流氷シーズンを迎え、恒例の「第45回あばしりオホーツク流氷まつり」が11日、北海道網走市の網走商港埠頭(ふとう)で開幕した。

 メーン雪像は、創作民話の「ポンモイ物語」。天地の創造主が弓で悪魔を追い払う雄姿を表現した。晴天とあって、出店が並ぶ会場には道内外から多数の観光客が訪れ、氷雪像の前で記念撮影していた。巨大な氷雪の滑り台もあり、子どもたちの人気を集めていた。

 14日まで。お笑いステージ、花火大会、歌謡ショーなどが企画されている。【渡部宏人】

【関連ニュース】
流氷:知床に着岸 南下は平年並み
<冬の北海道の写真特集>さっぽろ雪まつり2010
<冬の北海道の写真特集>遠い春 厳冬の地から~力強く美しい野生動物の姿
<冬の北海道>支笏湖氷濤まつり:30基の氷像が七色に 29日開幕
<写真特集>東京都心、2年ぶり雪化粧…1センチ積もる

防火水槽堺式工法で新設そっくりさん 費用安く、工期も短い(産経新聞)
文楽の綱大夫さん・清二郎さん親子が同時襲名へ(産経新聞)
<個所付け>政府・民主党、資料提出へ 「内示額」のみ (毎日新聞)
欲しいのは「国民の幸せ」=首相(時事通信)
暴走鉄道ファン、線路内で撮影し列車止める(読売新聞)
AD