舟を編む 通常版 [DVD]/松田龍平,宮崎あおい,オダギリジョー

¥4,104

Amazon.co.jp

お気に入り度(★★★★)

長い年月を掛けて造られる辞書の始まりから終わりまでを描いた物語。

普段、何気無く「言葉」を使っているけれど、

ふと、その意味を違う「言葉」で表現しようとすると、

それは大変難しく、奥深いものである。

次から次へと生まれてくる新しい言葉をと、

時代とともに意味が変わりゆく言葉の数々。

言葉というのは生きているのだとしみじみ感じた。

辞書を編むこの物語は、

一つ一つを積み上げていく人間のひたむきさや、

温かさを感じさせてくれる作品である。

AD

遺体 (最近観た映画-76-)

テーマ:

¥3,024

Amazon.co.jp



「言葉が出ない―」という言葉をよく耳にするが、
その一言が当てはまる作品だっだと思う。

あまりにも衝撃が強過ぎて、
何て言ったら良いか分からない、
映画を観終わった後はまさにそんな感じだった。

大震災が起き、日常のすべてが
一瞬で変わってしまった。

何も成す術が無い中、
それでも「何か」をやらなければならない。

この映画で主な舞台として描かれているのは、
遺体安置所。

目の前に次々と運ばれてくる遺体。

そこにいるのは、寄り添う家族と、
身元が不明な遺体の数々―。

ドキュメンタリーを観ているのかと思うくらい、
実際にこうだったのだろうなと頭の中に刻み込まれていく。

最も印象的だったシーンは、
遺体安置所を訪れた住職がお経を唱えようにも、
涙に言葉を詰まらせるシーンだった。

悲しさというか、儚さというか、
何でこんなことになってしまったのかという、
失望感のみをただただ感じる。

遺体に献身的に語りかける姿、寄り添う姿に、
生き死にを超えて、人間と向き合う姿が印象的であった。


2013年05月19日のログ

テーマ:

おはようございます!なぜか目が覚めてしまった( ̄O ̄;)

朝の涼しい風を浴びるのは気持ちイイ*\(^o^)/*

アナザースカイを観てたら、パリに行きたくなった!

家事だ~家事だ~

朝食後にウトウト (= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ

仕事を少々…_φ(・_・

結婚式からの帰り道。やっぱり何度出てもイイものですね

早起きしたせいか、何だか瞼が重くなってきたぞっ

にーよんろぐからの投稿

2013年05月15日のログ

テーマ:

おはようございます!太陽の光を浴びて目を覚ます♪

仕事、仕事、仕事~( ̄^ ̄)ゞ

お客さん先へレッツゴー(^O^)/

今日は至る所で電車のダイヤが乱れてるね~( ̄O ̄;)

ファストフードで、ささっと腹ごしらえ_| ̄|○

ジャケットはもう暑い季節になってきた…夏だねっ

お腹が空いたから、ウチに帰ろうっと(^O^)/

食後の一休み~ ( ̄Д ̄)ノ

にーよんろぐからの投稿