日本新聞協会は7日、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットの主要5メディアへの接触状況や評価に関する調査結果を発表した。新聞を読んでいる人は91.3%で、1週間の平均接触日数は5.2日とほぼ毎日読まれ、前回(07年)と大きな変化はなかった。新聞協会広告委員会は「新聞は人々の生活に欠かせない基幹メディアであることが改めて確認された」とコメントしている。

 調査は01年から隔年で実施し、今回で5回目。09年10月に15~69歳の男女6000人を無作為抽出して聞いた。回収率は61.4%。

 新聞への印象・評価では、52.6%の人が「地域や地元のことがよく分かる」と回答。50.2%が「情報源として欠かせない」と答えた。「知的である」(49%)▽「日常生活に役立つ」(43.3%)▽「情報が正確である」(42.4%)--などを含め全33項目中16項目で、5メディアの中でトップだった。

 一方、新聞以外の媒体では、NHKは「情報が信頼できる」(43.3%)▽民放は「楽しい」(62.5%)▽インターネットは「情報量が多い」(52.2%)▽「情報が速い」(51%)などの項目でトップだった。【内藤陽】

【関連ニュース】
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
フェアユース規定:新聞協会など14団体が意見書
読めば読むほど:「ヴ」は使わないが……
裁判員制度:開始1年 新聞協会、会見へ協力求める
フェアユース規定:14団体が意見書

「SSには軍人や警官、消防士もいる。被告も正義感から…」情状求める弁護人(産経新聞)
菅首相会見要旨☆2(時事通信)
<強盗傷害容疑>80歳男逮捕 家侵入、けがさせる 警視庁(毎日新聞)
菅首相のスーツ袖にタグ あわただしく新調か(産経新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
AD