菅家利和さん(63)の無罪が確定した「足利事件」で、栃木県警は20日、殺害された女児=当時(4)=の遺族に、当時の捜査の問題点などの検証結果を説明し、謝罪したことを明らかにした。

 県警によると8日午前、宇都宮市内の県警施設で女児の母親らと、県警刑事総務課長らが面会した。

 県警は、警察庁が取りまとめた検証結果の報告書をもとに、約1時間にわたって捜査上の問題点や再発防止策について説明。「真犯人を検挙することなく、公訴時効を迎えたことをおわびします」と謝罪したという。

 県警によると、謝罪を受けた遺族は「当時、一生懸命捜査してもらったが、結果としてはやむを得ない」と話したという。県警は「経緯や結果について了解いただいたと思っている」としている。

【関連記事】
新証拠5点すべて争点に 名張事件で弁護団方針
足利事件、菅家さんの選挙権が10年ぶり回復 
「反省に立ち再出発」 栃木県警、署長会議で
「初動捜査の進化を」足利再審無罪受け、警察庁長官がげき
菅家さん「精いっぱい生きていく」 足利事件シンポで
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

チリ大地震津波勧告 避難率、4割を切る(産経新聞)
大阪市が貧困ビジネス排除策 業者より先に生活保護者を囲い込み(産経新聞)
アパート放火か、女性2人死傷=容疑で捜査-警視庁(時事通信)
裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見-宇都宮(時事通信)
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
AD