【北京時事】菅直人副総理兼財務相は3日、中国の温家宝首相と北京で会談し、中国側が日本人死刑囚4人への刑執行を通告したことに「日本の基準からすると罰則が厳しいと思う人が多い」と懸念を表明した。
 温首相は「覚せい剤密輸は何千もの命を危険にさらす重大な犯罪だ。(死刑は)法律に基づいたものだが、比較的抑制的な姿勢で臨んでいる」と述べ、日本側に理解を求めた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<厚労省>余剰の補助金、返納手続き怠る…会計検査院が指摘(毎日新聞)
政府関係者「決着先送りは想定せず」=一部にはやむなし論も-普天間問題(時事通信)
「紙」から「画面」へ 電子書籍、出版システム変える可能性(産経新聞)
シー・シェパード元船長起訴 海保「経験ない神経戦」(産経新聞)
警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」-警視庁(時事通信)
AD