から揚げと竜田揚げ

テーマ:
今日ひょんなことで「から揚げ」と「竜田揚げ」の話になりました。

この2つ、違いってわかりますか?

実は私も明確に違いを把握してませんでした。
とても気になったので、いろいろと調べてみましたがやはりこれといった明確な定義はないようです。

大体の意見としては「醤油+みりん+片栗粉」で揚げるのが竜田揚げ。それ以外がから揚げといった感じでしょうか。
竜田揚げの名前の由来として多く引用されていたのが百人一首のこの句でした。

「千早振る 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」

醤油をつけ、揚げた鶏肉が紅葉が映りこみ紅に染まった竜田川のようなので「竜田揚げ」という名前がついたのだという説が有力のようです。

であれば、やはり片栗粉だけで揚げた衣であることは間違いないと思います。
醤油の色に白の斑を見て竜田川を連想したのであれば衣は100%片栗粉でなければ斑が出ませんから。

しかし、竜田揚げを見て龍田川の紅葉を連想するなんて昔の人は風流だったんだと感心してしまいました。

から揚げといえば昔、北海道出身の先輩が賄いで作ってくれた「ザンギ」というから揚げは作り方がおもしろかったので今でもおぼえています。

醤油にお酒を入れて味を整えたらニンニクとしょうがを入れてさらに小麦粉を加えよく溶きます。
これが衣になるのです。
この衣を鶏肉につけ、油で揚げてできあがり。
見た目はから揚げなのですが、身に味がまわってない分、意外にさっぱりとした食後感でした。

あれ以来食べていないので、今度挑戦してみようかと思います。





AD

コメント(1)