紀元節

テーマ:
紀元節(きげんせつ)は、『日本書紀』が伝える神武天皇の即位日として定めた祝日。1873年(明治6年)に、2月11日と定められた。かつての祝祭日の中の四大節[1]の一つ。紀元節の制定まで8世紀初めに編まれた『日本書紀』によれば、神武天皇の即位日は「辛酉年春正月、庚辰朔」であり、日付は正月朔日、すなわち1月1日となる。辛酉年春正月 庚辰朔 天皇即帝位於橿原宮? 『日本書紀』卷第三、神武紀しかし、1872年(明治5年)11月15日、明治政府は神武天皇の即位をもって「紀元」と定め(明治5年太政官布告第342号)、同日には「第一月廿九日」(1月29日)を神武天皇即位の相当日として祝日にすることを定めた(明治5年太政官布告第344号)。この1月29日とは、1873年(明治6年)の旧暦1月1日をそのまま新暦に置き換えた日付である。折柄、明治5年12月3日をもって1873年(明治6年)1月1日とし、新暦が施行されることになっていた。今般太陽暦御頒行神武天皇御即位ヲ以テ紀元ト被定候ニ付其旨ヲ被爲告候爲メ来ル廿五日御祭典被執行候事 但當日服者[2]参朝可憚事? 「太陽暦御頒行神武天皇御即位ヲ以テ紀元ト定メラルニ付十一月二十五日御祭典」(明治5年太政官布告第342号), [3]第一月廿九日 神武天皇御即位相當日ニ付祝日ト被定例年御祭典被執行候事? 「神武天皇御即位祝日例年御祭典」(明治5年太政官布告第344号)1873年(明治6年)1月29日、神武天皇即位日を祝って、神武天皇御陵遙拝式が各地で行われた。同年3月7日には、神武天皇即位日を「紀元節」と称することを定めた(明治6年太政官布告第91号)。なお、同年1月には、神武天皇即位日と天長節(天皇誕生日)を祝日とする布告を出している。神武天皇御即位日紀元節ト被稱候事? 「神武天皇御即位日紀元節ト稱セラル」(明治6年太政官布告第91号)今般改暦ニ付人日上巳端午七夕重陽ノ五節ヲ廃シ神武天皇即位日天長節ノ両日ヲ以テ自今祝日ト被定候事? 「五節ヲ廃シ祝日ヲ定ム」(明治6年太政官布告第1号)ところで、これらの太政官布告に先立って、1872年(明治5年)11月9日に出されていた太陽暦を施行する旨の太政官布告では、祭典等の日付は、旧暦の月日を新暦の月日として施行するものと定めていた(明治5年太政官布告第337号)。(略) 一 諸祭典等舊?月日ヲ新?月日ニ

「銀座のママは金持っている」=ひったくり容疑で少年5人逮捕-警視庁(時事通信)
あの派手な看板は何? 中国の観光サイトで「グリコ」人気(産経新聞)
安防懇が初会合 どこまで踏み込めるか 課題は山積(産経新聞)
医療クラークの業務拡大「期待したい」(医療介護CBニュース)
<人骨>日本最古2万年前 沖縄・石垣島(毎日新聞)
AD