覚醒(かくせい)剤を使用したとして覚せい剤取締法違反罪に問われた京都市伏見区の男性被告(45)の判決公判が24日、京都地裁であり、坂口裕俊裁判官は「違法な証拠収集が行われた」として無罪(求刑懲役5年)を言い渡した。

 坂口裁判官は、覚醒剤反応が出た尿の鑑定書に「違法な所持品検査による現行犯逮捕を利用した」などとし、鑑定書は「証拠から排除するべき」と指摘。所持品検査には「被告人が明確に拒否しているにもかかわらず、バックの中から封筒を取り出すなどした。実質的には無令状で捜索をしたに等しい」と述べた。

 男性は平成21年7月中旬ごろから同25日までの間、京都府内などで覚醒剤を使用したとして起訴されていた。

 地検は「上級庁とも協議して適切に対応したい」としている。

【関連記事】
コカイン、大麻所持でも追送検 JAYWALKボーカル
小学生にも「薬物教育」 乱用防止教室広がる
「JAYWALK」中村容疑者を使用容疑で追送検
「警察への国民の信頼損なった」覚醒剤使用の元警部補に有罪判決 東京地裁
「何も言えなくて…」ハマった薬物乱用“アラ還”シンガーの孤独と苦悩
あれから、15年 地下鉄サリン事件

ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協(医療介護CBニュース)
外国籍船の輸送規制緩和=沖縄2地域で特例措置-前原国交省(時事通信)
総務省の介入は「遺憾」 清瀬市の女子生徒自殺報道で民放連会長(産経新聞)
神戸淡路鳴門道でトンネル事故、2車線通行規制(読売新聞)
郵政改革法案めぐり閣内対立が激化 問われる首相の指導力(産経新聞)
AD