大阪北摂の池田市,箕面市,豊中市に接する石橋の町のギター教室です。


石橋は阪急宝塚線と箕面線の乗換駅であり、下町のにぎわいと大阪大学をはじめとする大学の学生街としての活気にあふれる町。また、古くは西国街道と能勢街道の交わる地域として歴史と文化を連ねてきたさまざまな魅力にあふれる町です。そんな石橋の町でのギターレッスンや演奏会の企画・情報発信などを通じて、クラシックギターの音色と音楽の楽しみを皆様にお届けすべく活動しております。そんな石橋や池田・箕面・豊中など周辺地域の模様も時折紹介してまいります。
◆ギター教室についての詳細は下の画像をクリックしてください。


池田市・箕面市・川西市の米阪ギター教室
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-01-15 11:10:23

ロス・マレアドス(酔いどれたち)【ピアソラ編】

テーマ:おすすめタンゴ動画

フアン・カルロス・コビアン(1896~1953年)は優れた作品をいくつも残している、タンゴの優れたパイオニアの一人ですが、ボヘミアン的な性格が災いしてか音楽活動は不安定でした。

ピアソラはコビアンの作品の芸術性の高さに注目して、彼の作品をいくつか取り上げて斬新なアレンジを施して演奏しています。

 

ロス・マレアドス(Los mareados)はコビアンの1922年の作品。タイトルは「酔いどれたち」という意味で、これでもずいぶんインパクトがありますが、当初は「Los dopados(麻薬中毒者たち)」という、さらにアブないタイトルで発表されました。

残念ながら発表当時はあまり評判にならず、1940年代にアニバル・トロイロ楽団が現在のタイトルでアレンジしてから大ヒットしました。

この作品のロマンチックで官能的ながらどこか退廃が漂う雰囲気は、タンゴのひとつの側面を見事に切り取っています。

この時期ピアソラはトロイロ楽団に在籍していたので、当然この曲は何度も演奏していたことでしょう。

 

ピアソラはこの作品が特にお気に入りだったのか、独立してからもアレンジ変えながらいくつかのパターンでこの作品を演奏しています。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-14 17:07:15

待ち合わせの時間会わせに#北浜 の#スペインバル #エルポニエンテゴソ で休憩 アテは#パ...

テーマ:こんなもの食べた
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-08 09:28:38

アストル・ピアソラ【勝利】

テーマ:おすすめタンゴ動画

 

アストル・ピアソラという作曲家の目指したものが何かをより鮮明にするために、何回かに分けて「ピアソラ以外の演奏によるピアソラ作品」または「ピアソラが演奏する他の作曲家の作品」を紹介したいと思います。 

「ピアソラはタンゴか否か?」という不毛な論争は、ピアソラの生前から延々と続いているわけですが、理屈で考える前にまずいろいろと聞き比べて見ないといけないでしょう。

ピアソラ自身、タンゴから大きく離れようとした時期もあればタンゴに寄り添おうとした時期もあり、単純にYes/Noで回答できる話ではないのです。 

 

今回はバンドネオン星野俊路おすすめの1曲、ホセ・バッソ楽団の演奏する「勝利(Triunfal)」です。 

ホセ・バッソは1940年代トロイロの楽団に在籍したのち独立した楽団リーダー/ピアニストで、ここではピアソラ自身の提供したアレンジで演奏しています。 

3分足らずの短い作品ながら、様々なドラマを感じさせる優雅な演奏、「タンゴとしてのピアソラ作品」が本人の演奏以上に理解しやすい名演です。 

 

「勝利」は1952年の作品。この時期のピアソラは自身の演奏よりも裏方的な活動が多く、ホセ・バッソやトロイロはもちろん、様々な楽団のためにアレンジを提供をして収入を得ていました。

「タンゴの破壊者」ともいわれたピアソラですが、その卓越した作曲編曲センスや演奏技術は同時代のミュージシャンからは高い評価を得ており、1950~60年代の彼らとの交流はピアソラの活動にも大きな影響を与えています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-28 13:40:43

箕面牧落のemu cafe にて。 あたたかくてとろける#ガトーショコラ が美味。#コーヒ...

テーマ:こんなもの食べた
2017-12-28 13:01:30

魔笛の主題による変奏曲/フェルナンド・ソル(ギター)

テーマ:演奏動画

 

モーツァルトの最後の歌劇『魔笛』の中の主題『これはなんと素晴らしい響き』からとられており、序奏、主題、5つの変奏とコーダから成っています。 

「魔笛」を知っている人でも、この作品のメロディはぴんと来ない方が多いようですが、狂言回し的なキャラクター「パパゲーノ」が魔法の鈴を鳴らすと追っ手が踊りだしてしまい、難を逃れるというユーモラスなシーンで使用されています。

 時間にして1分にも満たないシーンですが、このかわいらしいメロディをソルは発展させて見事な変奏曲に仕上げています。

 

どういうシーンかはこちらの動画を参考に・・・

この変奏曲全体も必要以上に重苦しくならないよう、軽やかな雰囲気を出したいと思っています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。