宮崎県で被害が拡大している口蹄(こうてい)疫で、殺処分した家畜の埋却地として航空自衛隊新田原基地(同県新富町)周辺の防衛省用地使用が検討されていることについて、同省の前田哲報道官は25日の記者会見で、「県のご要望にできる限り協力してまいりたい」と話し、周辺住民の理解が得られれば使用を許可する考えを示した。
 同基地周辺には、騒音などのため同省が買い上げた土地計約100ヘクタールが数十カ所に点在しており、ほとんどの用地が通常は使用されていない。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害

JR西日本 試運転の新型車両から部品落下(毎日新聞)
志賀自工会会長「頑張っていると言われるように」(レスポンス)
非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部(産経新聞)
口蹄疫 最上級種牛を殺処分 ワクチン接種開始(産経新聞)
事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
AD