「この証言を聞いていれば、判断は180度とは言わないまでも、90度は変わる」。共犯の夫の公判で裁判員を務めた後、菅野理香被告の公判を傍聴した裁判員経験者の男性は、こう感想を漏らした。

 菅野被告の公判で弁護側は「夫の暴力を恐れ、虐待を止められなかった」と主張し、検察側はそれを否定した。菅野被告が夫を恐れていたかどうかは、情状面での争点となった。

 しかし、夫の公判で「暴力」は検察、弁護側ともにまったく触れなかった。夫の量刑を判断する上で“重要なポイント”が隠された形となった。男性は菅野被告の判決で求刑懲役10年に対し、懲役7年と軽減されたことに理解を示した。その上で「公判の順序が逆だったら、違った結果になっていたかもしれない」と疑問を呈した。

 裁判員裁判での分離公判の難しさも浮かぶ。

【関連記事】
2歳長男虐待死で母親に懲役7年 地裁判決
「夫の暴力怖くて…」責任なすり合い、親らしい姿最後までなく 2歳長男虐待死
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判
2歳長男虐待死公判、なぜ長男だけ標的…夫婦仲悪い時の子に愛情注げず

<不正経理>神奈川2副知事を更迭 松沢知事(毎日新聞)
橋下知事「北朝鮮から批判されて光栄だ」 授業料無償化めぐり(産経新聞)
覚せい剤取り締まり法違反の男性に無罪判決 京都(産経新聞)
郵政改革、24日に骨格発表へ=原口総務相らと詰めの協議-亀井担当相(時事通信)
自民、温暖化対策対案を提出 政府案より緩めに設定 (産経新聞)
AD