「人も荷物も飛び上がっていた」。20日、ワシントン発成田行きのユナイテッド航空897便ボーイング747-400型旅客機(乗員乗客計262人)が、アラスカ付近の上空で乱気流に巻き込まれ、約20人がけがをした事故。空港に到着後、乗客らは恐怖の瞬間を振り返った。

 成田空港の到着ゲート。米国旅行から帰国途中で、機内でけがの手当てを受けたという中国人女性(35)によると、突然大きな揺れに見舞われ、直後に機長からシートベルトを締めるようアナウンスがあったという。

 女性は「ベルトを締める時間がなく、天井に頭をぶつけた。人も荷物も上に飛び上がっていた」と、興奮した様子でまくしたてた。

 出張の帰りで同機に乗っていた福岡市の大学教授の男性(50)は、「到着する7時間ほど前、アラスカ上空で、2回ほど大きな揺れがあった。座席から浮き上がって天井にぶつかった人も多かった」と話していた。

【関連記事】
日航機、和歌山上空で乱気流 高校生ら4人けが
機体揺れ、乗客1人搬送 JALウェイズ機が成田着陸前
乱気流で5人けが 成田着のアメリカン航空機
滋賀県伊吹山でパラグライダーが相次ぎ墜落
仏機墜落にテロ説浮上…空港の対策に指摘

<ベルリン映画祭>特別功労賞に山田洋次監督(毎日新聞)
<築地市場>移転巡り都議会・民主党反対姿勢 知事と対決へ(毎日新聞)
08年度の病院の未収金、推計284億円―四病協調査(医療介護CBニュース)
「目があった」中2が高校生を暴行、1カ月の重傷負わす(産経新聞)
シュワブ陸上案に反対=社民・福島氏(時事通信)
AD