること

そして若年層への自殺予防教育が将来の自殺を防ぐ最も効果的な手段でることから

大阪でも若年層向けの「いのちの」授業を行い

卵のゲートキーパー(命を守る GK)を増やしたいと思い企画しました。

今回は同志社大学の先輩で

被災地を含め全国で自死遺族ケア活動をされている

尾角光美さんにご協力頂き、開催の運びとなりました。

またSIOメンバーでもある小林ゆきさんや

東京で音楽を通じて若者へイキルチカラを発信している

シンガーソングライターいちまるくさんにもお越しいただきます。

うつ病予防、美容、学力向上など

セルフケアに繋がるウォーキング体験もついています^^

喫緊の連絡で申し訳ありませんが、

会場では多くの皆様と

お会いできることを楽しみにしております。

<基調講演>

Live on 代表 尾角光美さん

http://liveon-m.com/

19 歳の時に母を自死で亡くす。あしなが活動を経て、

自殺対策基本法制定以来、自殺に関する講演、いのちの授業に取り組む。

2008 年に民間団体 Live on( リヴオン) を立上げ

102 年目の 母の日~亡き母へのメッセージ~』(長崎出版) を編著。

<ゲスト>

・イキルチカラ配達屋 小林ゆきさん

http://ameblo.jp/ikirutikara7/

1989年生。神戸大学。施さんのお弟子さん♪

長期入院で院内学級を経て大学進学。

現在ヒッチハイクで日本中の熱い若者の生きざま

「生き玉」を取材中!!

・シンガーソングライター いちまるくさん

http://1mark.net/

高校1年生のとき、広瀬香美さんが主催するオーディションで優勝。

大手レコード会社5社から「逸材」と言われ歌声を絶賛される。

しかし自身の声のコンプレックスよりプロの道に進むのを断念。

2008年、大学1年生になり自身の声のコンプレックスを克服し、

DTMで曲を作り始め、「いちまるく」名義で音楽活動を開始。

音楽で若者に生きる力を伝えている。

・内まきこ さん

姿勢矯正とウォーキングによって、

うつ病予防・イライラ防止・学力向上・美容効果など

セルフケアに繋がることを大阪をはじめとした全国の企業研修で伝えている。

※※※

地域の中にアート・パフォーマンスを通じて

アウトローな若者の仕事の場を創る AArrow AD Japan

http://www.aarrowads.com/

大阪自殺対策センター

反貧困ネットワーク大阪

大阪市立大学 キャリアプログラム非常勤講師

柳澤 洋行

090-7570-8556

aarrow-ad-jp@i.softbank.kp

事務所は大阪のトキワ荘:

大阪市中央区常磐町1-1-8 山内(そらにわ)ビル4-F

HomedoorNiceさんとシェアリング中