添乗員日記

テーマ:
帰りの添乗。利用者さんを送り届け、ドライバーと他愛もない話をし、ゲタゲタと汚く笑いながら、江古田の商店街を抜けていた。



朝・夕となると、それなりに人が増え、ごった返しこそしないものの、わざとと錯覚するくらいに車にまとわりつくのだから、ちょくちょく足止めをくう。



チャリンコ・マダムは時間帯の都合で群れをなし、皆すべからくこぐ足よりも表情にスピード感がある。
そして各々が、曖昧なハンドル裁きで抜群の直角フェイントを見境無しに繰り出してくる。
ボールも持たずに、だ。
トップスピードな表情でまさかの高速直角フェイント。
しかも切り返しの早さに置き去りになるのは、マーカーではなく己の視線である。
本人すら意図しないノールックでの揺さぶりにより、全方位的撹乱、まんまとゴール前どフリーを成し遂げる。
さらには、バーゲンなどで垣間見せる驚異的な決定力。
ギリギリの飛び込みで品物をもぎ取る様は、あたかもピッポ。
そして、ピッポの群は各々のゴールを目指し飛び込み続けるのだ。
駐輪スペース、はたまた商品棚、そして事もあろうに走行中の車両の前にまで飛び込むものだから、もはやどこをゴールとしているか定かではない。
これを迷走というのだろうか。



いたいけなガキンチョ共も馬鹿にはできない。
奴らこそ江古田のダイナモ、四方八方でストップ&ゴーを繰り返し、何か得体の知れないものを執拗に追い回すのだ。
見ることはできないが、あれは恐らくスターだ。
中にはスター気取りもいるだろうが、そうではない。
ペカペカ光ってピョンピョン跳ね、体に当たると突発的に早くなるアレだ。
呆れるくらい走り回り、さらにスターをも奪取するものだから、あたかもジャンプのタイミングを計れず穴に突進するマリオ。
急激な加速では、子供の反射速度をもってしても止まれん。
ゲタゲタ笑っているところを見ると、止まる気なんぞ更々無いことがよく解る。
もはや狂気の沙汰である。
何が楽しいか、そんなものは本人に聞いてみても理解はできない。
いくら穴がないとはいえ、何でもかんでもぶっ飛ばす無敵っぷりには大概にしろと言いたい。
最近の子は、ウンコとチンコじゃもの足らないのか。



笑いならがら道路に飛び出すのは、なにもガキンチョだけではない。
ここでは大概がサラリーマンである。
その様は嘔吐する直前の行動に酷似しており、天を仰いだ途端に地に伏せ、必要とあらば繰り返す。
地団駄を踏むものもいれば、片膝をつくもの、横になるものまで様々だが、一様にして笑顔と形容していいの表情を見せている。
これがマスゲーム(解るだろうか、同年代福井県民。あの懐かしき集団演目である。)でないとすれば、絵にかいたような『笑い転げる』ではないか。
あすこに転がるスーツの男は笑い転げている。
回りにたかるスーツの男たちも笑い転げている。
経験から察するに、こんな場合は相当に下卑た内容なのだ。
恐らく、いや、きっと、ウンコとチンコに違いない。
男子よ、永遠なれ。




踏切では、ゲートがあく瞬間の反射に意欲を燃やす猛者どもが集い、あまりの熱気に、賞金でもかかっているのかと、ギャンブル歴皆無の私まで手に汗握る。
一人のチャリ青年は、抜群のスタートダッシュをと気負い、暴走族も真っ青な蛇行運転をしでかす。
また一人のチャリ娘は我が物顔でショートカット、つまりはルール無用の斜め横断で、言うこと無しの失格である。
ここで最もスムーズなスタートを切るのが女児である。
静かに、隅を、危なげなく。
お前ら、この子の爪の垢でも煎じてみたら如何か。



こんな道通らなければいいのに、それはごもっともだ。
こちらとて通りたくはない。
真っ只中に用がなければこんな道ごめんだ、とドライバーは語る。
おっかなびっくり、徐行でたらたら今日も行くのである。
AD

信号になった男

テーマ:
地震だ。

でかい、でかいぞ。

あまりの揺れでうまく喋れない。

立っているのが不思議なくらいだ。

視界に入る人々はすべからく飛び跳ねている。

ここまで大きな揺れであっては、このチャペルも長くはもつまい。

正装で瓦礫の下敷きなんて嫌だな、等と思っていると、新郎に肩を叩かれた。

『揺れ過ぎ(笑)』

なるほど。

震源地は私か。

地震にしては長いと思っていたんだが、そうか、私が揺れていたのか。

友人代表スピーチ、異常に緊張し、異常に振るえ、『顔色が悪い』と来賓に心配される始末。

顔から火が出るとは、この事だろうか。

瓦礫の下で良いから、埋まりたいものだ。



式、披露宴、二次会など、朝になろうかという時間まで飲んだくれ、撮り続けていたが、痛々しい限りだった様に思う。

酒が入ってたとはいえ、書くに足らない地味な失敗が多過ぎた。

もちろん、スピーチはかなり派手だったが。

あれはあれで、忘れられないだろうけども、この先式の参列者には『よっ!震源地!』と言われるんだろうな。

何処かに穴は無いか?



いや、いいんだ、良い式だったじゃないか。

自身の事を除けば、まったくもって楽しい時間だった。

そんな良い部分だけ思い返していた帰りの電車内。

よもやこんなところに落とし穴があろうとは。。。



電話に出るため席を立ち、帰ってみると荷物が無い。

さっきまで座席の前にあったトランクが、こつ然と姿を消してしまった。

中には、私の唯一の財産が詰まっている。

血の気が引き、意識が飛びそうになったところで、車両の前の方がざわめきに気付く。

我にかえり視線を送ると、何やら黒いものが通路をウロウロ前進している。

左右の座席にゴスゴスぶつかりながら前進するその黒い物は、いつぞやの西友で購入した小型のトランクに酷似していた。

そうそう、持って来たのも丁度あれくらいのトランクで。。。

なるほど。

おい、俺の財産、何故お前がそこにいる。

さっきまで青かった顔を真っ赤にして迎えにいったが、他の乗客の視線の鋭利さに身が固くなる一方だった。



多めに休みを頂いたので滋賀で一泊した後、埼玉に帰ってきた。

翌日から仕事だというのに、随分のんびりしてしまった。

居心地が良いというのも考えものだ。

寝なければ、と布団に入った午前1時。

そして午前三時半にけたたましい音である。

まさかの事態に慌てた。

火災報知器のサイレンである。

非常時の寝起きであるから、軽くパニックになってしまっていた。

どうやら私は、パニックになると視界がチカチカと点滅し、狭い一室で右往左往するようだ。

少し落ち着きが戻った所で部屋を出ると、他の住人もゾロゾロと部屋から出てきた。

皆、不安の色を隠せない。

こんな時間では当然だ。

一階の古参の先導で各部屋を確認をするも、火は出ていないようだ。

その古参がサイレンを止め、最近もあったんだよ、と優しくつぶやき、周りを囲む他の住人も頷いている。

私を含めた数人の新参たちは、互いを見つめ合い、言葉無く理解した。

無駄に起こされたと。




言いようの無い気持ちで再び布団に入った午前四時。

二時間後に起床。

こちらに来て通勤時の満員電車を初めて体験しているわけだが、寝不足の電車通勤というのは、こんなにも苦しいのか。

押し寿司の奇妙な形にへこんだシャリのように、奇妙な体勢を強制される事30分。

ヘロヘロになって事業所にたどり着くと、責任者と一緒になった。

責任者は固まり、驚いた様子で『あれ?今日も休み取ってたよね?』

理解ができず、言葉も出ない。

続けて責任者が『迷ってたじゃない。でも折角だし今日もって事になったよね?』

思い出して青くなる。

我にかえった小太りのイエローは、すかさず恥ずかしさと地震に対する怒りで赤面した。

固くなって思うように言葉を出せずにいると、『ま、いいや、大歓迎!今日から宜しく!』と責任者。

これだけの落とし穴に落ちてしまっては『あざっす!!おねがいしゃっす!!』と言うしかなかった。



仕事帰りの電車内。

怒濤の数日間がよみがえり、身体が次第に硬直していった。

頼むから、誰か止めてくんないか。

また顔を青くする。

AD

フジヤマ

テーマ:
天候が穏やかだと、心まで晴れ晴れしてくるもので、ついついフラフラと出かけてしまいます。

昨日は川越、今日は練馬へと、じわじわと行動範囲を広げています。

悲しいかな、連日迷いっぱなしです。

今日は特に酷かったので、まいってしまいました。

駅の出口を四回間違えました、練馬で。

間違う度に、駅を中心にした徒歩10分くらいの距離を行ったり来たりしている髭ダルマ。

ケータイ(マップ表示)片手に酷い表情していたと思います。

日も傾くと冷え込んでまいりますから、汗なんて脇ぐらいのもんですよ、必死こいて湿ってるのは。

泣いてしまいそうになるも、ドライアイが幸いし、鼻水垂れ流す程度で収まった、とどうにも情けない事に。

あんまにもしょぼくれてしまったんで、練馬区役所の展望室行ってみたら、フジヤマです。

街には街灯がいっせいに灯りだし、夜空が大半を占める黒っぽい空、いくばかりか残った隙間のオレンジにピョコッと。

練馬、なめておりました。

カッサカサだった気持ちも若干湿りました。

いい具合です。



写真はこちら → 【静かな堆積】 ※お手数かけます
AD