盛和塾千葉佐倉塾長例会

テーマ:
{89D02B33-9E89-4699-84A1-D8C8E8B65B8F}


稲盛和夫  盛和塾塾長が出席される塾長例会が、TDL舞浜クラブリゾートで開催され、そこに参加しました






2名の経営者から壮絶な経営体験発表を聞かせて頂きました





若き夫との死別





急遽の社長就任





億単位の借入保証人





メイン銀行の破綻





業績急落





リーマンショック





嫁・姑問題と企業経営





社員の不正・離反・退職





そして稲盛哲学に救われ、





現在は女性社長として経常利益率10%を超える素晴らしい運送会社を経営しておられる





また、もうひと方は





家族不信の家庭で、自分を空気の様な存在にすることで何とか身を守りながら成人し





ひょんな事から祖父の会社を継ぐこととなる





しかし、会社を私物化する初代経営者の祖父と、同じく会社のものは自分のものという二代目経営者の叔父の存在




仕事はしない




給料はもらう




決定権は渡さない




責任はお前が取れ




この様な経営環境でストレスから失明する難病になる





この状況で、どの様にして頑張れるのだろう





しかし、ここでもまた稲盛塾長の言葉がこの経営者を救うこととなる





『感謝をしなさい』





最終的に株式と経営権の全てを渡してもらうのに、3度も退職金を払うなど、大抵の経営者なら心が折れ、経営を放り出しているはず




その様な状況でも稲盛塾長は





感謝を説かれる





そして事実





業績は回復し





片目ではあるが、視力が回復したという





何と自分は恵まれた環境で経営をしていたのかが思い知らされ





一体、自分は何をやってきたのかと





そして、改めて感謝の念を強くする





盛和塾での学び、稲盛和夫塾長からの学びは実践してこそ





血肉化してこそ





千葉で、素晴らしい経験をさせて頂きました








AD