沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場移設問題で、同県を訪問中の鳩山首相は4日午後、名護市の稲嶺進市長と同市民会館で会談した。

 鳩山首相は「辺野古の海をきょう訪れ、改めてこの海を汚さない形での決着が必要だとの思いを強くした。しかし、北朝鮮を初めとする北東アジアの情勢にかんがみ、抑止力の観点から引き続き基地の負担を一部お願いせざるを得ない」と述べ、協力を要請した。

 これに対し、稲嶺市長は「基地の負担軽減が、片一方では負担増大になってはならない。日本国民全体の問題なのだから、国民全体で考える環境を考えてほしい。小さな島でこれ以上、基地が出来るのは限度を超えている」と応じ、基地の県外移設を改めて求めた。

 会談場所は会館1階のガラス張りの部屋で、一般市民が会談の様子を見守る中、緊迫した雰囲気で約15分行われた。

もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
山陽道でトラックと乗用車多重衝突、3人死亡(読売新聞)
「グラウンド整備悪い」と中学生殴る=野球部練習で、男を現行犯逮捕-岩手県警(時事通信)
国内最高齢114歳、沖縄の女性死亡(読売新聞)
<構造改革特区>「税制優遇を」古川国家戦略室長(毎日新聞)
AD